GoogleCloud のオペレーション スイートの料金

Google Cloud のオペレーション スイートの料金は、お客様が使用量と費用を管理しやすいように設定されています。Google Cloud のオペレーション スイート プロダクトは、データの量または使用量によって課金されます。無料のデータ使用量割り当てを使用して、前払い料金やコミットメントなしで利用を開始できます。

以下の各表は、Cloud Logging、Cloud Monitoring、Cloud Trace の料金情報をまとめたものです。

Cloud Logging の料金概要

特徴 料金1 毎月の無料割り当て量
Logging ストレージ* $0.50/GiB;
インデックス登録、クエリ、分析のためにログバケット ストレージにログをストリーミングする場合の 1 回限りの料金。ログバケット内の最大 30 日分のストレージが含まれます。ログデータのクエリと分析には追加料金は発生しません。
毎月プロジェクトごとに最初の 50GiB
ロギングの保持 30 日を超えて保持されたログについては、1 か月で GiB あたり $0.01。保持に応じて月単位で請求されます。 デフォルトの保持期間に保持されたログに保持費用は発生しません。
ログルーター 追加料金なし 該当なし
ログ分析 追加料金なし 該当なし
*  ストレージ ボリュームでは、インデックス登録前にログエントリの実際のサイズをカウントします。 _Required ログバケットに保存されているログには、ストレージ料金は発生しません。
_Required ログバケットに保存されているログの保持料金はかかりません。このログバケットは 400 日の固定保持期間です。
  ログ ルーティングは、Cloud Logging API を介して受信したログをサポートされている宛先に転送するように定義されます。転送されたログに宛先料金が適用される場合があります。
  ログバケットをアップグレードしてログ分析を使用したり、[ログ分析] ページから SQL クエリを発行したりしても、料金は発生しません。
注: Cloud Logging の料金の文言が 2023 年 7 月 19 日に変更されましたが、無料割り当てとレートに変更はありません。請求書に旧料金の文言が記載されている場合があります。

Cloud Monitoring の料金概要

特徴 料金 毎月の無料割り当て量 発効日
すべての Monitoring データ
Managed Service for Prometheus を使用して取り込まれたデータを除く
$0.2580/MiB1: 最初の 150 ~ 100,000 MiB
$0.1510/MiB: 次の 100,000 ~ 250,000 MiB
$0.0610/MiB: 250,000 MiB 超
課金対象外のすべての Google Cloud 指標
取り込まれたバイト数で課金される指標の請求先アカウントごとに最初の 150 MiB
2018 年 7 月 1 日
Google Cloud Managed Service for Prometheus を使用して取り込まれた指標( GKE コントロール プレーンの指標を含む) サンプルあたり 0.06 ドル: 最初の 0 ~ 500 億サンプルの取り込み
$0.048 / 100 万サンプル: 取り込まれる次の 50 ~ 2,500 億サンプル
$0.036/100 万サンプル: 取り込まれる次の 2,500 ~ 5,000 億サンプル
100 万サンプルあたり $0.024: 5,000 億サンプル以上:
該当なし 2023 年 8 月 8 日
Monitoring API 呼び出し 1,000 ごとに $0.01 の読み取り API 呼び出し
(書き込み API 呼び出しは無料)
請求先アカウントごとの最初の 100 万回の読み取り API 呼び出し 2018 年 7 月 1 日
PromQL を使用するアラート ポリシー。 PromQL を使用するアラート ポリシーの使用は、プレビュー リリース中は課金されません。一般提供リリースにおけるこれらのポリシーの使用料金は、今後決定されます。 未定 未定
Monitoring 稼働時間チェックの実行 $0.30/1,000 回の実行 Google Cloud プロジェクトあたり 100 万回の実行 2022 年 10 月 1 日
合成モニターのモニタリングの実行 $1.20/1,000 回の実行* 請求先アカウントごとに 100 回まで実行 2023 年 11 月 1 日
  Google Cloud Managed Service for Prometheus は、外部で作成された指標データに Cloud Monitoring ストレージを使用し、そのデータを取得するために Monitoring API を使用します。Managed Service for Prometheus は、Prometheus の規則に合わせて、バイト数ではなく取り込まれたサンプルに基づいて測定を行います。サンプルベースの測定の詳細については、管理可能かつ予測可能な料金をご覧ください。計算例については、取り込まれたサンプル数に基づく料金の例をご覧ください。
#  サンプルは請求先アカウントごとにカウントされます。
  実行は、定義された請求先アカウントに課金されます。詳細については、 稼働時間チェック実行の料金をご覧ください。
*  実行は、定義された請求先アカウントに課金されます。 実行のたびに、Cloud Functions、Cloud Storage、Cloud Logging などのサービスを含む他の Google Cloud サービスから追加料金が発生することがあります。これらの追加料金の詳細については、各 Google Cloud サービスの料金に関するドキュメントをご覧ください。

Cloud Trace の料金概要

機能 料金 毎月の無料割り当て量 発効日
Trace での取り込み 100 万スパンごとに $0.20 最初の 250 万スパン 2018 年 11 月 1 日

Google Cloud のオペレーション スイート プロダクトの費用の詳細については、このページの以下のセクションをご覧ください。

GKE Enterprise の料金については、GKE Enterprise をご覧ください。

使用状況の確認

現在の使用状況を確認するには、Google Cloud コンソールの Cloud Billing レポートページに移動します。

Cloud Billingに移動

現在の使用状況データに基づき、料金計算ツールを使用して、請求額を見積もることができます。

たとえば、すべての Compute Engine VM インスタンス が、1 か月あたり 10 GiB課金対象のログ20 MiB課金対象の指標を生成する場合の料金構成を考えてみましょう。 料金計算ツールを使用することで、Cloud Monitoring と Cloud Logging の推定費用を確認できます。

1 VM 10 個の VM 100 VM 1,000 VM
1 か月あたりの指標費用 $0.00 $12.90 $477.30 $5,121.30
1 か月あたりの Logging 費用 $0.00 $25.00 $475.00 $4,975.00
合計費用: $0.00 $37.90 $952.30 $10,096.30

請求アラートの構成

請求可能な料金または予測料金が予算を超えた場合に通知を受け取るには、Google Cloud コンソールの [予算とアラート] ページでアラートを作成します。

  1. Google Cloud コンソールに移動するか、次のボタンをクリックします。

    Google Cloud コンソールに移動

  2. Console のナビゲーション メニュー を開き、[お支払い] を選択します。複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。
    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を設定する対象のアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [予算とアラート] を選択します。
  4. [ 予算を作成] をクリックします。
  5. 予算ダイアログに入力します。このダイアログでは、Google Cloud のプロジェクトとサービスを選択し、その組み合わせに対する予算を作成します。デフォルトでは、予算の 50%、90%、100% に達すると通知が送られます。詳細については、予算と予算アラートの設定をご覧ください。

Cloud Logging

ログバケットは、ログデータを格納する Logging コンテナです。Logging では、_Default ログバケットとユーザー定義のログバケットに保存されているログデータのボリュームが毎月の無料割り当てを超えると、その量に対して課金されます。_Default ログバケットとユーザー定義のログバケットの場合、デフォルトの保持期間(30 日)を超えてログが保持された場合にも Logging が課金されます。

ログの転送、Cloud Logging API の使用、_Required ログバケット(400 日の固定保持期間)に保存されたログについては、Logging の追加料金は発生しません。

このセクションでは、次のトピックについて説明します。

料金情報の概要については、Cloud Logging の料金の概要をご覧ください。

データ保持期間など Logging の使用に適用される上限については、割り当てと上限をご覧ください。

Cloud Logging の使用状況データを確認して理解するには、請求の見積もりをご覧ください。

Cloud Logging ストレージ モデル

Google Cloud プロジェクトごとに、Logging によって 2 つのログバケット(_Required_Default)が自動的に作成されます。この 2 つのバケットに対して、Logging は _Required_Default という名前のログシンクを自動的に作成し、対応する名前のログバケットにログをルーティングします。_Required シンクの無効化や変更はできません。_Default シンクを無効にするか、変更することで、_Default バケットに新しいログが保存されないようにできます。

任意の Google Cloud プロジェクトにユーザー定義のログバケットを作成できます。Google Cloud 組織内の Google Cloud プロジェクト間でも、任意の組み合わせのログをこれらのログバケットにルーティングするようにシンクを構成することもできます。

_Default ログバケットとユーザー定義のログバケットには、カスタム保持期間を構成できます。

ログバケットをアップグレードして、ログ分析を使用できます。ログ分析を使用するためにログバケットをアップグレードしても料金はかかりません。

Cloud Logging のバケットとシンクの詳細については、ルーティングとストレージの概要をご覧ください。

ストレージの料金

Logging は、_Required バケットに保存されているログに対しては課金されません。_Required バケットの削除や、_Required シンクの変更はできません。_Required バケットには、次のログが保存されます。

Logging では、合計ボリュームが毎月の無料割り当てを超えると、_Default ログバケットとユーザー定義のログバケットに保存されているインデックス付きログデータに対して課金されます。_Default ログバケットまたはユーザー定義のログバケットにログエントリを書き込むたびに、ストレージ割り当てにカウントされます。たとえば、ログエントリを 3 つのログバケットにルーティングするシンクがある場合、そのログエントリは 3 回保存されます。

保持料金

次の表に、ログバケットに保存されているログのデータ保持期間を示します。

ログバケット デフォルトの保持期間 カスタム保持
_Required 400 日 構成不可
_Default 30 日 構成可能
ユーザー定義 30日 構成可能

Logging では、ログがデフォルトの保持期間より長く保持されている場合、保持料金が発生します。_Required ログバケットの保持期間は構成できません。ログバケットのデフォルトの保持期間のみログが保存される場合、保持費用はかかりません。

ログバケットの保持期間を短縮すると、7 日間の猶予期間があり、期限切れのログは削除されません。期限切れのログに対してクエリや表示を行うことはできません。ただし、この 7 日間は、ログバケットの保持期間を延長することで完全アクセス権を復元できます。猶予期間中に保存されたログは、保持費用にカウントされます。

ログエントリを複数のログバケットにルーティングすると、ストレージと保持の費用が複数回請求される可能性があります。たとえば、ログエントリを _Default ログバケットとユーザー定義のログバケットにルーティングするとします。また、両方のバケットに 30 日を超えるカスタム保持期間を構成しているとします。この構成では、2 つのストレージ料金と 2 つの保持料金が発生します。

ログストレージを削減する

Logging では、シンクで除外フィルタを構成することで、ログエントリを手動で識別し、ログバケットに保存されないように除外できます。除外フィルタを使用すると、ストレージ費用を削減できます。また、Cloud Logging からログをルーティングするかどうかも検討できます。

除外フィルタは、フィルタに一致するすべてのログエントリを削除することも、フィルタに一致するログの一部のみを削除することもできます。ログエントリがシンクの除外フィルタと一致する場合、そのシンクはログエントリを宛先にルーティングしません。そのため、宛先はログエントリを取り込みません。除外されたログエントリは、ストレージ割り当てにはカウントされません。除外フィルタの設定手順については、ログの除外をご覧ください。

ログバケットに保存されていないログへのアクセスを保持するには、ログシンクを使用して、Cloud Logging からサポートされている宛先にログエントリを転送することもできます。Cloud Logging では、ログの転送は無料です。ただし、ログを受信する Google Cloud サービスでは使用量に対して課金されます。詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

Cloud Logging からログを転送する方法については、サポートされている宛先にログを転送するをご覧ください。

ログベースの指標の料金

システム定義のログベースの指標は、すべての Google Cloud プロジェクトに提供され、課金対象外です。

ユーザー定義のログベースの指標は、Cloud Monitoring カスタム指標のクラスであり、課金対象です。料金の詳細については、課金対象指標をご覧ください。

詳しくは、ログベースの指標の概要をご覧ください。

取り込まれた月間ログバイト数に関するアラート ポリシーを作成する

ログバケットに書き込まれたログバイト数が Cloud Logging のユーザー定義の上限を超えたときにトリガーされるアラート ポリシーを作成するには、次の設定を使用します。

[New condition]
フィールド

リソースと指標 [リソース] メニューで、[グローバル] を選択します。
[指標カテゴリー] メニューで、[ログベースの指標] を選択します。
[指標] メニューで、[取り込みログバイト数の月間合計] を選択します。
フィルタ なし
時系列全体
時系列集計
sum
ローリング ウィンドウ 60 m
ローリング ウィンドウ関数 max
アラート・トリガーの構成
フィールド

条件タイプ Threshold
アラート トリガー Any time series violates
しきい値の位置 Above threshold
しきい値 許容値を決定します。
再テスト ウィンドウ 最小許容値は 30 分です。

Cloud Monitoring

Monitoring では、以下に対して料金が発生します。

  • 取り込まれたバイト数で測定された指標(指標の取り込み量が毎月の無料の割り当て量を超過した場合)。

    課金対象外の指標は、割り当て上限の対象には含まれません。

  • 取り込まれたサンプル数で測定された指標。

  • 毎月の無料 API 割り当てを超えた Cloud Monitoring API 読み取り呼び出し。

    Monitoring API の書き込み呼び出しには、割り当て上限が適用されません。

  • 稼働時間チェックの実行。

  • 合成モニターの実行。

Monitoring における取り込みとは、Monitoring に時系列を書き込むプロセスを指します。各時系列には、いくつかのデータポイントが含まれており、そうしたデータポイントが取り込み料金の基礎になります。料金について詳しくは、Cloud Monitoring の料金をご覧ください。

このセクションでは、次の情報を提供します。

最新の料金情報については、Cloud Monitoring の料金をご覧ください。

Monitoring の使用に適用される上限については、割り当てと上限をご覧ください。

現在の使用状況を確認するには、次のいずれかを行います。

  • Google Cloud コンソールのナビゲーション パネルで [お支払い] を選択します。

    [お支払い] に移動

  • Google Cloud コンソールのナビゲーション パネルで、[Monitoring] を選択してから、[設定] を選択します。

    Monitoring の [設定] に移動

現在の使用状況データに基づき、請求額を見積もることができます。

課金対象外の指標

Google Cloud、GKE Enterprise、Knative の指標データは課金対象外です。課金対象外(無料)の指標には、以下のものが含まれます。

課金対象の指標

すべての指標データ(課金対象外の指標セクションに記載された指標を除く)は、課金対象です。ほとんどの指標の取り込みでは、バイト数で課金されますが、サンプル数で課金されるものもあります。こうした料金モデルについては、以降のセクションで説明します。

取り込みの費用に影響する要因は次のとおりです。

  • 指標によって収集されるデータポイント(スカラー値または分布値)の型。

    • 特定の指標タイプに関連付けられたデータ型の詳細については、指標の一覧をご覧ください。
    • スカラーデータ型と分布データ型の詳細については、値の型をご覧ください。
  • 時系列に書き込まれるデータポイントの数。この値は、データをサンプリングする頻度とデータのカーディナリティによって異なります。カーディナリティによって、指標とモニタリング対象リソースタイプの組み合わせに対して生成される時系列の数が決まります。詳細については、カーディナリティをご覧ください。

時系列を構成する指標とリソースラベルの値は課金されません。

取り込まれたバイト数で課金される指標

次の指標は、取り込まれたバイトの数に応じて課金され、料金が設定されます。

料金計算に使用される取り込み量は、次のように計算されます。

  • スカラーデータ型の場合: 時系列に書き込まれるデータポイントごとに 8 バイト。ユーザー定義のログベースのカウンタ指標は、このカテゴリに分類されます。
  • 分布データ型の場合: 時系列に書き込まれるデータポイントごとに 80 バイト。

時系列のデータポイントの詳細については、時系列: モニタリング対象リソースからのデータをご覧ください。

取り込まれたサンプル数によって課金される指標

次の指標は、取り込まれたサンプルの数に応じて課金され、料金が設定されます。

料金計算に使用されるサンプル数は、次のように計算されます。

  • スカラーデータ型の場合: 時系列に書き込まれるポイントごとに 1。
  • 分布データ型の場合: 時系列に書き込まれるポイントごとに 2 と、ゼロ以外のカウントを持つヒストグラム バケットごとに 1。

時系列のデータポイントの詳細については、時系列: モニタリング対象リソースからのデータをご覧ください。

指標の取り込み量に関するアラート

1 か月あたりの指標の取り込み量に基づいてアラートを作成することはできません。ただし、Cloud Monitoring の費用に対してアラートを作成することは可能です。詳細については、請求アラートの構成をご覧ください。

取り込まれたバイト数に基づく料金の例

次の例では、取り込みバイト数で課金される指標の、指標データを収集するコストの見積もりを得る方法を示します。この例は、計算方法を説明するためのものです。包括的な見積もりには、料金計算ツールを使用してください。このツールにアクセスする場合は、Google Cloud のオペレーション スイート プロダクトを使って、指標、ロギング、トレースのデータを入力してください。

基本的なシナリオ: 複数のモニタリング対象リソース(Compute Engine、Google Kubernetes Engine、App Engine など)が、複数の指標からデータを毎月書き込んでいます。

各シナリオにおける可変要素としては次のものが挙げられます。

  • リソースの数
  • 指標の数
  • 指標が Google Cloud 指標であるかどうか
  • 指標データの書き込みレート

このセクションの例では、2020 年 7 月現在の Monitoring の料金を使用しています。

共通する背景情報

次の料金の例では、取り込まれる各指標データポイントの型が double、int64、または bool という前提です。料金計算では 8 バイトとしてカウントされます。1 か月は 730 時間(365 日 ÷ 12 か月 × 24 時間)、つまり 43,800 分とします。

1 データポイントのレートで 1 か月間データを書き込む 1 つの指標の場合:

  • 合計データポイント数: 43,800
  • 取り込まれる総量:
    • 350,400 バイト(43,800 データポイント × 8 バイト)
    • 0.33416748 MiB(350,400 バイト ÷ 1,048,576 バイト/MiB)

1 データポイントのレートで 1 か月間データを書き込む 1 つの指標の場合:

  • 合計データポイント数: 730
  • 取り込まれる総量:
    • 5,840 バイト(730 データポイント × 8 バイト)
    • 0.005569458 MiB(5,840 バイト ÷ 1,048,576 バイト/MiB)

シナリオ 1: 1,000 個のリソースがあり、それぞれが 75 個の指標を書き込んでいます。これらは Google Cloud 指標のみで、1 分あたり 1 データポイントのレートで書き込んでいます。

  • 1 か月の取り込み量: 25,063 MiB = 0.33416748 MiB(指標 1 つ分)× 75,000(1,000 リソース × 75 指標)
  • 1 か月のおよその費用: $0.00(無料分の Google Cloud 指標)
取り込み量(MiB) 単価($/MiB) 費用($)
上限なし 0.00 $0.00
合計 25,063 $0.00

シナリオ 2: 1,000 個のリソースがあり、それぞれが 75 個のカスタム指標を書き込んでいます。これらは課金対象の指標で、毎分 1 データポイントのレートで書き込んでいます。

  • 1 か月の取り込み量: 25,063 MiB(上に同じ)
  • 1 か月のおよその費用: $6,427.55
取り込み量(MiB) 単価($/MiB) 費用($)
150 0.00 $0.00
24,913 0.258 $6,427.55
合計 25,063 $6,427.55

シナリオ 3: 1,000 個のリソースがあり、それぞれが 75 個のカスタム指標を書き込んでいます。 これらは課金対象の指標で、毎 1 データポイントのレートで書き込んでいます。

  • 1 か月の取り込み量: 418 MiB = 0.005569458 MiB(指標 1 つ分)× 75,000
  • 1 か月のおよその費用: $69.14
取り込み量(MiB) 単価($/MiB) 費用($)
150 0.00 $0.00
267 0.258 $69.14
合計 417 $69.14

シナリオ 4: 1 つのリソースが 500,000 個の指標を書き込んでいます。これらは課金対象の指標で、それぞれ毎分 1 データポイントのレートで書き込んでいます。

  • 1 か月の取り込み量: 167,084 MiB = 0.33416748 MiB(指標 1 つ分)× 500,000
  • 1 か月のおよその費用: $35,890.98
取り込み量(MiB) 単価($/MiB) 費用($)
150 0.00 $0.00
99,850 0.258 $25,761.30
67,084 0.151 $10,129.68
合計 167,084 $35,890.98

管理と予測が可能な料金

Managed Service for Prometheus の料金は、制御可能に設計されています。サンプル単位で課金されるため、次の手段を使用して費用を管理できます。

  • サンプリング期間: 指標取得期間を 15 秒から 60 秒に変更することで、カーディナリティを犠牲にすることなく 75% のコスト削減を実現できます。サンプリング期間は、ジョブ単位、ターゲット単位、または全体に対して構成できます。

  • フィルタリング: フィルタリングを使用して、サービスのローバル データストアに送信されるサンプルの数を減らすことができます。詳細については、エクスポートされた指標のフィルタリングをご覧ください。Prometheus スクレイピング構成で指標の再ラベル付け構成ファイルを使用し、ラベルマッチャーに基づいて取り込み時に指標を削除します。

  • カーディナリティが高く価値の低いデータをローカルに保持する。同じ scape 構成ファイルを使用して、マネージド サービスとともに標準の Prometheus を実行し、サービスのグローバル データストアに送信する価値のないデータをローカルに保持できます。

Managed Service for Prometheus の料金は、予測可能になるように設計されています。

  • まばらなヒストグラムがペナルティの対象になることはありません。サンプルは、最初のゼロ以外の値についてのみカウントされ、つづいてバケットn の値がバケットn-1 内の値よりも大きい場合にカウントされます。たとえば、値が 10 10 13 14 14 14 のヒストグラムでは、1 つ目、3 つ目、4 つ目のバケットで 3 つのサンプルとしてカウントされます。

    使用するヒストグラムの数と用途に応じて、変更されていないバケットを料金から除外すると、請求の対象としてカウントされるサンプル数が、ヒストグラム バケットの絶対数が示す数よりも 20~40% 少なくなることがあります。

  • サンプルごとに課金することで、HPA や GKE Autopilot によって作成されたような、迅速にスケールされたコンテナや、スケールされないプリエンプティブル(エフェメラル)コンテナに対してペナルティが科されることはありません。

    Managed Service for Prometheus が指標単位で課金される場合、新しいコンテナが起動されるたびに、1 か月分のカーディナリティに対して一度に課金されます。サンプル単位の料金設定では、コンテナの実行中にのみ料金が発生します。

クエリ(アラートクエリを含む)

Google Cloud コンソールから発行されたクエリは課金されません。Prometheus 記録ルールの実行時に発行されたクエリを含め、ユーザーが発行した他のすべてのクエリは、Cloud Monitoring API 呼び出しによって課金されます。現在の料金については、Managed Service for Prometheus の料金または Monitoring の料金の概要表をご覧ください。

取り込まれたサンプル数に基づく料金の例

以降の例では、取り込まれたサンプル数によって課金される指標を収集する費用を見積もる方法を示します。Google Cloud Managed Service for Prometheus では、サンプルベースの課金が使用されます。

以下の例は、課金データを示すものではなく、計算手法を示すことを目的としています。

次のような簡単なシナリオを想定します。各月で複数の時系列にまたがって書き込みを行うコンテナかポッドがあるとします。そのデータはスカラー値や分布で構成されています。

各シナリオにおける可変要素としては次のものが挙げられます。

  • コンテナまたはポッドの数。
  • 時系列の数。
  • データがスカラー値、分布、またはその両方のいずれかで構成されているか。
  • データの書き込みレート

サンプルのカウント

料金を見積もるには、サンプルをカウントする方法を把握する必要があります。値としてカウントされるサンプル数は、以下によって異なります。

  • 値はスカラーなのか分布なのか
  • 値の書き込み速度

このセクションでは、毎月の請求期間で時系列に書き込まれるサンプルの数を見積もる方法について説明します。

1 か月は、約 730 時間(365 日 ÷ 12 か月 × 24 時間)、すなわち 43,800 分あるいは 2,628,000 秒とします。

時系列がスカラー値を書き込む場合は、各値が 1 つのサンプルとしてカウントされます。1 か月間に書き込まれるサンプルの数は、値が書き込まれる頻度のみによって決定されます。以下の例を考えてみましょう。

  • 15 秒ごとに書き込まれる値の場合:
    • 書き込み速度: 1 値 / 15 秒 = 1 サンプル / 15 秒
    • 1 か月あたりのサンプル数: 175,200(1 サンプル / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
  • 60 秒ごとに書き込まれる値の場合:
    • 書き込み速度: 1 値 / 60 秒 = 1 サンプル / 60 秒
    • 1 か月あたりのサンプル数: 43,800 (1 サンプル / 60 秒* 2,628,000 秒 / 月)

時系列が分布値を書き込む場合、各値には 2 + n サンプルを含めることができます。ここで、n はヒストグラムのバケットの数です。1 か月に書き込まれるサンプルの数は、ヒストグラムのバケット数と、値が書き込まれる頻度によって決まります。

たとえば、50 バケットのヒストグラムの各インスタンスには 52 個のサンプルを含めることができます。値が 60 秒ごとに 1 回書き込まれる場合、50 バケットのヒストグラムで 1 か月あたり最大 2,277,600 個のサンプルが書き込まれます。ヒストグラムに 100 個のバケットがあり、60 秒ごとに 1 回書き込まれる場合、各ヒストグラムには 102 個のサンプルが含まれ、月あたり最大 4,467,600 個のサンプルが書き込まれます。

ほとんどの分布時系列には、最大数に満たないサンプルが含まれます。実際には、20%~40% のヒストグラム バケットが空になります。まばらなヒストグラム(Istio によって生成されたものなど)を持つユーザーでは、この割合がさらに高くなります。

料金のサンプルをカウントする際には、空でない値を持つバケットのみが含まれます。ヒストグラムあたりのサンプルの最大数は 2 + n です。バケットの 25% が空の場合、サンプルの予想数は 1 ヒストグラムあたり 2 + .75n です。バケットの 40% が空の場合、サンプルの予想数は 1 ヒストグラムあたり 2 + .60n です。

次の計算と概要の一覧では、サンプルの最大数と、より現実的に予測されるサンプル数を示します。

  • 15 秒ごとに 50 バケットのヒストグラム値が書き込まれる場合:

    • 書き込み速度: 1 値 / 15 秒
    • 最大サンプル数:
      • ヒストグラムあたり: 52
      • 1 か月あたり: 9,110,400(52 × 1 値 / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(25% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 39.5(2 + 0.75(50))、すなわち 2 +(50 - 12.5)
      • 1 か月あたり: 6,920,400(39.5 × 1 値 / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(40% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 32(2 + 0.6(50)、すなわち 2 +(50 - 20))
      • 1 か月あたり: 5,606,400(32 × 1 値 / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
  • 60 秒ごとに 50 バケットのヒストグラム値が書き込まれる場合:

    • 書き込み速度: 1 値 / 60 秒
    • 最大サンプル数:
      • ヒストグラムあたり: 52
      • 1 か月あたり: 2,277,600(52 × 1 値 / 60 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(25% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 39.5(2 + 0.75(50))、すなわち 2 +(50 - 12.5)
      • 1 か月あたり: 1,730,100(39.5 × 1 値 / 60 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(40% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 32(2 + 0.6(50)、すなわち 2 +(50 - 20))
      • 1 か月あたり: 1,401,600(32 × 1 値 / 60 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
  • 15 秒ごとに 100 バケットのヒストグラム値が書き込まれる場合:

    • 書き込み速度: 1 値 / 15 秒
    • 最大サンプル数:
      • ヒストグラムあたり: 102
      • 1 か月あたり: 17,870,400(102 × 1 値 / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(25% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 77(2 + 0.75(100)、すなわち 2 +(100 - 25))
      • 1 か月あたり: 13,490,400(77 × 1 値 / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(40% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 62(2 + .6(100)、すなわち 2 +(100 - 40))
      • 1 か月あたり: 10,862,400(62 × 1 値 / 15 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
  • 60 秒ごとに 100 バケットのヒストグラム値が書き込まれる場合:

    • 書き込み速度: 1 値 / 60 秒
    • 最大サンプル数:
      • ヒストグラムあたり: 102
      • 1 か月あたり: 4,467,600(102 × 1 値 / 60 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(25% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 77(2 + 0.75(100)、すなわち 2 +(100 - 25))
      • 1 か月あたり: 3,372,600(77 × 1 値 / 60 秒 × 2,628,000 秒 / 月)
    • 期待されるサンプル数(40% が空の場合)
      • ヒストグラムあたり: 62(2 + .6(100)、すなわち 2 +(100 - 40))
      • 1 か月あたり: 2,715,600 (62 × 1 値 / 60 秒 × 2,628,000 秒 / 月)

上記のことをまとめると、次の表のようになります。

バケット数 書き込みレート 1 か月あたりのサンプル数
(最大)
1 か月あたりのサンプル数
(25% が空)
1 か月あたりのサンプル数
(40% が空)
50 1 サンプル / 15 秒 9,110,400 6,920,400 5,606,400
50 1 サンプル / 60 秒 2,277,600 1,730,100 1,401,600
100 1 サンプル / 15 秒 17,870,400 13,490,400 10,862,400
100 1 サンプル / 60 秒 4,467,600 3,372,600 2,715,600

料金を見積もるには、1 か月の間に書き込まれたサンプルの数を数え、料金の値を適用します。サンプルは、次のように段階的な範囲に応じて 100 万単位で請求されます。

取り込み範囲 Managed Service for Prometheusでは 範囲の最大値
最大 500 億(50,000 百万) $0.06/100 万 $3,000.00
500 億~2,500 億(250,000 百万) $0.048/100 万 9,600.00 ドル
2,500 億~ 5,000 億(50 万) $0.036/100 万 $9,000.00
5,000 億(500,000 百万)以上 $0.024/100 万  

このセクションの残りの部分では、考えられるシナリオについて説明します。

シナリオ 1: 100 個のコンテナがあり、それぞれが 1,000 個のスカラー時系列を書き込みます。

パターン A: 各時系列が 15 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 15 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は 17,520,000,000(175,200 サンプル / 月 × 1,000 時系列 × 100 コンテナ)、すなわち 17,520 百万となります。

パターン B: 各時系列が 60 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 60 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は 4,380,000,000(43,800 サンプル / 月 × 1,000 時系列 × 100 コンテナ)、すなわち 4,380 百万となります。

どちらの場合もサンプル数は 50,000 万未満であるため、最初のレートのみが適用されます。他の料金のサンプルは課金されません。

バリアント 取り込まれたサンプル 取り込み範囲 Managed Service for Prometheus
($0.06、$0.048、$0.036、$0.024)
A(1 サンプル/15 秒)



合計
17,520 百万



17,520 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$1,051.20



$1,051.20
B(1 サンプル/60 秒)



合計
43 億 8,000 万



43 億 8,000 万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$262.80



$262.80

シナリオ 2: 1,000 個のコンテナがあり、それぞれが 1,000 個のスカラー時系列を書き込みます。

パターン A: 各時系列が 15 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 15 秒)、1 か月あたりの書き込みサンプル数は 175,200,000,000(175,200 百万)です。

  • 最初の 50,000 百万のサンプルは、1 段目のレートで課金されます。
  • 残りの 125,200 百万のサンプルは、2 段目のレートで課金されます。
  • 他のレートで請求されるサンプルはありません。

パターン B: 各時系列が 60 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 60 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は、43,800,000,000(43,800 百万)です。この月間の値は 50,000 百万サンプル未満のため、1 段目のレートのみが適用されます。

バリアント 取り込まれたサンプル 取り込み範囲 Managed Service for Prometheus
($0.06、$0.048、$0.036、$0.024)
A(1 サンプル/15 秒)



合計
50,000 百万
125,200 百万


175,200 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$3,000.00
$6,009.60


$9,009.60
B(1 サンプル/60 秒)



合計
43,800 百万



43,800 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$2,628.00



$2,628.00

シナリオ 3: 100 個のコンテナがあり、それぞれが 1,000 個の 100 バケット分布の時系列を書き込みます。バケットの 25% は、空になることが予想されます。

パターン A: 各時系列が 15 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 15 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は 1,349,040,000,000(13,490,400 サンプル / 月 × 1,000 時系列 × 100 コンテナ)、すなわち 1,349,040 百万となります。

  • 最初の 50,000 百万のサンプルは、1 段目のレートで課金されます。
  • 次の 200,000 百万のサンプルは、2 段目のレートで課金されます。
  • 次の 250,000 サンプルには、3 番目のレートで課金されます。
  • 残りの 749,040 百万サンプルは、第 4 のレートで課金されます。

パターン B: 各時系列が 60 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 60 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は 337,260,000,000(3,372,600 サンプル / 月 × 1,000 時系列 × 100 コンテナ)、すなわち 337,260 百万となります。

  • 最初の 50,000 百万のサンプルは、1 段目のレートで課金されます。
  • 次の 200,000 百万のサンプルは、2 段目のレートで課金されます。
  • 残りの 87,260 百万のサンプルは、3 段目のレートで課金されます。
バリアント 取り込まれたサンプル 取り込み範囲 Managed Service for Prometheus
($0.06、$0.048、$0.036、$0.024)
A(1 サンプル/15 秒)



合計
50,000 百万
200,000 百万
250,000 百万
749,040 百万
1,349,040 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$3,000.00
$9,600.00
$9,000.00
$17,976.96
$39,576.96
B(1 サンプル/60 秒)



合計
50,000 百万
200,000 百万
87,260 百万

337,260 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$3,000.00
$9,600.00
$3,141.36

$15,741.36

シナリオ 4: 1,000 個のコンテナがあり、それぞれが 10,000 個の 100 バケット分布の時系列を書き込みます。バケットの 40% は、空になることが予想されます。

パターン A: 各時系列が 15 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 15 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は 108,624,000,000,000(10,862,400 サンプル / 月 × 10,000 時系列 × 1,000 コンテナ)、すなわち 108,624,000 百万となります。

  • 最初の 50,000 百万のサンプルは、1 段目のレートで課金されます。
  • 次の 200,000 百万のサンプルは、2 段目のレートで課金されます。
  • 次の 250,000 サンプルには、3 番目のレートで課金されます。
  • 残りの 1 億 8,124,000 サンプルは 4 番目のレートで課金されます。

パターン B: 各時系列が 60 秒ごとに書き込まれる場合(1 サンプル / 60 秒)、1 か月に書き込まれるサンプル数は 27,156,000,000,000(2,715,600 サンプル / 月 × 10,000 時系列 × 1,000 コンテナ)、すなわち 27,156,000 百万となります。

  • 最初の 50,000 百万のサンプルは、1 段目のレートで課金されます。
  • 次の 200,000 百万のサンプルは、2 段目のレートで課金されます。
  • 次の 250,000 サンプルには、3 番目のレートで課金されます。
  • 残りの 26,656,000 サンプルは、第 4 のレートで課金されます。
バリアント 取り込まれたサンプル 取り込み範囲 Managed Service for Prometheus
($0.06、$0.048、$0.036、$0.024)
A(1 サンプル/15 秒)



合計
50,000 百万
200,000 百万
250,000 百万
108,124,000 百万
108,624,000 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$3,000.00
$9,600.00
$9,000.00
$2,594,976.00
$2,616,576.00
B(1 サンプル/60 秒)



合計
50,000 百万
200,000 百万
250,000 百万
26,656,000 百万
27,156,000 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$3,000.00
$9,600.00
$9,000.00
$639,744.00
$661,344.00

シナリオ 5: 以下があるとします。

  • 1,000 個のコンテナがあり、それぞれが 15 秒ごとに 1,000 個のスカラー時系列を書き込みます。1 か月あたりの書き込みサンプル数は、175,200,000,000(175,200 百万)です。(シナリオ 2、パターン A)

  • 1,000 個のコンテナ。それぞれが 15 秒ごとに 10,000 個の 100 バケット分布の時系列を書き込みます。バケットの 40% は、空になることが予想されます。 1 か月あたりの書き込みサンプル数は、108,624,000,000,000(108,624,000 百万)です。(シナリオ 4、パターン A)

1 か月の総サンプル数は、108,799,200 百万(175,200 百万 + 108,624,000 百万)です。

  • 最初の 50,000 百万のサンプルは、1 段目のレートで課金されます。
  • 次の 200,000 百万のサンプルは、2 段目のレートで課金されます。
  • 次の 250,000 サンプルには、3 番目のレートで課金されます。
  • 残りの 1 億 8,299,200 サンプルは 4 番目のレートで課金されます。
バリアント 取り込まれたサンプル 取り込み範囲 Managed Service for Prometheus
($0.06、$0.048、$0.036、$0.024)
2A + 4A



合計
50,000 百万
200,000 百万
250,000 百万
108,299,200 百万
108,799,200 百万
最大 5,000 億回
最大 2,500 億回
最大 50 億回
5 億回超
$3,000.00
$9,600.00
$9,000.00
$2,599,180.80
$2,620,780.80

稼働時間チェック実行の料金(発効日: 2022 年 10 月 1 日)

Monitoring では、100 万実行の毎月の無料割り当てを超えて、稼働時間チェックのリージョン実行ごとに課金されます。3 つのリージョンで実行されるチェックは、3 回の実行としてカウントされます。

稼働時間チェックの実行の費用は、1,000 回の実行ごとに $0.30 です。料金は、「稼働時間チェックのモニタリング」の SKU「CA14-D3DE-E67F」として請求書に記載されます。

次の例は、稼働時間チェックの実行にかかる費用を見積もる方法を示しています。これらの例は計算方法を説明することを目的としており、課金データを提供するものではありません。

稼働時間チェックの実行回数をカウントする

稼働時間チェックの費用を見積もるには、1 か月あたりのリージョン実行の数を把握する必要があります。Monitoring では、1,000 回の実行ごとに $0.30 が課金されます。毎月 100 万回の実行の無料割り当てがあります。

稼働時間チェックの費用を見積もるには、次の計算を使用します。

(EXECUTIONS_PER_MONTH - 1,000,000) * .0003

稼働時間チェックごとに、実行回数は以下の構成の選択によって異なります。

  • 稼働時間チェックの実行頻度(1 分、5 分、10 分、15 分ごと)。

  • 稼働時間チェックが実行されるリージョンの数。

  • 稼働時間チェックが構成されているターゲットの数。単一の VM に稼働時間チェックが構成されている場合、ターゲットの数は 1 です。リソース グループに対して稼働時間チェックが構成されている場合、ターゲットの数はグループ内のリソースの数になります。

稼働時間チェックを構成するときに、稼働時間チェックのロケーションを指定します。各ロケーションは 1 つ以上のリージョンにマッピングされます。次の表に、稼働時間チェックの有効なロケーションと、稼働時間チェックがマッピングされるリージョンを示します。

稼働時間チェック構成のロケーション Google Cloud リージョンを含む
ASIA_PACIFIC asia-southeast1
EUROPE europe-west1
SOUTH_AMERICA southamerica-east1
USA us-central1us-east4us-west1
GLOBAL 他のロケーションに含まれるすべてのリージョン

少なくとも 3 つのリージョンで実行されるように稼働時間チェックを構成する必要があります。

稼働時間チェックの実行回数を見積もるには、稼働時間チェックのロケーションの対象となるリージョンの数を把握する必要があります。

  • ASIA_PACIFICEUROPESOUTH_AMERICA にはそれぞれ 1 つのリージョンが含まれます。
  • USA には 3 つのリージョンがあります。
  • GLOBAL には 6 つのリージョンがあります。

1 か月は約 730 時間(365 日 ÷ 12 か月 × 24 時間)つまり 43,800 分です。

  • USA で 1 分に 1 回実行するように構成された稼働時間チェックが 3 つのリージョンで実行されます。1 つの VM をチェックするようにこの稼働時間チェックが構成されている場合、この稼働時間チェックは 1 か月に 131,400 回(3 × 43,800)実行されます。10 人のメンバーを含むリソース グループをチェックするようにチェックが構成されている場合、稼働時間チェックは 1 か月に 1,314,000 回(10 × 131,400)実行されます。

  • ASIA_PACIFICEUROPEUSA で 1 分に 1 回実行するように構成された稼働時間チェックが 5 つのリージョンで実行されます。1 つのターゲットに構成されている場合、この稼働時間チェックは 1 か月に 219,000 回実行されます。

次の表は、リージョンの数ごとに異なる頻度で実行するように構成された 1 つの稼働時間チェックの 1 時間ごとと月ごとの実行数を示しています。

チェックの実行頻度(1 回ごと):
地域数
1 時間あたりの
実行数(ターゲットごと)
ターゲットあたりの
月間実行数
1 分 3
4
5
6
180
240
300
360
131,400
175,200
219,000
262,800
5 分 3
4
5
6
36
48
60
72
26,280
35,040
43,000
52,660
10 分 3
4
5
6
18
24
30
36
13,140
17,520
21,900
26,280
15 分 3
4
5
6
12
16
20
24
8,760
11,680
14,600
17,520

料金を見積もるには、月間の合計実行回数を求め、1,000,000 を引きます。残りの実行は 1,000 回の実行ごとに $0.30 として課金されるため、残りの実行の数に 0.0003 を掛けます。

(EXECUTIONS_PER_MONTH - 1,000,000) * .0003

シナリオ 1: ロケーション USA に 1 つの稼働時間チェックがあり、1 分に 1 回 1 つの VM をチェックします。このチェックは 3 つのリージョンで実行されます。このチェックは 1 か月に 131,400 回実行され、費用はかかりません。

月間実行数の合計
課金対象の月間実行数
(1,000,000 超)
費用
(1,000 回の実行ごとに $0.30)
13 万 1,400 人 0 $0.00

シナリオ 2: ロケーション USA に 1 つの稼働時間チェックがあり、10 人のメンバーからなるリソース グループを 1 分に 1 回チェックしています。このチェックは 3 つのリージョンで実行されます。このチェックは 1 か月に 10 × 131,400 回実行され、費用は月額 $94.20 です。このシナリオとシナリオ 1 の唯一の違いは ターゲットの数です

月間実行数の合計
課金対象の月間実行数
(1,000,000 超)
費用
(1,000 回の実行ごとに $0.30)
1,314,000 件(10 件) 31 万 4,000 人 9,420 円

シナリオ 3: 10 個の GLOBAL 稼働時間チェックがあり、それぞれが 1 分に 1 回 1 個の VM をチェックします。これらのチェックは 6 つのリージョンで実行されるため、各チェックは 1 か月に 262,800 回実行されます。1 か月の合計実行数は 2,628,000(10 × 262,800)です。このシナリオでは月額 $488.40 です。

月間実行数の合計
課金対象の月間実行数
(1,000,000 超)
費用
(1,000 回の実行ごとに $0.30)
2,628,000 1,628,000 48,840 円

シナリオ 4: ロケーション USA に 5 つの稼働時間チェックがあり、5 分ごとに 1 つの VM をチェックします。これらのチェックは 3 つのリージョンで実行されるため、各チェックは 1 か月に 26,280 回実行されます。このチェックセットの月間合計実行数は 105,120 です(4 × 26,280)。

また、15 分ごとに 1 つの VM をチェックする GLOBAL 稼働時間チェックが 2 つあります。これらのチェックは 6 つのリージョンで実行されるため、各チェックは 1 か月に 17,520 回実行されます。このチェックセットの月間合計実行数は 35,040(2 × 17,520)です。

月間実行の合計数は 140,160(105,120 + 35,040)になります。このシナリオには費用は発生しません。

月間実行数の合計
課金対象の月間実行数
(1,000,000 超)
費用
(1,000 回の実行ごとに $0.30)
140,160 0 $0.00

合成モニター実行の料金(発効日: 2023 年 11 月 1 日)

Cloud Monitoring では、請求先アカウントごとの 1 か月あたり 100 回の実行の無料割り当て量を超えて、合成モニターの実行ごとに課金されます。たとえば、3 つの合成モニターを作成し、それぞれを 5 分ごとに実行するように構成した場合、1 か月あたりの合計実行数は 26,784 になります。

Number of executions per month =  3 synthetic monitors * 1 execution per monitor per 5 minutes *
                                  1440 minutes per day * 31 days per month
                               =  26,784

課金対象の実行の数を決定するには、実行の合計数から無料割り当てを引き、その結果に費用を掛けます。

月間実行数の合計
課金対象の月間実行数
(請求先アカウントあたり 100 件以上)
費用
(1,000 回の実行あたり $1.20)
2 万 6,784 2 万 6,684 3,202 円

Error Reporting

最新の料金情報については、Error Reporting の料金をご覧ください。

Error Reporting の使用に適用される上限については、割り当てと上限をご覧ください。

Cloud Profiler

Cloud Profiler の使用に伴う費用は発生しません。

Profiler の使用に適用される上限については、割り当てと上限をご覧ください。

Cloud Trace

Trace では、取り込まれ、スキャンされたトレーススパンの数を基に課金されます。レイテンシ データが Trace に送信されると、そのデータはtraceスパンで構成されたtraceトレースとしてパッケージ化され、そのスパンが Cloud Trace バックエンドによって取り込まれますtrace。トレースデータを表示すると、保存されたスパンが Cloud Trace によってスキャンされます。 このセクションでは、次の情報を提供します。

  • 課金対象と課金対象外のトレーススパンを定義します。
  • 料金の例を提示します。
  • トレーススパンの取り込みを削減する方法について説明します。
  • トレーススパンの取り込みがしきい値に達した場合に通知できるアラート ポリシーの設定について説明します。

最新の料金情報については、Cloud Trace の料金をご覧ください。

Trace の使用に適用される上限については、割り当てと上限をご覧ください。

現在または過去の使用状況を表示する方法については、請求の見積もりをご覧ください。

課金対象外のトレーススパン

Cloud Trace の料金は、App Engine スタンダードCloud FunctionsCloud Run で自動生成されたスパンには適用されません。これらのトレースの取り込みは課金対象外です。

課金対象のトレーススパン

課金対象のトレースというセクションに記載されているスパンを除くすべてのトレーススパンの取り込みは課金対象となり、取り込まれる量に応じて課金されます。これには、App Engine スタンダード アプリケーションに追加したインストルメンテーションによって作成されたトレーススパンが該当します。

料金の例

この例では 2020 年 7 月現在の Trace の料金を使用しています。

  • 1 か月で 200 万スパンを取り込む場合、費用は $0 です(月間に取り込まれる最初の 250 万スパンは無料です)。
  • 1 か月で 1,400 万スパンを取り込む場合、費用は $2.30 です(月間の最初の 250 万スパンは無料です。それを超えるスパンの費用を計算すると、1,150 万スパン × $0.20/100 万スパン = $2.30 となります)。
  • 1 か月で 10 億スパンを取り込む場合、費用は $199 です(月間の最初の 250 万スパンは無料です。それを超えるスパンの費用を計算すると、9 億 9,750 万スパン × $0.20/100 万スパン = $199.50 となります)。

トレース使用量の削減

トレーススパンの取り込み量を管理するには、トレースのサンプリング レートを管理して、パフォーマンス分析に必要なトレース量と許容される費用の間でバランスを取るようにします。

トラフィックの多いシステムでは、多くの場合、トランザクションの 1/1,000(場合によっては 1/10,000)をサンプリングするだけで、パフォーマンス分析を行うのに十分な情報を得られます。

サンプリング レートの構成は、Cloud Trace クライアント ライブラリを使用して行います。

取り込みスパン数の月間合計に関するアラート

取り込まれた Cloud Trace スパンの月間合計が、ユーザー定義の上限を超えたときにトリガーされるアラート ポリシーを作成するには、次の設定を使用します。

[New condition]
フィールド

リソースと指標 [リソース] メニューで、[グローバル] を選択します。
[指標カテゴリー] メニューで、[お支払い] を選択します。
[指標] メニューで、[Monthly trace spans ingested] を選択します。
フィルタ
時系列全体
時系列集計
sum
ローリング ウィンドウ 60 m
ローリング ウィンドウ関数 max
アラート・トリガーの構成
フィールド

条件タイプ Threshold
アラート トリガー Any time series violates
しきい値の位置 Above threshold
Threshold value 許容値を決定します。
再テスト ウィンドウ 最小許容値は 30 分です。

GKE Enterprise

GKE Enterprise のシステムログと指標は無料です。

GKE on VMware クラスタでは、GKE Enterprise のシステムログと指標には次のものが含まれます。

  • 管理クラスタ内のすべてのコンポーネントのログと指標
  • ユーザー クラスタ内の次の名前空間のコンポーネントのログと指標: kube-systemgke-systemgke-connectknative-servingistio-systemmonitoring-systemconfig-management-systemgatekeeper-systemcnrm-system

よくある質問

無料で使用できるプロダクトの機能はありますか?

Google Cloud のオペレーション スイート プロダクトの使用はデータ容量に応じて課金されます。このページで説明されているデータ容量の費用を除き、Google Cloud の他のオペレーション スイート プロダクトの機能はすべて無料で使用できます。

料金を教えてください。

費用の見積もりについては、請求の見積もりをご覧ください。

課金についてご不明な点がございましたら、課金に関する質問をご覧ください。

使用量の詳細を把握する方法を教えてください。

Metrics Explorer を使用すると、ログや指標の数値を細かいレベルまで掘り下げて把握できます。詳細については、Metrics Explorer での詳細な使用状況の表示をご覧ください。

費用の管理方法については、次のブログ投稿をご覧ください。

指標のスコープの請求への影響

ほとんどの場合、指標のスコープは請求には影響しません。ログと指標は、データを受信する Google Cloud プロジェクトで課金されます。プロジェクトの指標スコープは、表示およびモニタリングできる指標があるプロジェクトのコレクションを定義します。指標スコープを定義する際に、どのプロジェクトで指標データを受信するかに影響されることはなく、データの重複を招くこともありません。

たとえば、組織に 100 台の仮想マシン(VM)があるとします。60 台の VM が Project-A でホストされ、40 台の VM が Project-B にあります。Project-A はその VM の指標を受け取って保存し、指標が課金対象の場合は課金されます。同様に、Project-B はその VM の指標を受け取って保存し、指標が課金対象の場合は課金されます。Project-A と Project-B を含む指標スコープを作成する場合、100 台の VM を組み合わせた指標を表示できます。現在は、Project-A の指標のみ、Project-B の指標のみ、または組み合わせた指標を表示できるようになりました。Project-A の指標を 2 通りの方法で表示できるようになりましたが、請求される料金に変更はありません。

AWS アカウントをモニタリングする場合は、AWS コネクタ プロジェクトを作成して AWS アカウントを Google Cloud に接続する必要があります。AWS アカウントのログデータとモニタリング データはコネクタ プロジェクトで保持されます。

無料の割り当て量を上回るとどうなりますか?

無料割り当て量を超える使用量に対しては、自動的に課金されます。 ログや指標が失われることはありません。発生する可能性のある費用について詳しくは、請求の見積もりをご覧ください。

アラート ポリシーを作成して使用状況をモニタリングし、料金のしきい値に近づいたら通知を受け取ることができます。

プロジェクトに使用しない Google Cloud ログが大量に存在します。これらのログの使用料金が心配です。使用料金が課金されないようにする方法を教えてください。

ログを除外すると、Logging に取り込まれるログを制御できます。詳しくは、ログ使用量の削減をご覧ください。

ログが除外されている場合、プロジェクトにログを送信しているサービスはエラーを受信しますか?

いいえ。ログエントリを送信するサービスが、Logging にログエントリが取り込まれるかどうかを確認することはできません。

Virtual Private Cloud のフローログでは請求が二重に行われるのでしょうか?

VPC フローログを Logging に送信する場合、VPC フローログの生成料金は不要となり、Logging の料金のみが適用されます。ただし、送信した VPC フローログを Logging から除外すると、VPC フローログの料金が適用されます。詳細については、Google Cloud 料金計算ツールを使用してから、[Cloud Load Balancing and Network Services] というタブを選択してください。

1 料金計算では、すべての単位がバイナリ測定として扱われます。たとえば、メビバイト(MiB、または 220バイト)または、ギビバイト(GiB、または 230バイト)などです。

2 1 分あたり最大 1 データポイントで測定される Google Cloud 指標または GKE Enterprise 指標は無料です。現在の最高精度です。将来的には、これより細かな単位で測定される指標に対して料金が発生する可能性があります。

3 現在、プロセス指標は、事前に定義されたデフォルトのレート(1 分ごと)で収集されていますが、これを変更することはできません。通常、このデータはゆっくりと変化するため、現在これらの指標はオーバーサンプリングされています。したがって、指標を 20 分間隔でサンプリングする場合は、標準レートの 5% でプロセス指標を請求すれば標準レートと一致します。これらの指標から 100 MiB のデータを収集するユーザーは、5 MiB のみが請求対象になります。

次のステップ

カスタム見積もりをリクエストする

Google Cloud の従量制課金では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
お問い合わせはこちら