SAP HANA プランニング ガイド

このガイドでは、Google Cloud 上で SAP HANA を実行するための要件の概要と、新しい SAP HANA システムの導入を計画する際に利用できる詳細情報について説明します。

GCP に SAP HANA をデプロイする方法の詳細については、SAP HANA デプロイガイドをご覧ください。

Google Cloud 上の SAP HANA について

SAP HANA は、高性能の分析とリアルタイムのデータ処理を実現するインメモリの列主導型のリレーショナル データベースです。このリアルタイム データ プラットフォームの中核を成すのが SAP HANA データベースです。お客様は、プロビジョニングの容易さ、非常にスケーラブルな冗長 GCP インフラストラクチャ機能を活用して、ビジネス クリティカルなワークロードを実行できます。GCP は、コンピュータやハードディスク ドライブなどの一連の物理アセット、および世界各地の Google データセンターに配置されている Compute Engine 仮想マシン(VM)などの仮想リソースを提供します。

GCP に SAP HANA をデプロイすると、Compute Engine 上で稼働する仮想マシンにデプロイされます。Compute Engine VM には、デスクトップやサーバーの物理ディスクに相当する機能を果たす永続ディスクがあります。この永続ディスクは Compute Engine によって自動的に管理され、データの冗長性とパフォーマンスの最適化が実現されます。

GCP の基本

GCP は、クラウドベースの多くのサービスとプロダクトから構成されています。 GCP 上で SAP プロダクトを実行する場合は、主に Compute EngineCloud Storage から提供される IaaS ベースのサービスと、ツールなどのプラットフォーム全体の機能を使用します。

重要なコンセプトと用語については、GCP プラットフォームの概要をご覧ください。このガイドでは、わかりやすく説明するため、この概要の情報を一部利用しています。

エンタープライズ規模の企業が GCP を利用する場合の考慮事項については、エンタープライズ企業のベスト プラクティスをご覧ください。

GCP の操作

GCP では、クラウド上のプラットフォームとリソースを操作する際に、主に次の 3 つの方法が使用できます。

  • ウェブベースのユーザー インターフェースである Google Cloud Console。
  • gcloud コマンドライン ツール。Cloud Console が提供する機能のスーパーセットです。
  • サービスへのアクセス、リソースの管理のための API を提供するクライアント ライブラリ。クライアント ライブラリは、オリジナルのツールを作成する際に便利です。

GCP サービス

SAP のデプロイでは通常、次の GCP サービスの一部またはすべてを利用します。

サービス 説明
VPC ネットワーキング VM インスタンスを相互に接続します。また、インスタンスをインターネットに接続します。各インスタンスは、1 つのグローバル IP 範囲を持つレガシー ネットワークのメンバー、または推奨されるサブネット ネットワークのメンバーです。後者の場合、インスタンスは、より大規模なネットワークを構成する単一サブネットワークのメンバーです。1 つのネットワークが複数の GCP プロジェクトにまたがることはありませんが、1 つの GCP プロジェクトが複数のネットワークを使用することはありえます。
Compute Engine 選択されたオペレーティング システムとソフトウェア スタックで VM を作成し、管理します。
永続ディスク 永続ディスクとして、標準ハードディスク ドライブ(HDD)またはソリッド ステート ドライブ(SSD)が使用できます。
Google Cloud Console Compute Engine リソースを管理するブラウザベースのツール。このツールでは、テンプレートを使って、必要な Compute Engine リソースとインスタンスをすべて定義できます。Cloud Console が自動的にリソースを作成し、依存関係を検出するので、リソースを個別に作成して構成する必要はありません。また、依存関係を指定する必要もありません。
Cloud Storage レプリケーション機能で SAP データベースのバックアップを Cloud Storage に保管することで、耐久性と信頼性を高めることができます。
Stackdriver Monitoring Compute Engine、ネットワーク、永続ディスクのデプロイ状況、パフォーマンス、稼働時間、健全性を視覚的に確認できます。

Stackdriver は、GCP から指標、イベント、メタデータを収集し、こららの分析結果をダッシュボード、グラフ、アラートを通じて提供します。Stackdriver Monitoring で、コンピューティング指標を無料でモニタリングできます。
Cloud IAM GCP リソースに対する権限を一元的に制御します。VM と永続ディスクの作成、変更、削除、ネットワークの作成と変更など、VM に対するコントロール プレーンの処理を実行できるユーザーを制御します。

料金と割り当て

料金計算ツールを使用すると、使用料金を概算できます。料金の詳細については、Compute Engine の料金Cloud Storage の料金Stackdriver の料金をご覧ください。

GCP リソースは割り当ての対象です。ハイ CPU またはハイメモリのマシンを使用する場合、割り当て量の追加リクエストが必要になる場合があります。詳細については、Compute Engine のリソース割り当てをご覧ください。

リソース要件

VM の種類

以下の表に、SAP が Google Cloud 上の本番環境での使用を認定している Compute Engine 仮想マシン(VM)の種類とオペレーティング システムを記載します。表内に注記がある場合を除き、SAP では単一ホスト(スケールアップ)インストールとマルチホスト(スケールアウト)インストールの双方の種類の VM をサポートしています。スケールアウト インストールには、最大 15 のワーカーホスト(合計で 16 のホスト)を含めることができます。

SAP ではカスタム VM タイプも認定されていますが、vCPU の数が 32~64 であること、メモリと vCPU 数の比率が vCPU あたり 6.5 GB であることが条件となります。

この表には、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)オペレーティング システムと SUSE Linux Enterprise Server オペレーティング システムの認定バージョンも記載されています。

サポートされているオペレーティング システムの詳細については、GCP 上の SAP HANA のオペレーティング システムのサポートを参照してください。

各種の VM とそれぞれのユースケースについて詳しくは、マシンタイプをご覧ください。

VM の種類によっては、すべての Google Cloud リージョンで利用できるとは限りません。特定のリージョンで利用可能なマシンタイプを確認するには、利用可能なリージョンとゾーンをご覧ください。

SAP では、SAP HANA ハードウェア ディレクトリに SAP HANA の認定 VM インスタンス タイプをリストしています。

Google Cloud インスタンス タイプ vCPU メモリ(GB) オペレーティング システム CPU プラットフォーム
N1 ハイメモリ汎用マシンタイプ
n1-highmem-32 32 208 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
n1-highmem-64 64 416 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
n1-highmem-96 96 624 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Skylake
M1 メモリ最適化マシンタイプ
m1-megamem-96 96 1,433 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Skylake
m1-ultramem-40
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
40 最大 961 RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
m1-ultramem-80
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
80 最大 1,922 RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
m1-ultramem-160 160 最大 3,844 RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
M2 メモリ最適化マシンタイプ
m2-ultramem-208
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
208 最大 5,888 RHEL 7.6 for SAP
SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Cascade Lake
m2-ultramem-416
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
416 最大 11,776 RHEL 7.6 for SAP
SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Cascade Lake
カスタム汎用マシン
カスタム 32~64 vCPU ごとに 6.5 GB RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell

ストレージ構成

SAP HANA はインメモリ データベースであるため、ほとんどのデータがメモリに格納されて処理されます。しかし、SAP HANA では、データの消失を防ぐために永続的なストレージにもデータが保存されます。

Google Cloud では、SAP 認定タイプの VM による Compute Engine SSD 永続ディスクを使用して、SAP HANA のデータが永続的に保存されます。

SSD ディスクには最小 1,667 GB のサイズが必要です。また、GCP 上で SAP HANA についての SAP のサポート要件を満たすために、VM インスタンスには少なくとも 32 の vCPU を用意する必要があります。この構成により、書き込み用に最大 400 MB/秒、読み取り用に最大 800 MB/秒の持続的なスループットを得ることができます。SSD 永続ディスクのパフォーマンスは、ボリュームの上限または Compute Engine インスタンスの上限のいずれかに達するまで直線的にスケーリングされます。

Google Cloud が提供する Cloud Deployment Manager スクリプトを使用して SAP HANA システムをデプロイする場合、Cloud Deployment Manager によって少なくとも 1,700 GB の SSD 永続ディスクが割り当てられます。SAP HANA システムでさらに多くの永続ストレージが要求される場合は、Cloud Deployment Manager によって永続ディスクのサイズが自動的に調整されます。

Cloud Deployment Manager によって、SAP HANA の datalogsapshared ディレクトリが単一の Linux ボリューム グループ内の単一の SSD 永続ディスクにマッピングされます。また、各ディレクトリは、それぞれの論理ボリュームにマッピングされ、容易にサイズを調整できます。

次の例では、vg_hana ボリューム グループが 1 つの 1,700 GB の SSD 永続ディスクにマッピングされています。また、vg_hanabackup ボリューム グループが、標準の HDD 永続ディスクにマッピングされています。実際のボリュームのサイズは、例に示されているものと多少異なる場合があります。

hana-ssd-example:~ # lvs
  LV     VG            Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  data   vg_hana       -wi-ao----   1.18t
  log    vg_hana       -wi-ao---- 256.00g
  sap    vg_hana       -wi-ao----  32.00g
  shared vg_hana       -wi-ao---- 204.00g
  backup vg_hanabackup -wi-ao---- 416.00g

Cloud Console で、VM インスタンスの [VM インスタンスの詳細] ページの [追加ディスク] セクションから、VM インスタンスに接続されている永続ディスクを確認できます。

ディスクのサイズと vCPU の数が SSD 永続ディスクのパフォーマンスに与える影響の詳細については、SSD 永続ディスクをご覧ください。

バックアップ用ストレージ

SAP HANA バックアップ用のストレージは、標準 HDD 永続ディスクで構成されます。 標準 HDD 永続ディスクは、順次読み取り / 書き込みオペレーションの処理には効率的かつ経済的ですが、1 秒あたりのランダム入出力オペレーション(IOPS)量が多い処理には不向きです。SAP HANA では、大きなブロックの順次 IO を使用してデータベースがバックアップされます。標準 HDD 永続ディスクは、このシナリオに適した低コストで高性能なオプションです。

SAP HANA のバックアップ ボリューム サイズは、最適なベースライン スループットとバースト スループットを実現し、複数のバックアップ セットを保持できるように設計されています。バックアップ ボリュームに複数のバックアップ セットを保持することにより、必要に応じてデータベースを簡単に復元できます。

SAP HANA 動的階層化を使用する場合、バックアップ ストレージは、メモリ内データと動的階層化サーバーによってディスク上で管理されるデータの両方を保持できるだけのサイズが必要です。

SAP HANA 動的階層化

SAP HANA の動的階層化は、SAP により GCP の本番環境における使用が認定されています。SAP HANA の動的階層化によって、アクセス頻度が低いデータがメモリではなくディスクに格納されるため SAP HANA データ ストレージが拡張されます。

詳細については、Google Cloud での SAP HANA 動的階層化をご覧ください。

メモリ構成

サポートされている VM タイプの表をご覧ください。

オペレーティング システムの選択

SAP HANA の Google Cloud 上での稼働については、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)と SUSE Linux Enterprise Server(SLES)が認定されています。

認定されている各オペレーティング システムのバージョン、サポート ステータス、および Google Cloud の Compute Engine イメージとして利用できるかどうかについては、GCP 上の SAP HANA に関するオペレーティング システムのサポートの表をご覧ください。

カスタムのオペレーティング システムのイメージ

GCP が提供および管理する Linux イメージ(公開イメージ)を使用することも、独自の Linux イメージ(カスタム イメージ)を用意および管理することもできます。

必要な SAP 認定オペレーティング システムのバージョンが GCP から公開イメージとして提供されていない場合は、カスタム イメージを使用します。次の手順は、Compute Engine へのブートディスク イメージのインポートでも詳しく説明していますが、ここではカスタム イメージの使用手順の概要を説明します。

  1. GCP Compute Engine 環境で起動できるようにブートディスクを準備し、起動後にアクセスできるようにします。
  2. ブートディスク イメージ ファイルを作成して圧縮します。
  3. イメージ ファイルを Cloud Storage にアップロードし、そのイメージを新しいカスタム イメージとして Compute Engine にインポートします。
  4. インポートしたイメージを使用して、仮想マシンのインスタンスを作成し、正常に起動するか確認します。
  5. イメージを最適化して Linux ゲスト環境をインストールし、インポートしたオペレーティング システムのイメージとメタデータ サーバーとの通信、および Compute Engine の他の機能の使用を可能にします。

カスタム イメージの準備ができたら、SAP HANA システム用の VM の作成時に使用できます。

RHEL オペレーティング システムをオンプレミス インストールから GCP に移行する場合は、Red Hat Cloud Access を Red Hat サブスクリプションに追加する必要があります。詳細は、Red Hat Cloud Access をご覧ください。

GCP が提供するオペレーティング システム イメージの詳細については、イメージをご覧ください。

カスタム イメージとして GCP にオペレーティング システムをインポートする方法について詳しくは、Compute Engine へのブートディスク イメージのインポートをご覧ください。

SAP HANA がサポートするオペレーティング システムについて詳しくは、以下を参照してください。

SAP HANA の料金と割り当てに関する考慮事項

このデプロイ ガイドに従って作成されたリソースを使用する際に発生する料金はお客様の負担となります。料金計算ツールを使用すると、実際の料金を概算できます。

割り当て

新しい GCP アカウントがある場合、または割り当ての追加をまだ要求していない場合、このガイドの内容をすべて実施するには、割り当ての追加の要求が必要になります。既存の割り当てを表示し、次の表と比較して要求する増加量を確認します。その後、割り当ての上限の引き上げをリクエストできます。

次の表は、VM インスタンス タイプ別の単一ホストのスケールアップ SAP HANA システムの割り当て値を示しています。GCP で SAP HANA Studio をホストしている場合、または NAT ゲートウェイと踏み台インスタンスを使用している場合は、表に示されている値を合計の割り当て所要量に追加します。

インスタンスのタイプ CPU メモリ 標準 PD SSD PD
n1-highmem-32 32 208 GB 448 GB 1,700 GB
n1-highmem-64 64 416 GB 864 GB 1,700 GB
n1-highmem-96 96 624 GB 1,280 GB 1,968 GB
m1-megamem-96 96 1,433 GB 2,898 GB 4,121 GB
m1-ultramem-40 40 961 GB 3,844 GB 2,945 GB
m1-ultramem-80 80 1,922 GB 7,688 GB 5,346 GB
m1-ultramem-160 160 3,844 GB 7,720 GB 10,148 GB
m2-ultramem-208 208 5,888 GB 23,552 GB 15,264 GB
m2-ultramem-416 416 11,766 GB 47,064 GB 29,942 GB
踏み台インスタンス / NAT ゲートウェイ 1 3.75 GB 8 GB 0 GB
SAP HANA Studio 1 3.75 GB 50 GB 0 GB

ライセンス

GCP で SAP HANA を稼働するには、独自のライセンス(BYOL)を保持している必要があります。

SAP HANA のライセンス管理に関する SAP からの詳細情報については、SAP HANA データベースのライセンス キーをご覧ください。

デプロイ アーキテクチャ

GCP 上の SAP HANA では、単一ホストおよびマルチホストのアーキテクチャがサポートされます。

単一ホストのアーキテクチャ

次の図は、単一ホストのアーキテクチャを示しています。この図で、GCP へのデプロイとディスク レイアウトの両方に注目してください。/hanabackup に配置されたローカル バックアップを、Cloud Storage を使用してバックアップできます。このマウントは、データマウント以上のサイズにする必要があります。

デプロイ レイアウト

SAP HANA 用の VM は、パブリック IP が付与されないため、外部ネットワークからアクセスできません。その代わり、このデプロイメントでは NAT 踏み台インスタンスと SAP HANA Studio を使用して SAP HANA にアクセスします。SAP HANA Studio インスタンスと踏み台インスタンスは、SAP HANA インスタンスと同じサブネットワークにデプロイされます。

インスタンスを同じサブネットワークに配置し、SAP HANA Studio から SAP HANA データベースへの接続を有効にするファイアウォールを使用して、SAP HANA Studio をインストールする Windows ホストをプロビジョニングします。

以下のコンポーネントを備えた単一ホストのスケールアップ アーキテクチャを使用して SAP HANA をデプロイします。

  • 1.7 TB 以上の SSD 永続ディスクと最大 16 Gbps のネットワーク帯域幅を持つ SAP HANA データベース用の Compute Engine インスタンス 1 つ。SSD 永続ディスクはパーティション分割され、/hana/data/hana/log にマウントされてデータとログがホストされます。

  • オプション(推奨)の、カスタム トポロジと選択した GCP リージョンの IP 範囲を持つサブネットワーク。SAP HANA データベースやその他の Compute Engine インスタンスはこのサブネットワーク内で起動されます。SAP HANA には既存のサブネットワークを使用できます。

  • オプション(推奨)の SAP HANA とその他のインスタンスの発信インターネット アクセス用に構成された、インターネット ゲートウェイ。このガイドでは、このゲートウェイを使用していると想定しています。

  • インスタンスへのアクセスを制限する Compute Engine のファイアウォール ルール。

  • SAP HANA データベースのバックアップ用の永続ディスク。

  • SAP HANA Studio をホストする Windows OS の Compute Engine VM n1-standard-2

  • 踏み台インスタンスとされる Compute Engine VM n1-standard-1

  • テンプレートから作成された構成ファイルによる SAP HANA データベースの自動インストール。

  • SAP HANA Studio。

Deployment Manager を使用してスケールアップ システムのデプロイ

Google Cloud には Deployment Manager 構成テンプレートがあり、SAP HANA 単一ホスト スケールアップ システムのデプロイの自動化に使用できます。

この Deployment Manager のスクリプトは、以下のシナリオで使用できます。

この Deployment Manager スクリプトでは、VM、永続ディスク、SAP HANA をデプロイでき、また、Linux HA クラスタの場合は必要な HA コンポーネントもデプロイできます。

この Deployment Manager スクリプトでは、以下のシステム コンポーネントはデプロイされません。

  • ネットワークとサブネットワーク
  • ファイアウォール ルール
  • NAT ゲートウェイ、踏み台インスタンス、またはそれらの VM
  • SAP HANA Studio またはその VM

マルチホスト アーキテクチャ

次の図は、Google Cloud 上のマルチホスト アーキテクチャを示しています。

マルチホスト アーキテクチャ図

特に OLAP の使用時にワークロードの需要が増加すると、マルチホストのスケールアウト アーキテクチャではすべてのホストに負荷を分散できます。

スケールアウト アーキテクチャは、1 つのマスターホスト、いくつかのワーカーホスト、およびオプションの 1 つ以上のスタンバイ ホストで構成されます。ホストは、最大 16 Gbps のレートのホスト間データ送信に対応するネットワークを介して相互接続されます。

スタンバイホストは、SAP HANA ホストの自動フェイルオーバー障害復旧ソリューションをサポートしています。 Google Cloud 上のホストの自動フェイルオーバーの詳細については、SAP HANA 高可用性および障害復旧プランニング ガイドをご覧ください。

Google Cloud 上の SAP HANA スケールアウト システムのディスク構造

スタンバイ ホスト以外の各ホストには、SSD 永続ディスク上に独自の /hana/data/hana/log、また通常は /usr/sap のボリュームがあり、整合性が確保された高 IOPS の IO サービスが提供されます。マスターホストは、/hana/shared ボリュームと /hanabackup ボリュームの NFS マスターとしても機能し、ワーカーホストとスタンバイ ホストのそれぞれにマウントされます。

スタンバイ ホストの場合、フェイルオーバーが発生するまで /hana/data ボリュームや /hana/log ボリュームはマウントされません。

Google Cloud 上の SAP HANA スケールアウト システムの高可用性

以下の機能は、SAP HANA スケールアウト システムの高可用性の維持に寄与します。

  • Compute Engine ライブ マイグレーション
  • Compute Engine の自動インスタンス再起動
  • 最大 3 つの SAP HANA スタンバイ ホストによる SAP HANA ホストの自動フェイルオーバー

Google Cloud の高可用性オプションの詳細については、SAP HANA 高可用性および障害復旧プランニング ガイドをご覧ください。

ライブ マイグレーションまたは自動インスタンス再起動イベントが発生した場合、この保護永続ストレージ ベースの /hana/shared ボリュームと /hanabackup ボリュームは、インスタンスが起動するとすぐにオンラインに復帰できます。

スタンバイ ホストを使用しているときに障害が発生した場合、SAP HANA 自動フェイルオーバーによって、障害が発生したホストから /hana/data ボリュームと /hana/log ボリュームのマウントが解除され、スタンバイ ホストにマウントされます。

Google Cloud 上の SAP HANA スケールアウト システムのコンポーネント

Google Cloud 上のマルチホスト SAP HANA スケールアウト アーキテクチャには、次のコンポーネントが含まれています。

  • システム内の各 SAP HANA ホストごとに Compute Engine VM インスタンス 1 つ。これには、マスターホスト 1 つ、最大 15 のワーカーホスト、必要に応じた最大 3 つのスタンバイ ホストが含まれます。

    各 VM は同じ Compute Engine マシンタイプを使用します。SAP HANA でサポートされるマシンタイプについては、VM の種類をご覧ください。

    各 VM には、適切な場所にマウントされた SSD と HDD ストレージが必要です。

  • /hana/shared ボリュームと /hanabackup ボリュームをワーカーホストとスタンバイ ホストで共有するために別途デプロイされた NFS ソリューション。Filestore や別の NFS ソリューションを使用できます。

  • オプション(推奨)の、カスタム トポロジと選択した GCP リージョンの IP 範囲を持つサブネットワーク。SAP HANA データベースやその他の Compute Engine インスタンスはこのサブネットワーク内で起動されます。必要に応じて、既存のサブネットワークを使用できます。

  • オプションの、SAP HANA インスタンスとその他のインスタンスの発信インターネット アクセス用に構成された、インターネット ゲートウェイ。

  • オプションの、SAP HANA Studio をホストし、Windows オペレーティング システムがインストールされた Compute Engine VM n1-standard-2

  • オプションの、踏み台インスタンスとされる Compute Engine の VM n1-standard-1

  • Compute Engine インスタンス間の通信を許可する一方で Compute Engine インスタンスへのアクセスを制限したり、SAP HANA システムで必要となるその他の分散リソースやリモート リソースへのアクセスを制限する、Compute Engine のファイアウォール ルールやその他のネットワーク アクセス制御。

Deployment Manager を使用したスケールアウト システムのデプロイ

Google Cloud には、SAP HANA マルチホスト スケールアウト システムのデプロイの自動化に使用できる Deployment Manager 構成テンプレートがあります。

この Deployment Manager スクリプトでは、VM、永続ディスク、SAP HANA をデプロイできます。また、VM への NFS ソリューションのマウントもこのスクリプトで行います。

この Deployment Manager スクリプトでは、以下のシステム コンポーネントはデプロイされません。

  • ネットワークとサブネットワーク
  • NFS ソリューション
  • ファイアウォール ルール
  • NAT ゲートウェイ、踏み台インスタンス、またはそれらの VM
  • SAP HANA Studio またはその VM

サポート

本番環境サポートの役割またはエンタープライズ サポートのいずれかを持つ Google Cloud のお客様は、SAP システムに必要な Google Cloud リソースのプロビジョニングと構成に関するサポートを利用できます。本番環境での SAP システムのサポートには、Google Cloud 本番環境レベルのサポートまたはエンタープライズ サポートが必要です。

Google Cloud サポート オプションの詳細については、Google Cloud サポートを参照してください。

SAP プロダクト関連の問題については、SAP サポートでサポート リクエストを送信してください。 SAP はサポート チケットを評価し、Google Cloud インフラストラクチャの問題と判断した場合は、そのチケットを Google Cloud キューに転送します。

次のステップ

  • SAP HANA 動的階層化についての SAP からの詳細情報については、SAP HANA 動的階層化をご覧ください。