指標、時系列、リソース

Cloud Monitoring は、アプリケーションとシステム サービスのパフォーマンスの理解に役立つ測定を収集します。これらの測定の収集を一般的に指標といいます。モニタリング対象のアプリケーションとシステム サービスは、モニタリング対象リソースといいます。

Monitoring では、Google Cloud、AWS、さまざまなサードパーティ ソフトウェアのモニタリング用に 1,500 種類の指標を使用できます。完全なセットは、指標リストをご覧ください。まだ定義されていないものは、自分で作成することもできます。

100 種類のモニタリング対象リソースを使用できます。最新のリストについては、モニタリング対象リソースの一覧をご覧ください。

概要

このページでは、Cloud Monitoring のモニタリング データのモデルについて説明します。これは、次の 3 つの主要なコンセプトで構成されています。

  • モニタリング対象リソースタイプ
  • 指標タイプ
  • 時系列

このページでは、これらの各コンセプトとその関連性について説明します。これらのコンセプトが初めての場合は、ここから始めてください。

これらのコンセプトについて詳しくは、指標モデルのコンポーネントをご覧ください。

これらのコンセプトと Cloud Monitoring API へのマッピング方法については、時系列の構造をご覧ください(特に Monitoring API またはカスタム指標を使用する場合)。

Cloud Monitoring の指標モデル

指標とは、モニタリング対象リソースの属性の関連する測定値のセットです。測定には、サービスへのリクエストのレイテンシ、マシンで使用可能なディスク容量、SQL データベース内のテーブル数、販売されたウィジェット数などが含まれます。リソースには、仮想マシン(VM)、データベース インスタンス、ディスクなどがあります。

Cloud Monitoring の指標の一般的な概念には、次の 3 つの主要なコンポーネントが含まれます。

  • 測定のソースに関する情報。
  • プロパティ値のタイムスタンプ付き測定のセット。
  • 測定されるプロパティの値に関する情報。

たとえば、店舗で販売されたウィジェットの数をトラッキングするとします。モデルのコンポーネントは、次の方法でこの例にマッピングされています。

  • 測定のソース

    指標モデルは、モニタリング対象の各リソースに関する情報を記録します。取得される特定の情報は、モニタリング対象のリソースのタイプによって異なります。地理的な場所、メソッド名、ディスク ID など、測定のソースになる可能性のものが含まれます。

    リソース情報には、プロジェクト、ロケーション、メソッドなどの情報が含まれます。

    モニタリング データのソースはモニタリング対象リソースといいます。

    例: ウィジェット販売の例では、モニタリング対象リソースはウィジェットを販売するショップです。

  • 測定

    指標モデルは、プロパティの測定を、タイムスタンプ値で構成されるデータポイントのセットとして取得します。

    値は、タイムスタンプ付きの値の配列として収集されます。

    値は通常、数値ですが、測定対象によって異なります。

    例: ウィジェット販売の例では、測定はその時点での販売情報を記録します。このような測定は次のようになります。

    [(150, 2019-05-23T17:37:00-04:00),
     (229, 2019-05-23T17:38:00-04:00),
     (138, 2018-05-23T17:39:00-04:00),
     ...]
  • 値に関する情報

    測定値は、その解釈方法に関する情報がないと意味がありません。各測定のデータ型、単位、種類など、値に関する以下の「型」情報が必要です。

    • 値は整数または文字列のどちらか。
    • 値は時速またはラジアンのどちらで表されるか。
    • 値はその時点での合計か、前の値からの変化を表すか。

    値に関する情報には、データ型などの情報が含まれます。

    Cloud Monitoring は、指標タイプの測定対象に関する一連の特性を呼び出します。

    例: ウィジェット販売の例では、この情報から次のことがわかります。

    • 各値は 64 ビット整数として記録されます。
    • 各値は、販売されたウィジェットの数を表します。
    • 各値は、最後に記録された測定以降に販売されたウィジェットの数を表します。

時系列: コンポーネントをまとめる

Cloud Monitoring では、このモデルの基礎となるデータ構造は時系列です(単数形と複数形は同じです)。

各時系列には、次の 3 つのコンポーネントのモデルが含まれます。

  • データの収集元であるモニタリング対象リソースの説明。
  • 単一のモニタリング対象リソースに関連付けられる、タイムスタンプ付きの値のセット。
  • 測定対象を記述する指標タイプの説明。

時系列のコンポーネント: データポイント、型情報、リソース情報。

例: ウィジェット販売の例では、時系列に以下が含まれます。

  • この時系列でカウントされたウィジェットを販売したショップの説明。
  • このショップについて記録されたタイムスタンプ付きの値のセット。
  • 値の説明: 前に記録された値以降に販売されたウィジェットの数を測定する 64 ビット整数。

1 つの Cloud Monitoring 指標タイプまたはモニタリング対象リソースタイプを、多数の関連する時系列に関連付けることができます。ウィジェット販売の例では、ウィジェットを販売する各ショップは時系列にデータを保存するため、ウィジェットを販売するショップが 15 ある場合は、ウィジェット販売を記録する時系列は 15 あることになります。

次のステップ