Cloud IoT Core 非公開ベータ版

広範囲に分散した端末の接続、管理、データ取り込みを、セキュリティを維持しながら簡単に行うためのフルマネージド サービス

非公開ベータ版にサインアップする 運用開始についてのブログ記事を読む

セキュリティを維持しながら端末を接続して管理する

Cloud IoT Core は、広範囲に分散した多数の端末の接続、管理、データ取り込みを、セキュリティを維持しながら簡単に行うことのできるフルマネージド サービスです。Cloud IoT Core を Google Cloud IoT プラットフォーム上のその他のサービスと組み合わせると、IoT データの収集、処理、分析、視覚化をリアルタイムで行うために必要なものがすべて揃い、業務の効率化に役立ちます。

情報に基づいた意思決定をグローバル規模で行う

Cloud IoT Core の内部では Cloud Pub/Sub が使用されており、分散した端末データを集約して単一のグローバル システムを作り上げることができます。このシステムは、Google Cloud のデータ分析サービスとシームレスに統合されます。IoT データ ストリームを高度な分析、視覚化、機械学習などに使用すると、業務の効率向上や問題の予測に役立ちます。また、業務を的確に表し最適化するモデルを構築することができます。

セキュリティを維持しながら既存の端末ネットワークに接続する

広範囲に分散した端末の数にかかわらず、プロトコル エンドポイントを通して、セキュリティを維持しながら端末を接続します。プロトコル エンドポイントでは自動負荷分散と水平スケーリングが使用され、どのような状況でもスムーズにデータが取り込まれます。Cloud IoT Core では標準の MQTT プロトコルがサポートされているため、既存の端末を使用するときのファームウェアの変更を最小限に抑えられます。Google Cloud IoT Core を実行する Google のサーバーレス インフラストラクチャは、リアルタイムの変化に応じて自動的にスケーリングします。業界標準のセキュリティ プロトコルにも厳密に準拠しているため、業務のデータを守ります。

端末との双方向通信を確立する

端末データを日常業務に取り込むための、セキュリティ、インテリジェンス、応答性に優れた IoT データ パイプラインが Google Cloud IoT Core で作られます。Android Things のインテリジェンスを利用して自動ファームウェア アップデートを push 送信することも、独自の端末更新プログラムを Cloud IoT Core で push することもできます。

すぐに利用を開始できる

IoT データ ネットワーク全体を 1 か所で集中管理します。Cloud IoT Core は箱から取り出してすぐに、多数の Android Things 端末やその他の主要ハードウェア メーカー製の端末と連携して使用できます。IoT プロジェクトの資本支出と保守費用を容易に削減できる、従量課金制サービスです。

Cloud IoT のパートナー

Google Cloud Platform のパートナー各社が製造するハードウェア、ソフトウェア、革新的ソリューションは、Cloud IoT Core サービスによって端末をシームレスに Google Cloud Platform に接続します。

パートナー各社のロゴ

Cloud IoT Core の特長

Cloud IoT Core を構成する主要要素は、端末マネージャとプロトコル ブリッジの 2 つです。

端末マネージャ

この端末マネージャは、セキュリティを維持したまま個々の端末の設定と管理を大まかなレベルでできるように設計されています。管理はコンソールから行うことも、自動化することもできます。端末マネージャが個々の端末の ID を確立し、端末が接続するときの認証メカニズムも提供します。各端末の論理設定も保持し、端末をクラウドから遠隔管理することもできます。

プロトコル ブリッジ

プロトコル ブリッジは、プロトコルの接続エンドポイントの役割を果たすものであり、すべての端末接続を自動的に負荷分散する機能があります。プロトコル ブリッジは、業界標準の IoT プロトコルである MQTT によるセキュア接続をネイティブでサポートしています。プロトコル ブリッジによってすべての端末テレメトリーが Cloud Pub/Sub にパブリッシュされ、これでテレメトリーをダウンストリームの解析システムで使用できるようになります。

エンドツーエンドのセキュリティ
エンドツーエンドのセキュリティを実現するために、証明書に基づく認証と TLS 1.2 が採用されています。端末で Android Things が実行されているか、端末が Cloud IoT Core のセキュリティ要件をサポートしている場合は、フルスタックのセキュリティを達成できます。
単一のグローバル システム
すべての端末を Google Cloud に、MQTT などの標準のプロトコルでプロトコル エンドポイントを通して接続し、すべての端末を 1 つのグローバル システムとして管理します。このサービスの内部では Cloud Pub/Sub が使用され、データが 7 日間保持されます。
すぐに利用できるデータ分析情報
ダウンストリームの解析システムを使用するために、Google Big Data Analytics や ML のサービス(Dataflow、BigQuery、Bigtable、ML、Data Studio など)と、あるいはパートナーの BI ツールと統合します。
フルマネージドでスケーラブル
このサービスはサーバーレスであり、最初にソフトウェアをインストールする必要は一切ありません。Google Cloud Platform の水平スケーリングを使用して、スケーリングを即座に、無制限に行います。
役割レベルのアクセス制御
IAM の役割を端末レジストリに適用して、端末やデータへのユーザー アクセスを制御します。
大規模な端末導入
REST API を使用して大量の端末の登録、デプロイ、運用を自動的に管理します。

「Google Cloud IoT のおかげで、大量のスマート メーターを Cloud に接続し、スマートなエネルギー プラットフォームを作ることができました。このプラットフォームで、電力供給会社は電力使用状況をリアルタイムで把握し、今後の需要予測を立てられるようになりました。」

— Edwin Poot 氏 Energyworx 創業者兼社長兼 CVO(最高ビジョナリー責任者)

「Cloud IoT Core を利用して大量の自転車を Cloud に接続してスマートな車両管理ツールを短期間で構築することができました。自転車の利用率、分散状況、パフォーマンスの数値がリアルタイムでわかり、顧客向けに需要予測を立てることができます。」

— Jose L. Ugia 氏 Noa Technologies エンジニアリング担当副社長

Cloud IoT Core の価格

Google Cloud IoT Core は現在、非公開ベータ版として提供されています。非公開ベータ版プログラムに招待されたお客様に Cloud IoT Core の料金が請求されることはなく、Cloud Pub/Sub、Dataflow、BigQuery、およびその他のストレージと分析のための Cloud のサービスの使用料金のみが請求されます。Cloud IoT Core の価格は、今後の公開ベータ版のリリース時に発表されます。