指標の一覧

Cloud Monitoring の指標タイプは、データを収集するサービスのタイプに基づき、一般的グループに分類されます。このページでは、各グループの参照リストへのリンクを示します。

Google Cloud サービスの指標:

Cloud Monitoring エージェント、Cloud Logging エージェント、Amazon Web Services、オープンソース、サードパーティ製アプリケーションの指標:

  • エージェント指標(Monitoring エージェント、Logging エージェントを実行する VM インスタンス用)

  • AWS 指標(Amazon Redshift や Amazon CloudFront などの Amazon Web Services 用)

  • Knative 指標(Knative コンポーネント用)

  • 外部指標(オープンソース アプリケーション、サードパーティ アプリケーション用)

リストについて

指標タイプのリストは、頻繁に再生成され、タイムスタンプが付けられます。各指標タイプの情報は、各指標タイプの Monitoring API MetricDescriptorオブジェクトからリストとして取得されます。指標タイプの説明については、指標、時系列、リソースをご覧ください。

リリース ステージ

各指標タイプには、成熟度を示すリリース ステージがあります。リリース ステージを指定すると、次のような指標タイプの後色のついた上付き文字がに表示されます: GABETAALPHAEARLY_ACCESSDEPRECATED上付き文字が表示されない場合、起動ステージは指定されていません。詳細については、プロダクトのリリース ステージをご覧ください。

アルファ版または早期アクセスのリリース ステージの指標タイプは、指標の一般公開リストに表示されない場合があります。これらの指標タイプに関する情報を取得するには、制限付き指標タイプを使用する権限のある Google Cloud プロジェクトから指標記述子のセットを取得します。制限付き指標タイプを使用する権限がある場合は、Monitoring API の metricDescriptors.list メソッドを使用して指標記述子を取得できます。詳細については、指標記述子の一覧表示をご覧ください。

料金

Cloud Monitoring は一部の指標に対して課金されます。詳細については、料金: Monitoring の詳細ワークスペースをご覧ください。

追加情報: メタデータ

各指標タイプの説明には、指標に関する「メタデータ」と呼ばれる追加情報が含まれる場合があります。説明に含まれるメタデータ:

  • サンプル期間: 定期的に書き込まれる指標の場合、これは連続するデータポイント間の時間間隔です(エラーによるデータ損失を除く)。その期間が表示できる場合は、説明文の最後に「x 秒間隔でサンプリング」という形式の文で表示されます。

  • 取り込みの遅延: この値より古いデータポイントが読み取り可能な状態になります(エラーによるデータ損失を除く)。遅延には、次のサンプリング期間までの待機時間は含まれません。遅延は、「サンプリング後、データは最大 y 秒間表示されません」という形式の文で説明テキストの最後に表示されます。

始めに