SAP ASE または IBM Db2 での SAP Business Suite: Google Cloud Platform のリファレンス アーキテクチャ

概要

このドキュメントは、SAP Business Suite アプリケーションを SAP ASE または IBM Db2 にデプロイするためのプラットフォームとして Google Cloud Platform(GCP)を検討されている次の方を対象としています。

  • SAP テクニカル アーキテクト
  • クラウド アーキテクト
  • SAP Basis 管理者
  • エンタープライズ アーキテクト

このドキュメントでは、導入前に考慮すべき問題や、SAP Notes など、デプロイの参考になるドキュメントのリンクも紹介します。

Google Cloud Platform は、SAP Business Suite の実行に適した SAP 認定のインフラストラクチャを提供します。費用対効果と信頼性が高く、安全で高性能なプラットフォームを提供します。GCP でサポートされている SAP ソリューションの詳細については、Google Cloud での SAP をご覧ください。

ライセンス

SAP を利用している場合は、既存のライセンスを使用して、お客様独自のライセンス(BYOL)モデルで GCP に SAP Business Suite をデプロイできます。GCP は、本番環境と非本番環境の両方のユースケースで BYOL モデルをサポートします。オペレーティング システムのライセンスは、Compute Engine の料金に含まれています。独自の OS イメージやライセンスも使用できます。

ASE

GCP での SAP ASE のライセンス付与については、SAP ASE プランニング ガイドをご覧ください。

IBM Db2

GCP に IBM Db2 をデプロイするには、独自のライセンスが必要です。SAP または IBM からライセンスを取得できます。ライセンスとサポートの詳細については、SAP の IBM Db2 ライセンスとサポートのページをご覧ください。

サイジング

実装タイプに基づいて、いくつかのサイジング オプションが利用可能です。新しい環境に実装する場合、SAP Quick Sizer ツールの使用をおすすめします。詳細については、SAP の Sizing ページをご覧ください。SAP では、現在のオンプレミス ソリューションを GCP に移行するための特定のソリューションとツールを用意しています。これらのツールやソリューション用に T シャツガイドも提供しています。たとえば、SAP Note 2456432 - SAP Applications on Google Cloud Platform: Supported Products and Google VM types をご覧ください。SAP と GCP は、IOPS(1 秒あたりの入出力操作)を測定するために異なる単位を使用します。SAP サイジング要件を GCP コンポーネントに変換するには、SI(システム インテグレータ)パートナーにご相談ください。

ASE

ASE データベースのサイジングを行う方法は次のとおりです。

IBM Db2

Windows または Linux で IBM Db2 データベースのサイズを調整するには、System requirements for IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windows をご覧ください。

サポートされているマシンタイプ

SAP ASE と IBM Db2 は、次の Compute Engine マシンタイプでの動作が保証されています。

  • 8、16、32、64 または 96 vCPU を備えた n1-standard マシンタイプ。
  • 2、4、8、16、32、64 または 96 の vCPU を備えた n1-highmem マシンタイプ。
  • カスタム マシンタイプ

認定マシンのタイプの情報については、SAP Note 2456432 - SAP Applications on Google Cloud Platform: Supported Products and Google VM types を参照してください。

ASE

SAP ASE の VM タイプの設定の詳細については、VM の構成を参照してください。

GCP の SAP ASE でサポートされているオペレーティング システムのバージョンについては、SAP Note 2537664、ASE 16.0 certification report for GCP を参照してください。

IBM Db2

IBM Db2 の VM タイプの詳細については、SAP ASE プランニング ガイドの VM の構成をご覧ください。

GCP 上の IBM Db2 の詳細については、SAP Note 2456432 - SAP Applications on Google Cloud Platform: Supported Products and Google VM types をご覧ください。

SAP Business Suite のディスクとファイル システム

Google Cloud Platform には次のストレージ タイプがあります。

  • 標準(HDD)永続ディスク: 大型デバイス用の低コストのブロック ストレージ。
  • SSD 永続ディスク: 高速で信頼性の高いブロック ストレージ。高い IOPS と低いレイテンシを実現するように設計されています。
  • ローカル SSD: 高性能のローカル ブロック ストレージ。
  • Google Cloud Storage バケット: 手頃な価格のオブジェクト ストレージ。

詳しくは、ストレージ オプションをご覧ください。

GCP 永続ディスクは、高い耐久性を実現するように設計されています。データの整合性を確保するため、データを冗長的に保存します。1 つの永続ディスクには最大で 64 TB まで保存できるため、ディスクアレイを管理しなくても、大きな論理ボリュームを作成できます。永続ディスクでは、データを保護するために自動的に暗号化が行われます。

デフォルトでは、作成時に Compute Engine インスタンスはオペレーティング システムを含む単一ルートの永続ディスクを割り当てます。必要に応じて、インスタンスにストレージ オプションを追加できます。SAP を実装する場合は、持続性の高いディスクの使用をおすすめします。永続ディスクは、ローカルマシン上の物理ディスクのようにアクセスできます。

ASE

次の表に、GCP の ASE にデプロイされる SAP Business Suite の Linux ディレクトリ構造を示します。詳細については、SAP ASE Installation Guide for Linux をご覧ください。

SAP アプリケーションのディレクトリ構造 ストレージの種類
/sapmnt 標準永続ディスク(HDD)
/usr/sap 標準永続ディスク(HDD)

ASE のすべてのデータとログファイルは /sybase/SAPSID の下に配置する必要があります。SAPSID または SAP システム ID は、インストール時に使用される SAP インスタンス名です。

ASE の SAP Business Suite のディレクトリ構造 ストレージの種類
/sapmnt 標準永続ディスク(HDD)
/usr/sap 標準永続ディスク(HDD)
/sybase/SAPSID 標準永続ディスク(HDD)
/sybase/SAPSID/sapdata_1 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
/sybase/SAPSID/saplog_1 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
/sybase/SAPSID/saptemp 標準永続ディスク(HDD)
/sybase/SAPSID/sapdiag 標準永続ディスク(HDD)
/sybasebackup 標準永続ディスク(HDD)

詳細については、SAP Best Practice Guide ASE をダウンロードしてください。

次の表に、ASE の SAP Business Suite の Windows ディレクトリ構造を示します。このディレクトリ構造は中央サーバーに適用されます。

ドライブ 説明 ストレージの種類
C:\ ブート 標準永続ディスク(HDD)
D:\ データベース バイナリ 標準永続ディスク(HDD)
E:\ データベース データファイル 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
L:\ データベース ログ 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
P:\ ページファイル 標準永続ディスク(HDD)
S:\ usr/sapsapmnt 標準永続ディスク(HDD)
T:\ データベースと SAP の一時ファイル 標準永続ディスク(HDD)
X:\ バックアップ 標準永続ディスク(HDD)

詳細については、SAP Best Practice Guide ASE をダウンロードしてください。

IBM Db2

次の表に、GCP の Db2 にデプロイされる SAP Business Suite の Linux ディレクトリ構造を示します。

Db2 の SAP Business Suite のディレクトリ構造 ストレージの種類
/sapmnt 標準永続ディスク(HDD)
/usr/sap 標準永続ディスク(HDD)
/db2/SAPSID 標準永続ディスク(HDD)
/db2/SAPSID/db2dump 標準永続ディスク(HDD)
/db2/SAPSID/sapdata1 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
/db2/SAPSID/saptmp1 標準永続ディスク(HDD)
/db2/SAPSID/log_dir 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
/db2backup 標準永続ディスク(HDD)

詳細については、SAP on IBM DB2 for Linux and Windows をご覧ください。

次の表に、GCP の Db2 にデプロイされる SAP Business Suite の Windows ディレクトリ構造を示します。このディレクトリ構造は中央サーバーに適用されます。

ドライブ 説明 ストレージの種類
C:\ ブート 標準永続ディスク(HDD)
D:\ データベース バイナリ 標準永続ディスク(HDD)
E:\ データベース データファイル 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
L:\ データベース ログ 標準永続ディスク(HDD)または SSD 永続ディスク
P:\ ページファイル 標準永続ディスク(HDD)
S:\ usr/sapsapmnt 標準永続ディスク(HDD)
T:\ データベースと SAP の一時ファイル 標準永続ディスク(HDD)
X:\ バックアップ 標準永続ディスク(HDD)

ディレクトリ構造の詳細については、SAP NetWeaver プランニング ガイドをご覧ください。

ページファイルのサイズ要件については、SAP Note 1518419: Page file and virtual memory required by the SAP system をご覧ください。

デプロイ

SAP Business Suite は、以下の技術コンポーネントから構成されています。

アプリケーション レイヤ:

  • ASCS - ABAP SAP セントラル サービス。以下のコンポーネントが含まれています。
    • メッセージ サーバー(MS): アプリケーション サーバー間の通信チャネルとして機能します。負荷分散も処理します。
    • エンキュー サーバー(ES): ロック メカニズムを制御します。
  • PAS - プライマリ アプリケーション サーバー。
    • SAP システムの最初または唯一のアプリケーション サーバー。
  • AAS - 追加のアプリケーション サーバー。
    • 通常、アプリケーション レベルの負荷分散用にデプロイされます。アプリケーション レイヤで高可用性を実現するため、複数の AAS をインストールできます。いずれかのアプリケーション サーバーが停止した場合、そのアプリケーション サーバーに接続しているユーザー セッションはすべて終了しますが、ユーザーは環境内の他の関連する AAS に再度ログインできます。
  • WD - Web ディスパッチャ(オプション)。
    • アプリケーションの種類に基づいて、HTTP / HTTPS リクエストを PAS または AAS に分散するインテリジェントなソフトウェア ロードバランサ。

現在、以下のデータベースは GCP 上の SAP Business Suite で稼働することが確認されています。

データベース レイヤ:

ASE

GCP では、Linux と Windows に次の方法で ASE をインストールできます。

  • 手動
  • Deployment Manager

SAP Business Suite のインストール方法については、SAP Business Suite installation documents をご覧ください。

Linux へのインストール方法については、SAP NetWeaver on Linux Deployment Guide をご覧ください。

Windows へのインストール方法については、SAP NetWeaver on Windows Deployment Guide をご覧ください。

IBM Db2

SAP は、GCP Compute Engine インスタンスの次のオペレーティング システムで IBM Db2 を実行することを認定しています。

  • SLES 12 SP2 以降
  • RHEL 7.4
  • Windows Server 2012 R2 以降

詳しくは、IBM Db2 Planning Guide for SAP NetWeaver をご覧ください。

GCP では、Linux と Windows に次の方法で IBM Db2 をインストールできます。

  • 手動
  • Deployment Manager

SAP Business Suite のインストール方法については、SAP Business Suite installation documents をご覧ください。

デプロイモデル

SAP Business Suite は、集中デプロイと分散デプロイのいずれかのモデルでデプロイできます。

集中デプロイ

集中デプロイでは、SAP Business Suite アプリケーションとデータベースを同じ Compute Engine インスタンスにインストールできます。サンドボックス環境や開発環境など、本番環境以外の環境では、この方法をおすすめします。

ASE

以下は、Linux 環境の ASE に集中デプロイモデルでデプロイする SAP Business Suite のリファレンス アーキテクチャです。SAP ASCS、PAS、ASE はすべて同じインスタンスにインストールされています。

次の図は、Windows 環境の ASE に集中デプロイモデルでデプロイした SAP Business Suite のリファレンス アーキテクチャです。SAP ASCS、PAS、ASE はすべて同じインスタンスにインストールされています。

SAP ASCS、PAS、SAP ASE は、Windows ドライブ ディレクトリを持つ単一の VM にインストールされます

Db2

次の図は、Linux 環境の IBM Db2 に集中デプロイモデルでデプロイされた SAP Business Suite のリファレンス アーキテクチャです。SAP ASCS、PAS、IBM Db2 はすべて同じインスタンスにインストールされています。

SAP ASCS、PAS、IBM Db2 は、Linux ディレクトリ構造を持つ単一の VM にインストールされます

次の図は、Windows 環境の IBM Db2 に集中デプロイモデルでデプロイされた SAP Business Suite のリファレンス アーキテクチャです。SAP ASCS、PAS、IBM Db2 はすべて同じインスタンスにインストールされています。

SAP ASCS、PAS、IBM Db2 は、Windows ドライブ ディレクトリを持つ単一の VM にインストールされます

分散デプロイ

分散デプロイでは、SAP Business Suite アプリケーションとデータベースを別々のインスタンスにインストールできます。本番環境や、トランザクション処理の負荷が高く、多くのコンピューティング能力を必要とする環境では、この方法をおすすめします。前述のデプロイメントで説明した SAP アプリケーション レイヤの各コンポーネントを異なるインスタンスにインストールできます。

また、ビジネス要件に合わせて、1 つ以上の追加のアプリケーション サーバー(AAS)をインストールすることもできます。

ASE

次の図は、分散デプロイモデルで ASE にデプロイされた SAP Business Suite のリファレンス アーキテクチャです。SAP ASCS、PAS、SAP ASE はすべて異なるインスタンスにインストールされています。

SAP ASCS、PAS、SAP ASE は、Linux ディレクトリ構造を持つ別々の VM にインストールされます

Db2

次の図は、分散デプロイモデルで IBM Db2 にデプロイされた SAP Business Suite のリファレンス アーキテクチャです。SAP ASCS、PAS、IBM Db2 LUW はすべて異なるインスタンスにインストールされています。

SAP ASCS、PAS、IBM Db2 は、Linux ディレクトリ構造を持つ別々の VM にインストールされます

負荷分散に関する注意事項

分散 SAP 環境では、最適なアプリケーションパ フォーマンスを達成するため、負荷分散の使用をおすすめします。また、SAP アプリケーション レイヤを使用して、アプリケーションの負荷分散を構成できます。

高可用性と障害復旧

高可用性(HA)と障害復旧(DR)は、障害が発生した場合のビジネス継続性を実現する技術、エンジニアリング プラクティス、設計原則から構成されます。このアプローチでは、単一障害点を排除して、システムまたはコンポーネントの停止後に運用を迅速に再開し、ビジネスの中断を最小限に抑えます。障害復旧は、障害が発生したコンポーネントが原因で停止した後に、オペレーションを復元し、再開することを意味します。

たとえば、次のような HA および DR ツールがあります。

アプリケーション サーバーの高可用性と障害復旧

システムの高可用性を確保するには、次のコンポーネントを検討します。

  • ABAP セントラル サービス(ASCS)
  • プライマリ アプリケーション サーバー(PAS)
  • SAP ASE または IBM Db2

アプリケーション サーバーの HA に関する考慮事項とデプロイ

  • ABAP SAP セントラル サービス(ASCS)の HA の設定は、少なくとも 2 つの SCS ノードから構成されます。プライマリ ノードはメッセージ サーバー(MS)とエンキュー レプリケーション サーバー(ERS)サービスを実行し、セカンダリ ノードは ERS のみを実行します。
  • ASCS インスタンスに接続するために VIP(仮想 IP)が設定されます。VIP は、フローティング IP アドレスとして設定されます。プライマリ ノードのフェイルオーバー中、SUSE クラスタがセカンダリ ノードをアクティブにします。また、VIP はセカンダリ ノードに移動するため、リクエストもセカンダリ ノードに送信されます。
  • 通常のシナリオでは、ASCS プライマリ ノードは常にメッセージ サーバーを実行し、セカンダリ ノードは常に ERS を実行します。
  • NFS ファイル システムは、NFS サーバーからプライマリおよびセカンダリ ASCS ノードにマウントされます。ASCS HA の設定方法と同様の設定を行い、NFS サーバー自体を高可用性に構成できます。
  • 以下の図は、次の 2 つのノードを表しています。

    • ノード 1 はプライマリ ノードで、ASCS-MS と ERS をホスティングします。
    • ノード 2 はセカンダリ ノードで、ERS をホスティングします。
    • 番号は、リクエスト フロー内の順序を表します。

      1. リクエストが VIP に届きます。
      2. リクエストがアクティブ ノード(下の図のノード 1)に送信されます。
      3. アクティブ ノードが NFS 共有に書き込みを行います。

1 つの VM がアクティブな ASCS と非アクティブな ERS をホストしています。別の VM が非アクティブな ASCS とアクティブな ERS をホストしています。VM ペア、ERS ペア、NFS にはそれぞれ独自の VIP があります

アプリケーション サーバーの DR に関する考慮事項とデプロイ

SAP Netweaver アプリケーション サーバーの DR ノードを使用するには、マウント ポイント /usr/sap/SID および /sapmnt/SID の下にファイルを復元します。これらのマウントとその基礎となるファイルをオフラインまたはオンラインでバックアップできますが、少なくとも 1 つの完全なオフライン バックアップを作成することをおすすめします。これにより、バックアップを使用して DR ノードを設定できます。Google のスナップショットを使用して、SAP ボリュームの永続ディスクをバックアップすることもできます。障害発生時には、これらの SAP ボリュームを任意のリージョンまたはゾーンに復元できます。詳細については、SAP NetWeaver 運用ガイドをご覧ください。

データベースの高可用性と障害復旧

ASE の高可用性

GCP 上の ASE では、プライマリ サーバーとスタンバイ サーバーの間で同期レプリケーションを構成することで HA と DR を実現できます。これにより、データを損失せずに 2 つのサーバーを常に同期できます。ASE の HA には 2 つのバージョンがあります。GCP では ASE の Always-On オプションがサポートされています。詳細については、SAP ASE プランニング ガイドをご覧ください。

プライマリ ホストとセカンダリ ホストには次のコンポーネントが必要です。

  • ASE
  • SAP Host Agent - サーバーによる CPU、メモリ、その他のリソースの使用状況をモニタリングします。
  • RMA - レプリケーション管理エージェント。
  • SAP ASE Cockpit - データベース アクティビティを実行します。
  • Fault Manager - Fault Manager には独自のホストサーバーがあり、プライマリ サーバーとスタンバイ サーバーをモニタリングします。Fault Manager は、自動フェイルオーバーを開始することで ASE の高可用性を維持します。Replication Management Agent、レプリケーション サーバー、アプリケーション、データベース、オペレーティング システムをモニタリングします。また、データベースの状態を確認し、必要に応じてデータベースを再起動します。

システムの可用性を向上させるために ASE クラスタを使用すると、プライマリ ノードの障害をモニタリングして、ワークロードをセカンダリ ノードに移動できます。次の図は、GCP に上記の ASE コンポーネントをインストールする方法を示すリファレンス アーキテクチャの概要です。

SAP ASE のプライマリ インスタンスとセカンダリ インスタンスは別々の VM にインストールされます。データは 2 つのインスタンス間で同期的に複製されます。

ASE の障害復旧

障害復旧システムは 2 つの ASE サーバーで構成されています。1 つはプライマリ サーバーで、すべてのトランザクションを処理します。もう 1 つはスタンバイ サーバーとして機能します。DR モードでは、非同期レプリケーションによりプライマリ サーバーからスタンバイ サーバーにデータが複製されます。プライマリ サーバーに障害が発生すると、スタンバイ サーバーが手動または自動でプライマリ サーバーに昇格します。DR の設定で非同期レプリケーション モードを使用することをおすすめします。

SAP ASE の DR の重要なコンポーネントは ASE の HA と同じです。前のセクションのリストをご覧ください。

次の図は、ASE の障害復旧のフローを示しています。

プライマリ SAP ASE インスタンスは、VM 上の 1 つのゾーンにインストールされます。セカンダリ インスタンスは別のゾーンの VM にインストールされます。データは 2 つのインスタンス間で同期的に複製されます。

SAP ASE 用に認定されているオペレーティング システムの詳細については、SAP Note 2537664、ASE 16.0 certification report for GCP をご覧ください。

IBM Db2 の高可用性と障害復旧

GCP は、IBM Db2 の Always-on 高可用性をサポートしています。SAP は、GCP 上でほとんどの IBM Db2 の機能をサポートしています。ただし、次の機能は現在サポートしていません。

  • Db2 の HA と DR
  • マルチパーティションの Db2 データベース
  • IBM Db2 pureScale 機能

詳細については、IBM Db2 Planning Guide for SAP NetWeaver をご覧ください。

バックアップとリカバリ

システム クラッシュ、データ破損などの問題が発生した場合に復旧できるように、アプリケーション サーバーとデータベースのバックアップを定期的に作成する必要があります。

アプリケーション レイヤのバックアップ

スナップショットを使用すると、永続ディスクにアプリケーション レイヤのバックアップを作成できます。SAP Netweaver Suite のルートディスクと SAP バイナリをバックアップできます。整合性のあるスナップショットを取得するには、最初に SAP NetWeaver を停止し、その後でデータベースによるファイル システムへの書き込みを停止する必要があります。

次の図に、アプリケーション レイヤのバックアップのスナップショットを示します。

永続ディスクの SAP アプリケーション データのスナップショット(完全と増分)

SAP ASE のバックアップと復元

dbbackup ユーティリティを使用すると、SAP ASE データベースのバックアップと復元を行うことができます。Google のストレージをバックアップ ファイルとトランザクション ログファイルのバックアップ先として使用できます。詳細については、SAP ASE Database Backup Utility をご覧ください。

SAP ASE データベースには、いくつかのオプションとコマンドが用意されています。これにより、完全リカバリまたはポイントインタイム リカバリを実行して、バックアップからデータベースまたはトランザクション ログを完全に復元できます。詳細については、SAP Note 1611715、How to restore an SAP ASE database server (Windows)SAP ASE Database Backup Utility をご覧ください。

次の図に、ASE バックアップのスナップショットを示します。

永続ディスクの SAP ASE データのスナップショット(完全と増分)

IBM Db2 のバックアップと復元

IBM Db2 データベースはオンラインまたはオフラインでバックアップできます。

  • オンライン モード - バックアップ中でもユーザーは作業を継続できます。
  • オフライン モード - データベースは完全にシャットダウンされます。バックアップ中、ユーザーは作業を行うことができません。

バックアップ プロセスは、データベースのパーティション数によって異なります。

単一パーティション データベース

この構成では、ユーザー db2dbsid としてデータベース サーバーにログインし、バックアップを行います。

次のコマンドを実行します。

$db2 backup db DBSID

マルチパーティション データベース

ユーザー db2dbsid としてデータベース サーバーにログインします。

次のコマンドを実行します。

$db2 "backup db DBSID on ALL DBPARTITIONNUMS …"

また、IBM 提供の DBA Cockpit ツールを使用して、データベースのバックアップを行うこともできます。

詳しくは、IBM Db2 Database Backup Method をご覧ください。

復元

IBM Db2 の復元では、正常なバックアップからデータベースを復元します。最新の履歴ファイルには、バックアップ イメージとログファイルに関するすべての情報が含まれています。このため、データベースの復元の成否はこの履歴ファイルにアクセスできるかどうかによって決まります。

RECOVER コマンドを使用して、バックアップから復元します。

  1. ユーザー db2dbsid または sapsidadm としてデータベース サーバーにログインします。
  2. 次のコマンドを実行します。
$ db2 RECOVER DB DBSID

特定の時点から復元するには:

  1. ユーザー db2dbsid または sapsidadm としてデータベース サーバーにログインします。
  2. 次のコマンドを実行します。
$ DB2 RECOVER DB DBSID to local time on the database server

詳細については、IBM Db2 Database Recovery method をご覧ください。

次の図に、Db2 バックアップのスナップショットを示します。

永続ディスクの IBM Db2 データのスナップショット(完全と増分)

デプロイ前に確認が必要な SAP Note

SAP システムを GCP にデプロイする前に、計画している構成に関連する SAP Notes を次のリストから探してご確認ください。SAP 製品の導入を始める前に、SAP Marketplace で最新の製品インストール ガイドとリリースノートを必ずご確認ください。

ASE または IBM Db2 のインストールの詳細については、以下のページをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...