割り当てと上限

このページでは、Cloud Logging の使用量上限について詳しく説明します。

Logging の使用量上限

カテゴリ 最大値
ログエントリのサイズ 256 KB1
ログエントリ ラベルキーの長さ 512 B2
ログエントリ ラベルキーの長さ 64 KB2
エクスポート シンクの数 Cloud プロジェクトごとに 200 個
除外クエリの数 1 シンクあたり 50 件
ログバケットの数 Cloud プロジェクトごとに 10 個
ログビューの数 1 バケットあたり 10 件

1 このおおよその上限値は、実際の REST API リクエスト サイズではなく内部データサイズに基づいています。

2 Cloud Logging は、関連するログエントリが書き込まれる際に、サイズ超過のラベルキーと値を切り捨てます。

Logging API の割り当てと上限

カテゴリ 最大値
API の使用 割り当てを表示するには、API ダッシュボードにアクセスし、API をクリックして [割り当て] を選択します。
API ページトークンの存続時間 24 時間
Cloud プロジェクトあたりのオープンなライブ テーリング セッション数 10
1 分間に返されるライブ テーリング エントリ数 60,000
entries.write リクエストのサイズ 10 MB
entries.write API 呼び出し回数 Cloud プロジェクト1あたり毎分 120,000 回
entries.list API 呼び出し回数 Cloud プロジェクトごとに 1 秒あたり 1 回
1 つの entries.list API 呼び出しにおける Cloud プロジェクトなどのリソース名の数 100

1 ログは entries.write 呼び出しが行われた後に除外されるため、ログの除外を使用してもこの数は減少しません。

Cloud Logging API の割り当て引き上げのリクエスト

Google Cloud Console を使用して以下のとおり Logging API 上限の引き上げをリクエストできます。

  1. [割り当て] ページで、チェックボックスを使用して [Cloud Logging API] を選択し、[割り当てを編集] をクリックします。

    チェックボックスをオンにするには、プロジェクトで課金を有効にする必要があります。

  2. [割り当てを編集] パネルで、[名前]、[メール]、[電話番号] などの詳細をフォームに入力し、[次へ] をクリックします。

  3. [割り当てを編集] パネルで、サービスを選択してビューを展開し、そのサービスの割り当てを編集して、目的の上限に設定します。[完了] をクリックします。

  4. [リクエストを送信] をクリックします。

このページに記載されている他の上限は変更できません。

詳細については、割り当ての操作をご覧ください。

ログベースの指標

ユーザー定義のログベースの指標の使用には、次の上限が適用されます。

カテゴリ 最大値
指標あたりのラベルの数 10
ラベル値の長さ 1,024 B
ラベルの説明の長さ 800 B
指標記述子の長さ 8,000 B
Cloud プロジェクトあたりの指標記述子の数 500
指標あたりのアクティブな時系列1の数 30,000
1 カスタム分布指標あたりのヒストグラム バケット 200

1 過去 24 時間以内に時系列にデータポイントが書き込まれた場合、その時系列はアクティブです。

ログの保持期間

Cloud Logging の保持期間は、バケットに含まれるログの種類や、別の場所からコピーされたかどうかにかかわらず、ログバケットに適用されます。保持に関する情報は次のとおりです。

ログバケット デフォルトの保持期間 カスタム保持
_Required 400 日 構成不可
_Default 30日 構成可能
ユーザー定義 30日 構成可能

_Default とユーザー定義のログバケットについては、1~3,650 日の範囲でログを保持するように Cloud Logging を構成できます。保持ルールの設定については、カスタム保持の構成をご覧ください。