GCP 上の SAP HANA の認定資格

SAP では、Google Cloud Platform(GCP)上の SAP HANA で使用する仮想マシン(VM)として、幅広い Compute Engine 仮想マシン(VM)を認定しています。また、SAP HANA ダイナミック ティアリングに使用する Compute Engine VM も認定しています。

SAP HANA 用に認定された Compute Engine VM

以下の表に、SAP が GCP 上の本番環境(本稼動)での使用を認定している Compute Engine 仮想マシン(VM)の種類とオペレーティング システムを記載します。表内に注記がある場合を除き、SAP では単一ホスト(スケールアップ)インストールとマルチホスト(スケールアウト)インストールの双方の種類の VM をサポートしています。スケールアウト インストールには、最大 15 のワーカーホスト(合計で 16 のホスト)を含めることができます。

SAP ではカスタム VM タイプも認定されていますが、vCPU の数が 32~64 であること、メモリと vCPU 数の比率が vCPU あたり 6.5 GB であることが条件となります。

この表には、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)オペレーティング システムと SUSE Linux Enterprise Server オペレーティング システムの認定バージョンも記載されています。

サポートされているオペレーティング システムの詳細については、GCP 上の SAP HANA のオペレーティング システムのサポートを参照してください。

各種の VM とそれぞれのユースケースについて詳しくは、マシンタイプをご覧ください。

VM の種類によっては、すべての GCP リージョンで利用できるとは限りません。特定のリージョンで利用可能なマシンタイプを確認するには、利用可能なリージョンとゾーンをご覧ください。

SAP では、SAP HANA ハードウェア ディレクトリに SAP HANA の認定 VM インスタンス タイプをリストしています。

GCP インスタンス タイプ vCPU メモリ(GB) オペレーティング システム CPU プラットフォーム
N1 ハイメモリ汎用マシンタイプ
n1-highmem-32 32 208 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
n1-highmem-64 64 416 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
n1-highmem-96 96 624 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Skylake
M1 メモリ最適化マシンタイプ
m1-megamem-96 96 1,433 RHEL 7.3 for SAP
RHEL 7.4 for SAP RHEL 7.6 for SAP SLES 11 SP4 SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Skylake
m1-ultramem-40
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
40 最大 961 RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
m1-ultramem-80
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
80 最大 1,922 RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
m1-ultramem-160 160 最大 3,844 RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell
M2 メモリ最適化マシンタイプ
m2-ultramem-208
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
208 最大 5,888 RHEL 7.6 for SAP
SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Cascade Lake
m2-ultramem-416
   (スケールアップのみ、    OLTP ワークロードのみ)
416 最大 11,776 RHEL 7.6 for SAP
SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Cascade Lake
カスタム汎用マシン
カスタム 32~64 vCPU ごとに 6.5 GB RHEL 7.4 for SAP
RHEL 7.6 for SAP SLES 12 SP1 SLES 12 SP1 for SAP SLES 12 SP2 SLES 12 SP2 for SAP SLES 12 SP3 SLES 12 SP3 for SAP SLES 12 SP4 SLES 12 SP4 for SAP SLES 15 SLES 15 for SAP
Intel Broadwell

Compute Engine で選択できるインスタンス タイプでは SAP HANA システムのメモリ要件を満たさない場合、マネージド サービスを提供するパートナーによるオプションも利用できます。SAP HANA のマネージド サービスを提供しているパートナーを探すには、お問い合わせください。

SAP HANA ダイナミック ティアリングでの認定 Compute Engine VM

GCP では、SAP HANA ダイナミック ティアリングを専用の仮想マシン(VM)にインストールする必要があります。次の表に、GCP 上の SAP HANA ダイナミック ティアリングでの使用が認定されている Compute Engine 仮想マシンを記載します。

ウォームストア容量 運用が認定された VM 構成
512 GB
1,300 GB
5,000 GB
10,000 GB
n1-highmem-8
n1-highmem-16
n1-highmem-32
n1-megamem-96
カスタム構成
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...