SAP NetWeaver の Windows デプロイの概要

このガイドでは、Compute Engine 仮想マシン(VM)、オペレーティング システム、永続ストレージなど、SAP NetWeaver を GCP 上で実行するために必要な Google Cloud Platform(GCP)リソースをデプロイし、構成する方法について説明します。

Windows Server オペレーティング システムで SAP NetWeaver を実行している場合は、このガイドを使用します。Linux で SAP NetWeaver を実行する必要がある場合は、SAP NetWeaver on Linux デプロイガイドをご覧ください。

GCP リソースをデプロイして構成したら、ご使用の SAP NetWeaver バージョンとデータベース サーバーに該当する SAP のドキュメントに従って、GCP に SAP NetWeaver をインストールします。詳しくは、SAP ヘルプポータルで SAP NetWeaver の説明をご覧ください。

デプロイ方法

SAP NetWeaver 用の GCP リソースは、次のいずれかの方法でデプロイします。

  • Cloud Deployment Manager。デプロイ プロセスを自動化します。
  • Google Cloud Platform Console または gcloud コマンドライン ツール。リソースを手動で定義します。

システムをより速く、より少ないエラーでデプロイできるため、Deployment Manager の使用をおすすめします。構成ファイルのテンプレートにリソース オプションを定義して保存します。これにより、デプロイごとにリソースを再定義しなくても、同じまたは類似の構成を一貫してデプロイできます。

デプロイを Deployment Manager テンプレートよりも細かく制御する必要がある場合は、GCP リソースを手動で定義します。

いずれの場合も、次のものが必要です。

  • GCP プロジェクトで Compute Engine リソースの作成、変更、削除を行うために必要な権限のある Google アカウント。役割と権限の詳細については、Compute Engine の役割をご覧ください。
  • GCP プロジェクト
  • GCP で定義されたネットワークとサブネットワーク
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...