Compute Engine VM に SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントをインストールする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Cloud の SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントは、SAP NetWeaver、SAP HANA、SAP ASE、SAP MaxDB など、Google Cloud 上で実行される SAP システムの SAP サポートに必要です。

Compute Engine VM にエージェントをインストールすると、SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントは、Monitoring と Compute Engine API のモニタリング データを結合し、そのデータを SAP Host Agent に提供します。

Bare Metal Solution サーバーに SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントをインストールするには、Bare Metal Solution サーバーに SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントをインストールするをご覧ください。

インストールの概要

Linux で SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントをインストールするには、標準のオペレーティング システム パッケージ管理コマンド yum または zypper を使用します。パッケージ管理コマンドは次のタスクを実行します。

  • SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントの最新バージョンをダウンロードします。
  • エージェントを google-sapnetweavermonitoring-agent という名前の Linux systemd サービスとして作成します。

Windows では、インストール コマンドを発行すると、付属のインストール スクリプトによって次のタスクが実行されます。

  • SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントの最新バージョンをダウンロードします。
  • google-sapnetweavermonitoring-agent という名前の Windows サービスと、毎分実行されるスケジュール設定されたタスクを作成して、サービスがまだ稼働中かどうかを確認し、必要に応じて再起動します。

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントの前提条件

SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントをインストールする前に、Google Cloud APIs へのアクセスを確認し、適切な JRE が使用可能であることを確認する必要があります。

Google Cloud APIs へのアクセス

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントは、Compute Engine VM で実行されると、Monitoring からデータを読み取ります。

Monitoring API へのアクセスは、ホスト VM サービス アカウントに付与されている IAM 権限、VM に付与されている Google Cloud API アクセス スコープ、またはその両方によって制御できます。

Compute Engine では、VM サービス アカウントの IAM 権限のみを使用して Google Cloud リソースへのアクセスを制御し、すべての Cloud APIs に完全アクセス権を許可するように VM アクセス スコープを設定することをおすすめします。詳しくは、ベスト プラクティスをご覧ください。

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントは、ホスト VM のサービス アカウントを使用して、Cloud Monitoring 指標を取得します。そのため、モニタリング エージェントは、ホスト VM にサービス アカウントがあり、そのサービス アカウントに事前定義されたモニタリング閲覧者のロールに含まれる monitoring.timeSeries.list 権限が含まれている必要があります。

Cloud APIs へのアクセスを制限する場合、SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントには、ホスト VM インスタンスで次の最小 Cloud API アクセス スコープが必要です。

  • Compute Engine: 読み取り専用
  • Stackdriver Monitoring API: 読み取り専用

外部 IP アドレスを持たない VM で SAP NetWeaver を実行している場合は、SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントの Google Cloud APIs とサービスへのアクセスを有効にする必要があります。

サブネット上の Compute Engine VM から限定公開の Google アクセスを有効にする方法については、限定公開の Google アクセスの構成をご覧ください。

Java ランタイム環境

SAP NetWeaver バージョン 2 のモニタリング エージェントを使用するには、特定のバージョンの Java Runtime Environment(JRE)が必要です。

エージェントをインストールするサーバーがインターネットにアクセスできる場合、エージェントはインストール中にファイルを自動的にダウンロードします。

サーバーがインターネットにアクセスできない場合は、自分でサーバーにファイルをアップロードできます。

Linux

自分でアップロードする必要がある場合は、エージェントをインストールする前に、次のファイルを /tmp/gcpsapdeps/ ディレクトリにアップロードします。

https://github.com/SAP/SapMachine/releases/download/sapmachine-17.0.1/sapmachine-jre-17.0.1_linux-x64_bin.tar.gz

Windows

自分でアップロードする必要がある場合は、エージェントをインストールする前に、次のファイルを C:\gcpsapdeps ディレクトリにアップロードします。

https://github.com/SAP/SapMachine/releases/download/sapmachine-17.0.1/sapmachine-jre-17.0.1_windows-x64_bin.zip

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントをインストールする

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントをインストールするには、オペレーティング システムを選択して次の手順を行います。

Linux

Google Cloud RPM リポジトリを OS のリポジトリ リストに追加する

オペレーティング システムのパッケージ リポジトリのリストに、SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントの Google Cloud RPM リポジトリの URL を追加する必要があります。リポジトリを追加する方法は、Red Hat と SUSE オペレーティング システムのどちらを使用するかによって異なります。

RHEL

Google Cloud RPM リポジトリを RHEL に追加する手順は次のとおりです。

  1. ホスト VM との SSH 接続を確立します。

  2. RHEL_VERSION をオペレーティング システムのバージョン番号に置き換えてから、次のコマンドを実行します。たとえば、RHEL 7 の場合、RHEL_VERSION7 に置き換えます。RHEL 8 の場合は 8 に置き換えます。RHEL_VERSION を確認するには、スクロールが必要な場合があります。

    sudo tee /etc/yum.repos.d/google-sapnetweavermonitoring-agent.repo << EOM
    [google-sapnetweavermonitoring-agent]
    name=Google Cloud monitoring agent for SAP NetWeaver
    baseurl=https://packages.cloud.google.com/yum/repos/google-sapnetweavermonitoring-agent-elRHEL_VERSION-\$basearch
    enabled=1
    gpgcheck=0
    repo_gpgcheck=0
    gpgkey=https://packages.cloud.google.com/yum/doc/yum-key.gpg https://packages.cloud.google.com/yum/doc/rpm-package-key.gpg
    EOM

SLES

Google Cloud RPM リポジトリを SLES に追加する手順は次のとおりです。

  1. ホスト VM との SSH 接続を確立します。

  2. SLES_VERSION をオペレーティング システムのバージョン番号に置き換えてから、次のコマンドを実行します。たとえば、SLES 12 の場合、SLES_VERSION12 に置き換えます。SLES 15 の場合は 15 に置き換えます。SLES_VERSION を確認するには、スクロールが必要な場合があります。

    zypper addrepo --gpgcheck-allow-unsigned-package --refresh \
    https://packages.cloud.google.com/yum/repos/google-sapnetweavermonitoring-agent-slesSLES_VERSION-\$basearch google-sapnetweavermonitoring-agent

エージェントをインストールする

OS パッケージ マネージャーを使用して SAP NetWeaver のモニタリング エージェントをインストールします。

エージェントをインストールするには、オペレーティング システムを選択し、次の手順を行います。

RHEL

  1. ホスト VM との SSH 接続を確立します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    sudo yum install google-sapnetweavermonitoring-agent

SLES

  1. ホスト VM との SSH 接続を確立します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    sudo zypper --no-gpg-checks install google-sapnetweavermonitoring-agent

Windows

ホスト VM の管理者として SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントをインストールするには、次のコマンドを実行します。

. { Invoke-WebRequest -useb https://storage.googleapis.com/cloudsapdeploy/netweaver-agent-windows/install.ps1 } | iex

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントと SAP Host Agent をインストールしたら、エージェントのインストールを検証するの説明に沿って、SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントのインストールを検証します。

SAP NetWeaver 用モニタリング エージェントのインストールを確認する

SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントが実行されていることを確認するには、オペレーティング システムを選択して次の手順を行います。

Linux

  1. ホスト VM との SSH 接続を確立します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    sudo systemctl status google-sapnetweavermonitoring-agent

    SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントが正常に機能している場合、出力には active (running) が含まれます。例:

    google-sapnetweavermonitoring-agent.service - Google Cloud monitoring agent for SAP NetWeaver
    Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/google-sapnetweavermonitoring-agent.service; enabled; vendor preset: disabled)
    Active:  active (running)  since Thu 2021-09-02 07:21:42 UTC; 742ms ago
    Main PID: 10723 (java)
    Tasks: 26 (limit: 512)
    CGroup: /system.slice/google-sapnetweavermonitoring-agent.service
           └─10723 /usr/sap/google-sapnetweavermonitoring-agent/jre/bin/java -Xms32m -Xmx64m -cp /usr/sap/google-sapnetweavermonitoring-age...
    

Windows

  1. RDP を使用して、モニタリング対象の VM インスタンスに接続します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    Get-Service -Name google-sapnetweavermonitoring-agent

    SAP NetWeaver 用のモニタリング エージェントが正常に機能している場合、Status 列に Running が表示されます。例:

        Status   Name               DisplayName
        ------   ----               -----------
        Running  google-sapnetwe... Google Cloud monitoring agent for S...
    

モニタリング エージェントが実行されていない場合は、オペレーション ガイドのエージェントの再起動についてのセクションをご覧ください。

SAP Host Agent が指標を受信していることを確認する

インフラストラクチャ指標が収集され、SAP Host Agent に正しく送信されていることを確認するには、次の手順を行います。

  1. SAP システムで、トランザクションとして「ST06」を入力します。
  2. 概要ウィンドウで可用性と以下のフィールドの内容を確認し、SAP と Google モニタリング インフラストラクチャのエンドツーエンドの設定が正しいか調べます。

    • クラウド プロバイダ: Google Cloud Platform
    • Enhanced Monitoring Access: TRUE
    • Enhanced Monitoring Details: ACTIVE