Google Cloud での Jenkins

Jenkins のスピード、スケーリング、セキュリティ。

Jenkins のインストール、アップグレード、スケーリングの自動化

Jenkins パイプラインの活用

Google Cloud の予測可能なパフォーマンスとスケーラブルなインフラストラクチャで Jenkins ビルドを高速化します。Google Kubernetes Engine で Jenkins を実行して、Jenkins のインストール、アップグレード、スケーリングを自動化します。Compute Engine を活用してジョブをシームレスに実行することで、ビルドファームを簡単にスケールアウトできます。ソフトウェア開発ライフサイクルの初期段階でアーティファクトをスキャンして、脆弱性を検出します。ポリシーを定義して、デプロイの前に各イメージが必要な検証段階を完了したことを確認します。

Google Cloud で Jenkins を使用する理由

Jenkins ビルドの高速化

高速フィードバックのために、GPU、TPU、ローカル SSD などの高性能仮想マシンでビルドを配布します。Compute Engine Jenkins プラグインを使用して、ビルドを高速化するために、カスタム RAM と vCPU を使用してオンデマンドでマシンをプロビジョニングします。

詳細

Kubernetes のネイティブ サポート

Jenkins と Kubernetes を使用して、CI / CD パイプラインを簡単に設定します。Jenkins GKE プラグインを使用して、構成を簡素化すると同時に、テストの実行、Google Kubernetes Engine(GKE)へのアーティファクトのデプロイも簡素化します。

詳細

Kubernetes で Jenkins をスケーリング

GKE クラスタに Jenkins をデプロイして、Kubernetes がスケーリングと負荷分散を処理できるようにします。GKE は、各ビルドがクリーンな環境で実行され、ビルドが実行されているときにのみクラスタが使用されるように、エフェメラル ビルド エグゼキュータを提供します。

詳細

デプロイのおすすめの方法を使用する

Jenkins の CI 機能と Spinnaker の継続的デリバリー(CD)機能と組み合わせます。Red/Black デプロイや Canary デプロイなど、Spinnaker の組み込みデプロイのおすすめの方法を活用して、ロールアウトを高速化し、ロールバックを容易にします。

詳細

コンテナ イメージの保存と管理

チームのコンテナ イメージを Container Registry に保存します。イメージのアクセス権限、表示権限、ダウンロード権限をどのユーザーに与えるかについて、これまでどおり管理できます。Google のセキュリティで保護されたインフラストラクチャ上で、安定した稼働率を実現します。

詳細

セキュリティとコンプライアンスの統合

アーティファクトが作成されたら、すぐにセキュリティの脆弱性をスキャンできます。脆弱性の影響や利用可能な修正に関する詳細なレポートが提供されます。確認済みのアーティファクトのみがデプロイされるように、自動ポリシー検証を実施します。

詳細

機能

GitOps スタイルの継続的デリバリー アプリケーション ソースコードと環境リポジトリを管理するための単一の真のソースとして Git を使用します。プルリクエストを介して構築、テスト、デプロイされる CI / CD パイプラインを作成します。
予測可能、低コスト 確約利用割引を使用すると、事前定義済みおよびカスタム VM の大幅な割引を取得できます。ビルドを並行して実行するために使用可能なさまざまなマシンタイプから選択し、待ち時間がないことを確認します。
従量課金制 GCP VM を使用して Jenkins ビルドを高速化すると、1 秒あたりの課金により 1 秒あたりの支払いが可能になります。

Jenkins プラグイン

アーティファクトを保存し、Kubernetes や VM にデプロイして、Jenkins を認証するためにプライベート認証情報を使用します。

仮想マシン(VM)への Jenkins ビルドの配布

Compute Engine の Jenkins エージェントを使用して、CI / CD パイプラインを自動化しビルドを実行します。

詳細

Jenkins から Google Cloud への安全なアクセスを許可する

Google サービス アカウントを使用して、Google Cloud への安全なアクセスを認証します。

詳細

ビルド アーティファクトの管理

バックアップおよびアーカイブのために、ビルド アーティファクトを Cloud Storage に公開します。

詳細

Jenkins を使用した Google Kubernetes Engine へのデプロイ

Jenkins と Kubernetes で CI / CD パイプラインを設定します。

詳細

GCP を使用すると、Jenkins を実に簡単にスケーリングできます。毎月 350 TB を超えるデータ転送と 670 個の vCPU にまたがる Jenkins ビルドにより、ビルドの実行を数日から数分に短縮することができました。また、1 秒あたりの請求では、使用した分のみに料金を支払います。Jenkins ビルドの高速化に支払うのは、1 日あたり 110 ポンド未満です。インフラストラクチャを使用して同様のことを行うと、69,600 ポンド以上の費用がかかり、実装に多大な投資が必要になります。

- PCMS Group plc、DevOps 責任者、Tony Espley 氏

リソース

Google Cloud

使ってみる

Jenkins on Google Cloud を 体験、利用する

GCP を初めてご利用の場合、あらゆる GCP プロダクトを $300 相当の無料クレジットでお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築やお客様のニーズに合ったパートナーの選定をお手伝いいたします。