Cloud IoT Core

広範囲に分散した端末の接続、管理、データ取り込みを、セキュリティを維持しながら簡単に行うためのフルマネージド サービス。

無料トライアル

セキュリティを維持しながら端末を接続して管理する

Cloud IoT Core は、広範囲に分散した多数の端末の接続、管理、データ取り込みを、セキュリティを維持しながら簡単に行うことができるフルマネージド サービスです。Cloud IoT Core を Cloud IoT プラットフォーム上のその他のサービスと組み合わせると、IoT データの収集、処理、分析、可視化をリアルタイムで行うために必要なものがすべて揃い、業務の効率化に役立ちます。

情報に基づいた意思決定をグローバル規模で行う

Cloud IoT Core の内部では Cloud Pub/Sub が使用されており、分散した端末データを集約して単一のグローバル システムを作り上げることができます。このシステムは、Google Cloud のデータ分析サービスとシームレスに統合されます。IoT データ ストリームを高度な分析、可視化、機械学習などに使用すると、業務の効率向上や問題の予測に役立ちます。また、お客様のビジネスを的確に表し、それを最適化するリッチモデルを構築することもできます。

セキュリティを維持しながら既存の端末ネットワークに接続する

広範囲に分散した端末の数にかかわらず、プロトコル エンドポイントを通して、セキュリティを維持しながら端末を接続します。プロトコル エンドポイントでは自動負荷分散と水平スケーリングが使用され、どのような状況でもスムーズにデータが取り込まれます。Cloud IoT Core は標準の MQTT と HTTP プロトコルをサポートするため、最小限のファームウェアの変更だけで、既存の端末を使用できます。Cloud IoT Core を実行する Google のサーバーレス インフラストラクチャは、リアルタイムの変化に応じて自動的にスケーリングします。また、業界標準のセキュリティ プロトコルに厳密に準拠しているため、ビジネスデータが保護されます。

端末との双方向通信を確立する

Cloud IoT Core によって構築された、安全かつインテリジェントで応答性の高い IoT データ パイプラインを通じて、端末データが日常業務に取り込まれます。さらに、Android Things のインテリジェンスを利用してファームウェアの自動アップデートを push 送信したり、独自の端末更新プログラムを Cloud IoT Core で push したりすることもできます。

すぐに利用を開始できる

IoT データ ネットワーク全体を 1 か所で集中管理します。Cloud IoT Core は追加の設定などすることなく、Android Things 端末やその他の主要ハードウェア メーカー製の端末と連携して使用できます。IoT プロジェクトの資本支出と保守費用を容易に削減できる、従量課金制サービスです。

Cloud IoT Core への端末のゼロタッチ プロビジョニング

Cloud IoT プロビジョニング サービス(早期アクセス)は Cloud IoT Core に対するアドオン サービスであり、Cloud IoT をご利用のお客様や OEM のために端末プロビジョニングや機器への実装作業を簡単にします。このサービスは、改ざん防止のためにハードウェア ベースのセキュリティ(これは OEM パートナーではクリプトチップまたはセキュア エレメント(SE)と呼ばれています)を利用することで、安全で手間のかからない端末プロビジョニングを行います。これにより、多数の端末を、人手を介さずに正しい Cloud IoT Core にプロビジョニングできます。早期アクセスへのお申し込みについては、こちらをご覧ください。

Cloud IoT Core への端末のゼロタッチ プロビジョニング

Cloud IoT のパートナー

Google Cloud Platform のパートナー各社が製造 / 構築するハードウェア、ソフトウェア、革新的ソリューションは、Cloud IoT Core サービスによって端末をシームレスに Google Cloud Platform に接続します。

パートナー各社のロゴ

Cloud IoT Core の特長

Cloud IoT Core を構成する主要要素は、端末マネージャとプロトコル ブリッジの 2 つです。

端末マネージャ

端末マネージャは、個々の端末を大まかなレベルで安全に構成、管理できるように設計されています。管理はコンソールやプログラム コードから行うことができます。端末マネージャが個々の端末の ID を確立し、端末が接続するときの認証メカニズムも提供します。各端末の論理構成も保持し、端末をクラウドから遠隔管理することもできます。

プロトコル ブリッジ

プロトコル ブリッジは、プロトコルの接続エンドポイントの役割を果たすものであり、すべての端末接続を自動的に負荷分散する機能があります。プロトコル ブリッジは、MQTT や HTTP など業界標準のプロトコルによる安全な接続をネイティブにサポートします。プロトコル ブリッジによってすべての端末テレメトリーが Cloud Pub/Sub にパブリッシュされ、これでテレメトリーをダウンストリームの解析システムで使用できるようになります。

エンドツーエンドのセキュリティ
エンドツーエンドのセキュリティを実現するために、TLS 1.2 での非対称キー認証が採用されています。また、端末所有者を確認するために CA 署名証明書を使用できます。端末で Android Things が実行されているか、Cloud IoT Core のセキュリティ要件をサポートしている場合、フルスタックのセキュリティを実現できます。
単一のグローバル システム
MQTT や HTTP などの標準プロトコルを使い、プロトコル エンドポイント経由ですべての端末とゲートウェイを Google Cloud に接続することにより、すべての端末を単一のグローバル システムとして管理することが可能になります。このサービスの内部では Cloud Pub/Sub が使用され、データが 7 日間保持されます。
すぐに利用できるデータ分析情報
ダウンストリームの解析システムを使用するために、Google Big Data Analytics や ML のサービス(Dataflow、BigQuery、Bigtable、ML、データスタジオなど)と、あるいはパートナーの BI ツールと統合します。
フルマネージドでスケーラブル
このサービスはサーバーレスであり、最初にソフトウェアをインストールする必要は一切ありません。Google Cloud Platform の水平スケーリングを使用して、スケーリングを即座に、無制限に行います。
役割レベルのアクセス制御
IAM の役割を端末レジストリに適用して、端末やデータへのユーザー アクセスを制御します。
大規模な端末導入
REST API を使用して大量の端末の登録、デプロイ、オペレーションを自動的に管理します。また、端末が接続されていないときにも、API を使用して端末のプロパティや状態を取得、更新できます。
エッジ / オンプレミスに ML を導入
Cloud IoT Core は、Cloud IoT Edge とセキュアに接続することで、ゲートウェイやエッジ端末に機械学習モデルを導入します。この導入されたモデルは、Edge TPU™ をフル活用して、トレーニング済み ML モデルをエッジで実行し、これまでにないリアルタイムな応答が可能になります。

「当社の端末の使用頻度は高く、常に大量のデータが送信されています。これらの端末を Cloud IoT Core に接続することで、安全で信頼性の高い方法でデータを取り込めることはもちろん、このデータを利用して貴重な分析情報を得ることもできます。自社のシステムのパフォーマンスを正確に知り、端末にアップデートを適用することができるため、コスト効率の高い方法で最高水準の製品とサービスを提供できます。」

— John Heard 氏 Smart Parking Limited 社グループ CTO(最高技術責任者)

「Google Cloud IoT のおかげで、大量のスマート メーターを Cloud に接続し、スマートなエネルギー プラットフォームを作ることができました。このプラットフォームで、電力供給会社は電力使用状況をリアルタイムで把握し、今後の需要予測を立てられるようになりました。」

— Edwin Poot 氏 Energyworx 創業者兼社長兼 CVO(最高ビジョナリー責任者)

Cloud IoT Core の価格

Cloud IoT Core の価格は、IoT 端末間でサービスを通じて交換されるデータの MB 単位で決まりますが、最初の 250 MB は無料です。詳細については、料金ガイドをご覧ください。

階層 料金 データ量(1 か月あたり)
無料 $0.00 最初の 250 MB
標準 1 MB あたり $0.0045 250 MB~250 GB
1 MB あたり $0.0020 250 GB~5 TB
1 MB あたり $0.00045 5 TB~

このページで紹介しているプロダクトまたは機能は現在、早期アクセスの段階にあります。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。