ウェブ UI を使用したクイックスタート

BigQuery ウェブ UI をビジュアル インターフェースとして使用して、クエリの実行、データの読み込み、データのエクスポートなどのタスクを実行できます。このクイックスタートでは、一般公開テーブルに対してクエリを実行する方法とサンプルデータを BigQuery に読み込む方法について説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. 新しいプロジェクトでは、BigQuery が自動的に有効になります。 既存のプロジェクトで BigQuery を有効にするには、以下にアクセスします。 BigQuery API を有効にします。

    APIを有効にする

一般公開データセットに対してクエリを実行する

BigQuery ウェブ UI には、テーブルに対してクエリを実行するためのインターフェースが用意されており、BigQuery が提供する一般公開テーブルも利用できます。

  1. BigQuery ウェブ UI に移動します。

    BigQuery ウェブ UI に移動

  2. [Compose query] ボタンをクリックします。

  3. 次のクエリをコピーして [New Query] テキスト ボックスに貼り付けます。

    #standardSQL
    SELECT
     weight_pounds, state, year, gestation_weeks
    FROM
     `bigquery-public-data.samples.natality`
    ORDER BY weight_pounds DESC LIMIT 10;

  4. 丸いアイコンをクリックしてクエリ検証ツールを起動します。

    BigQuery ウェブ UI クエリ検証ツール

    クエリが有効か無効かに応じて、ボタンの上に緑色または赤色のセクションが表示されます。クエリが有効な場合は、クエリの実行後に処理されるデータ量も示されます。これによって、クエリの実行にかかる費用を確認できます。

  5. [RUN QUERY] ボタンをクリックします。クエリの結果がボタンの下に表示されます。

    BigQuery ウェブ UI クエリ結果

上のクエリは、BigQuery が提供する一般公開データセットのテーブルにアクセスします。

他の一般公開データセットのスキーマを参照するには、ウェブ UI の左側のナビゲーションで bigquery-public-data:samples をクリックします。展開表示されるタイトル一覧が、クエリの対象となるすべての一般公開テーブルです。

テーブルにデータを読み込む

次に、カスタムデータをテーブルに読み込んでクエリを実行します。

クイックスタートのこのセクションを実行するには、課金を有効にする必要があります。詳細については、始める前にをご覧ください。

カスタムデータをダウンロードする

カスタムデータには、人気のある赤ちゃんの名前に関する約 7 MB のデータが含まれています。これは米国社会保障局が提供しているものです。

  1. 赤ちゃんの名前の zip ファイルをダウンロードします。

  2. このファイルをハードドライブに解凍します。

    zip ファイルには、データセットのスキーマについて説明した README ファイルが含まれています。 このデータセットの詳細をご確認いただけます

  3. yob2014.txt というファイルを開いて、内容を確認します。このファイルは、名前、性別(M または F)、およびその名前の子供の数を示す 3 つの列を含んだ、カンマ区切り値(CSV)ファイルです。このファイルに見出し行はありません。

  4. 後で確認できるように、yob2014.txt ファイルの場所をメモします。

データセットの作成

次に、データを保持するデータセットをウェブ UI で作成します。

  1. BigQuery ウェブ UI に移動します。

    BigQuery ウェブ UI に移動

  2. ナビゲーションでプロジェクト名の横にある下矢印アイコン 下矢印アイコン をクリックし、[Create new dataset] をクリックします。

  3. データセット ID として次の名前を入力します。

    babynames
    

    データセット ID はプロジェクトごとに一意にする必要があるため、ナビゲーションのプロジェクト名の下に babynames がすでに表示されている場合は、ID が一意になるように数字を追加してください。疑問符アイコンをクリックすると、ID の制限について確認できます。

  4. その他のデフォルト設定はすべてそのままにし、[OK] をクリックします。

新しいテーブルにデータを読み込む

次に、新しいテーブルにデータを読み込みます。

  1. ナビゲーションで、作成した babynames データセット ID の上にカーソルを合わせます。

  2. ID の横にある下矢印アイコン 下矢印アイコン画像 をクリックし、[Create new table] をクリックします。

    babynames の下矢印アイコン画像

    別途指定のない限り、すべての設定にデフォルト値を使用します。

  3. [Source Data] で [Choose file] ボタンをクリックします。前の手順で解凍したデータの場所に移動し、yob2014.txt ファイルを選択します。

  4. [Destination Table] で、宛先テーブル名として次の名前を入力します。

    names_2014
    
  5. [Schema] セクションで、[Edit as text] リンクをクリックします。

    [Edit as text] リンク

    その後、[Schema] 入力領域の内容を次のスキーマと置き換えます。

    name:string,gender:string,count:integer
    
  6. [Create Table] ボタンをクリックします。

  7. BigQuery によってテーブルが作成され、データがロードされるのを待ちます。BigQuery がデータを読み込んでいる間、ナビゲーションのテーブル名の横に [loading] という文字列が表示されます。データが完全に読み込まれると、この文字列は消えます。

テーブルをプレビューする

[loading] という文字列が消えたら、テーブルにアクセスできるようになります。最初の数行のデータをプレビューする手順は次のとおりです。

  1. ナビゲーションで names_2014 を選択します。

  2. [Table Details: names_2014] セクションで [Preview] をクリックします。

    BigQuery ウェブ UI でのテーブルのプレビュー

テーブルに対してクエリを実行する

カスタムデータをテーブルに読み込んだので、このテーブルに対してクエリを実行できます。手順は上の例の一般公開データセットに対してクエリを実行する場合とまったく同じです。ただし今回は、一般公開テーブルではなくカスタム テーブルに対してクエリを実行します。

  1. [Compose query] ボタンをクリックします。

  2. 次のクエリをコピーして [New Query] テキスト ボックスに貼り付けます。

    #standardSQL
    SELECT
     name, count
    FROM
     `babynames.names_2014`
    WHERE
     gender = 'M'
    ORDER BY count DESC LIMIT 5;

  3. [RUN QUERY] ボタンをクリックします。クエリを実行すると、テーブルに読み込んだデータのうち、男の子の名前の年間ランキング上位 5 つが表示されます。

クリーンアップ

このクイックスタートで使用するリソースについて、Google Cloud Platform アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

  1. BigQuery ウェブ UI に移動します。

    BigQuery ウェブ UI に移動

  2. ナビゲーションで、作成した babynames データセットの上にカーソルを合わせます。

  3. ナビゲーションのデータセット名の横にある下矢印アイコン 下矢印の画像 をクリックし、[Delete dataset] をクリックします。

  4. [Delete dataset] ダイアログ ボックスで、データセットの名前(babynames)を入力し、[OK] をクリックすることで削除コマンドを確定します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。