SAP Business One プランニング ガイド

このガイドでは、SAP Business One と Google Cloud Platform(GCP)の連携の概要について説明し、新しい SAP Business One システムの実装を計画する際に役立つ詳細情報を提供します。

GCP に SAP Business One をデプロイする方法については、SAP Business One デプロイガイドをご覧ください。

GCP 上での SAP Business One について

GCP 上で実行される Business One に関して、SAP は SAP HANA または Microsoft SQL Server との組み合わせをサポートしています。

このガイドと SAP Business One デプロイガイドでは、Business One と SAP HANA の組み合わせのみについて説明しています。

SAP HANA は、高パフォーマンスのアナリティクスとリアルタイムのデータ処理機能を提供する、列指向のインメモリ リレーショナル データベースです。SAP Business One は中小企業向けに設計されたビジネス管理ソフトウェアです。

GCP 上で SAP Business One と SAP HANA を実行することによって、容易なプロビジョニング、高いスケーラビリティ、冗長性のある GCP のインフラストラクチャ機能を利用でき、ビジネス クリティカルなワークロードをコスト効率よく実行できます。GCP は、コンピュータやハードディスク ドライブなどの一連の物理アセットと、Compute Engine 仮想マシン(VM)などの仮想リソースを提供するもので、世界中の Google データセンターに配置されています。

GCP で SAP Business One と SAP HANA をデプロイする際は、Compute Engine 上で実行される VM にデプロイします。Compute Engine VM は永続ディスクを提供します。永続ディスクはパソコンやサーバー内の物理ディスクと同様に機能しますが、データの冗長性を確保し、パフォーマンスを最適化するために Compute Engine によって自動的に管理されます。

SAP が提供する SAP Business One の情報については、SAP Help Portal をご覧ください。

GCP の基本

GCP は、クラウドベースの多くのサービスとプロダクトから構成されています。GCP 上で SAP プロダクトを実行する場合は、主に Compute EngineCloud Storage から提供される IaaS ベースのサービスと、開発および管理用ツールなどのプラットフォーム全体の機能を使用します。

重要なコンセプトと用語については、GCP プラットフォームの概要をご覧ください。このガイドでは、わかりやすく説明するため、この概要の情報を一部利用しています。

エンタープライズ規模の企業が GCP を利用する場合の考慮事項については、エンタープライズ企業のベスト プラクティスをご覧ください。

GCP の操作

GCP でプラットフォーム、リソース、クラウドを操作する場合、主に次の 3 つの方法があります。

  • Google Cloud Platform Console。これは、ウェブベースのユーザー インターフェースです。
  • gcloud コマンドライン ツール。GCP Console が提供する機能のスーパーセットです。
  • クライアント ライブラリ。サービスにアクセスし、リソースを管理するための API を提供します。クライアント ライブラリは、独自のツールを作成する場合に便利です。

GCP サービス

SAP のデプロイメントでは通常、次の GCP サービスの一部またはすべてを利用します。

サービス 説明
VPC ネットワーキング VM インスタンスを相互に接続します。また、インスタンスをインターネットに接続します。各インスタンスは、1 つのグローバル IP 範囲を持つレガシー ネットワークまたは推奨されるサブネット ネットワークのいずれかのメンバーです。後者の場合、インスタンスは、より大規模なネットワークを構成する単一サブネットワークのメンバーになります。1 つのネットワークが複数の GCP プロジェクトにまたがることはありませんが、GCP プロジェクトが複数のネットワークを使用する場合はあります。
Compute Engine 選択されたオペレーティング システムとソフトウェア スタックで VM を作成し、管理します。
Persistent Disk Persistent Disk には、標準ハードディスク ドライブ(HDD)またはソリッド ステート ドライブ(SSD)が使用できます。
Google Cloud Platform Console Compute Engine リソースを管理するブラウザベースのツール。このツールでは、テンプレートを使って、必要な Compute Engine リソースとインスタンスをすべて定義できます。GCP Console が自動的にリソースを作成し、依存関係を検出するので、リソースを個別に作成して構成する必要はありません。また、依存関係を指定する必要もありません。
Cloud Storage レプリケーション機能で SAP データベースのバックアップを Cloud Storage に保管することで、耐久性と信頼性を高めることができます。
Stackdriver Monitoring Compute Engine、ネットワーク、永続ディスクのデプロイメント状況、パフォーマンス、稼働時間、動作状況を視覚的に確認できます。

Stackdriver は、GCP から指標、イベント、メタデータを収集し、こららの分析結果をダッシュボード、グラフ、アラートを通じて提供します。Stackdriver Monitoring を使用すると、コンピューティング指標を無料でモニタリングできます。
Cloud IAM GCP リソースに対する権限を一元的に制御します。VM と永続ディスクの作成、変更、削除、ネットワークの作成と変更など、VM に対するコントロール プレーンの処理を実行できるユーザーを制御します。

料金と割り当て

料金計算ツールを使用すると、使用料金を概算できます。料金の詳細については、Compute Engine の料金Cloud Storage の料金Stackdriver の料金をご覧ください。

GCP リソースは割り当ての対象です。ハイ CPU またはハイメモリのマシンを使用する場合、割り当て量の追加リクエストが必要になる場合があります。詳細については、Compute Engine のリソース割り当てをご覧ください。

リソース要件

VM タイプ

GCP 上の本番環境での使用に関して SAP が正式にサポートしている VM タイプは次のとおりです。

GCP インスタンス タイプ vCPU メモリ(GiB) OS CPU プラットフォーム
n1-highmem-32 32 208 SLES 12 SP1
SLES 12 SP1 for SAP
SLES 12 SP2
SLES 12 SP2 for SAP
Intel Broadwell
n1-highmem-64 64 416 SLES 12 SP1
SLES 12 SP1 for SAP
SLES 12 SP2
SLES 12 SP2 for SAP
Intel Broadwell

選択するオペレーティング システムは、インストールを予定している SAP Business One のバージョンとの互換性を備えている必要があります。詳しくは、SAP のプロダクトの提供状況に関する表をご覧ください。さまざまなインスタンス タイプとそのユースケースについて詳しくは、マシンタイプのドキュメントをご覧ください。

ストレージ構成

SAP HANA はインメモリ データベースであり、ほとんどのデータはメモリに格納され、処理されます。永続ストレージの場所にデータを保存することで、データ損失を防ぐことができます。

最適なパフォーマンスを実現するため、SAP HANA のデータとログのボリュームに使用されるストレージ ソリューションは、SAP のストレージに関する KPI を満たしている必要があります。Google は SAP と共同作業を行っており、サポートされる VM タイプを使用している限り、その SSD 永続ディスクは SAP HANA ワークロードのストレージ ソリューションの使用に適していると認定されます。vCPU を 32 個以上備え、データとログファイルのボリュームが 1.7 TiB の VM では、最大 400 MB/秒の書き込み速度、最大 800 MB/秒の読み取り速度を実現できます。

SAP HANA バックアップ用のストレージは標準 HDD 永続ディスクで構成されます。標準 HDD 永続ディスクは、順次読み取り / 書き込みオペレーションの処理には効率的かつ経済的な選択肢ですが、1 秒あたりのランダム入出力オペレーション(IOPS)量が多い処理には不向きです。SAP HANA は、大きなブロックの順次 IO を使用してデータベースをバックアップします。標準 HDD 永続ディスクは、このシナリオに適した低コストで高性能なオプションです。

SAP HANA のバックアップ ボリューム サイズは、最適なベースライン スループットとバースト スループットを実現し、複数のバックアップ セットを保持できるように設計されています。バックアップ ボリュームに複数のバックアップ セットを保持することにより、必要に応じてデータベースを簡単に復元できます。

メモリ構成

サポートされている VM タイプの表をご覧ください。

オペレーティング システムの構成

サポートされている VM タイプの表をご覧ください。

ライセンス

GCP 上で SAP Business One と SAP HANA を実行するには、所有するライセンスを使用(BYOL)する必要があります。SAP ライセンスの詳細については、SAP にお問い合わせください。

このガイドでは、以下の手順を実行して VM インスタンスを作成し、既存のライセンスを猶予期間が終了する前にインスタンスに適用します。

デプロイ アーキテクチャ

GCP 上での SAP Business One のデプロイ アーキテクチャ

次のコンポーネントを備えた単一ノード アーキテクチャを使用して SAP Business One をデプロイします。

  • SAP HANA データベースと SAP Business One サーバー用の Compute Engine インスタンス 1 つ。1.7 テラバイト以上の SDD 永続ディスクと、最大 16 Gbps のネットワーク帯域幅を備えていること。SSD 永続ディスクはパーティション化され、/hana/data にマウントされてデータをホストします。

  • インスタンスへのアクセスを制限するための Compute Engine ファイアウォール ルール。

  • SAP HANA データベースのバックアップ用の永続ディスク。

  • 作成した構成ファイルを使用した SAP HANA データベースの自動インストール。

  • (省略可)踏み台インスタンスとしての Compute Engine VM。

  • (省略可、ただし推奨)指定した GCP リージョン内でカスタムのトポロジと IP 範囲を持つサブネットワーク。SAP HANA データベースと他の Compute Engine インスタンスは、このサブネットワーク内で起動されます。SAP HANA 向けには既存のサブネットワークを使用できます。

  • (省略可、ただし推奨)SAP HANA と他のインスタンスのための送信インターネット アクセス用として構成されたインターネット ゲートウェイ。このガイドでは、このゲートウェイを使用していることを前提としています。

  • (省略可)SAP HANA Studio 用の Compute Engine VM。これは省略可能な手順であり、この SAP Business One ガイドでは説明されていません。詳細については、SAP HANA デプロイガイドをご覧ください。

  • (省略可)SAP Business One クライアント用の Compute Engine VM。管理用に使用します。

このデプロイでは、外部 IP が公開されないようにするため、SAP HANA にアクセスするための任意の NAT 踏み台インスタンスが使用されます。この踏み台インスタンスは、SAP Business One サーバー インスタンスと同じサブネットワークにデプロイします。

Cloud Storage を使用して、/hanabackup にあるローカル バックアップをバックアップできます。このマウントのサイズはデータマウント以上にする必要があります。

サポート

本番環境サポートの役割またはエンタープライズ サポートのいずれかを持つ Google Cloud Platform のお客様は、SAP システムに必要な GCP リソースのプロビジョニングと構成に関するサポートを利用できます。本番環境での SAP システムのサポートには、GCP 本番環境レベルのサポートまたはエンタープライズ サポートが必要です。

GCP サポート オプションの詳細については、Google Cloud Platform のサポートをご覧ください。

SAP プロダクト関連の問題については、SAP サポートでサポート リクエストを送信してください。SAP はサポート チケットを評価し、GCP インフラストラクチャの問題と判断した場合は、そのチケットを GCP キューに転送します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...