Google Cloud アーキテクチャ フレームワーク

Google Cloud Architecture Framework は、アーキテクト、デベロッパー、管理者、およびその他のクラウド アーキテクトが、安全で効率的、復元性が高く、高パフォーマンスを実現し、費用対効果に優れたクラウド トポロジを設計および運用するためのベスト プラクティスと最適化案を提供します。

Google の複数の職能にまたがるエキスパートのチームが、アーキテクチャ フレームワークを構成する設計の最適化案とベスト プラクティスを検証します。チームがアーキテクチャ フレームワークをキュレートし、Google Cloud の拡張機能、業界のベスト プラクティス、コミュニティの知識、ユーザーからのフィードバックを反映させます。 重要な変更の概要については、最新情報をご覧ください。

アーキテクチャ フレームワークの設計ガイダンスは、クラウド用に構築されたアプリケーションと、オンプレミスから Google Cloud に移行されたワークロード、ハイブリッド クラウドのデプロイ、マルチクラウド環境に適用されます。

アーキテクチャ フレームワークは、次のカテゴリに分類されています。

システム設計
クラウド システム要件を満たすために必要なアーキテクチャ、コンポーネント、モジュール、インターフェース、データを定義し、システム設計をサポートする Google Cloud のプロダクトと機能について学習します。
卓越した運用
クラウド ワークロードを効率的にデプロイ、運用、モニタリング、管理します。
セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス
クラウド内のデータとワークロードのセキュリティを最大化し、プライバシーを考慮して設計し、規制要件と標準に対応します。
信頼性
クラウドで復元力と高可用性を備えたワークロードを設計し、運用します。
費用の最適化
Google Cloud への投資からビジネス上の価値を最大化します。
パフォーマンスの最適化
最適なパフォーマンスを得るために、クラウド リソースを設計、調整します。