Google Cloud IoT

端末のグローバルなネットワークからビジネス インサイトを引き出すインテリジェントな IoT プラットフォーム。

非公開ベータ版に申し込む 運用開始についてのブログ記事を読む

インテリジェントな IoT サービスのためのプラットフォーム

Google Cloud IoT は、フルマネージドの統合サービス群です。世界各国に大規模に分散した端末を容易かつ安全に接続、管理し、IoT データを取り込むことができます。また、そのデータをリアルタイムで処理、分析、可視化したり、必要に応じて運用上の変更を加えて対策を講じたりすることもできます。

IoT データを活用したビジネスの俊敏性と意思決定の促進

Google Cloud IoT は、世界中に分散している端末のデータからリアルタイムでビジネス インサイトを導き出す、包括的な統合サービス群です。Cloud IoT Core が取り込んだ端末のデータは Cloud Pub/Sub に公開され、ダウンストリーム分析が行われます。また、Google BigQuery を使ってアドホック分析を実施したり、Cloud Machine Learning Engine を使って高度な分析を実施し、機械学習を適用したりできるほか、Google Data Studio では IoT データの結果をリッチなレポートやダッシュボードで可視化できます。

端末の運用効率の向上

端末の運用効率について、これまでにないレベルの分析情報が得られるほか、世界各国に分散した端末の管理や、ファームウェアの更新を実行できます。Google Cloud IoT プラットフォームは、広範な組み込み型オペレーティング システムに対応し、Android Things とシームレスに連係します。また、Intel や Microchip といった大手メーカーの端末も設定不要ですぐに使えるようにサポートされています。端末の自動更新は、Cloud Functions のワークフローにより、リアルタイムのイベントに基づいてトリガーされます。

フルマネージド サービスにより使い始めた瞬間からフル活用が可能

Google のサーバーレス Cloud IoT プラットフォームがあれば、IoT データ分析のために高価なインフラストラクチャを構築したり維持したりする必要はありません。また、Cloud IoT Core のプロトコル ブリッジを使用すれば、クラウドに簡単に接続して世界中に分散したすべての端末に対応できるほか、負荷分散と水平スケーリングが自動的に行われます。業界標準のプロトコルを使うことで安全な端末の接続を確保できるだけでなく、設備投資や継続的なメンテナンスが不要なので総所有コストも低く抑えられます。

IoT の特長

エンドツーエンドのセキュリティ
エンドツーエンドのセキュリティを実現するために、証明書に基づく認証と TLS 1.2 が採用されています。また、Android Things を実行している端末や Cloud IoT Core のセキュリティ要件をサポートしている端末では、フルスタックのセキュリティを達成できます。
統合サービス
IoT データは、Google Cloud のサービス間でシームレスに移動できます。データ取り込みには Cloud IoT Core、データ配信には Cloud Pub/Sub、データ変換には Cloud Dataflow、そしてデータ格納には Cloud StorageCloud Bigtable、または Cloud Spanner と多様なサービスをご利用いただけます。
ビジネス プロセスの最適化
Cloud IoT CoreCloud Functions のワークフローを統合することで、端末の状態をリアルタイムで変更することが可能になり、運用効率の向上につながります。
パートナー エコシステム
Intel や Microchip といったハードウェア パートナーの端末が、設定不要ですぐに使えるようにサポートされています。
単一のグローバル システム
MQTT などの標準プロトコルを使い、プロトコル ブリッジ経由で Google Cloud に接続することにより、すべての端末を単一のグローバル システムとして管理することが可能になります。
高度なデータ分析
Google BigQuery ではアドホック分析、Cloud Data Studio ではデータの可視化を行えるほか、Cloud Machine Learning ではインテリジェンスを導き出すことができます。
フル マネージド インフラストラクチャ
Google Cloud のサーバーレス プラットフォーム インフラストラクチャの水平スケーリングを使えば、世界中に分散する数百万台規模の端末にも瞬時かつ無制限にスケールして対応できます。

業種ごとのお客様の使用例

製造業

世界中に分散した端末を単一のシステムとしてリアルタイムに管理とモニタリングをすることで、運用効率を向上できます。メンテナンスを予防的に(場合によっては自動的に)行い、スタッフとリソースを配置する前に端末のリアルタイム ステータスを収集することで修理コストを削減します。

公共事業

負荷をより効率的に分散・最適化するために、日時や場所に基づいた消費者の使用パターンを収集・把握できます。また、機器やファームウェアのアップグレードまたは予防的メンテナンスによる運用への影響が最低限に抑えられるように、日程を組むことができます。

スマートな運送

輸送手段や物流網をインテリジェントに管理するために必要なデータを収集し、車両や船舶を適切なタイミングで適切な場所に配備できます。またテレメトリを収集して保存しておくことで、車両の管理方法を再検討する場合に役に立ちます。

石油・ガス

生産現場で、リソースと機械の予測保守を実施できます。また、各構成要素がどのように相互作用しているのかを理解することで、より効率的で耐久性のあるシステムを設計できます。

「工場の大規模な機械設備群を Google Cloud に接続することで、機械の使用率と生産効率をリアルタイムで表示するスマートな工場プラットフォームを短期間で構築することができました。」

— Willem Sundblad 氏 Oden Technologies 社 CEO および共同創業者

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。