マテリアライズド ビューの削除

マテリアライズド ビューを削除します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

Java

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.bigquery.BigQuery;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryException;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryOptions;
import com.google.cloud.bigquery.TableId;

// Sample to delete materialized view
public class DeleteMaterializedView {

  public static void main(String[] args) {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String datasetName = "MY_DATASET_NAME";
    String materializedViewName = "MY_MATERIALIZED_VIEW_NAME";
    deleteMaterializedView(datasetName, materializedViewName);
  }

  public static void deleteMaterializedView(String datasetName, String materializedViewName) {
    try {
      // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
      // once, and can be reused for multiple requests.
      BigQuery bigquery = BigQueryOptions.getDefaultInstance().getService();

      TableId tableId = TableId.of(datasetName, materializedViewName);

      boolean success = bigquery.delete(tableId);
      if (success) {
        System.out.println("Materialized view deleted successfully");
      } else {
        System.out.println("Materialized view was not found");
      }
    } catch (BigQueryException e) {
      System.out.println("Materialized view was not found. \n" + e.toString());
    }
  }
}

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import bigquery

bigquery_client = bigquery.Client()

view_id = "my-project.my_dataset.my_materialized_view"
# Make an API request to delete the materialized view.
bigquery_client.delete_table(view_id)

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索および条件付き検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。