Metrics Explorer

Metrics Explorer を使用すると、プロジェクトで収集された指標のアドホック グラフを作成できます。Metrics Explorer で作成したグラフはダッシュボードに保存できますが、Metrics Explorer を使用して、ダッシュボードで必ずしも必要のないデータを検索することもできます。また、グラフの URL を作成してグラフを共有することもできます。

次のスクリーンショットは、[Metrics Explorer] ページでグラフ化された指標を示しています。

Metrics Explorer を使用してグラフ化される指標

[Metrics Explorer] ページは、次の 2 つの主要な領域で構成されています。

  • 2 つのタブが含まれる構成領域:
    • [Metric] タブを使用して、調査対象の指標を選択します。このタブには、指標セレクタの UI が表示されます。
    • [View options] タブを使用して、グラフの表示特性を変更します。このタブには、グラフ構成用の UI が表示されます。
  • 選択した指標を表示するグラフ。

Metrics Explorer の場所

Metrics Explorer を起動するには、Stackdriver Console で [Resources] > [Metrics Explorer] の順に選択します。

[Metrics Explorer] ページに移動

共有コンポーネントとドキュメント

[Metrics Explorer] ページのコンポーネントは、複数の場所で使用されます。たとえば、ダッシュボードに追加するグラフを作成するために使用する [Add Chart] ページは、Metrics Explorer とほとんど区別がつかないほど似ていて、同じタブとグラフ領域があります。アラート ポリシー条件を作成するためのページでは、アラート ポリシーによってモニタリングするターゲットを選択するために、同じ指標セレクタが使用されます。

これらは共有のコンポーネントであるため、ドキュメントも共通です。グラフの使用では、Metrics Explorer とダッシュボードの両方で作成および使用されるグラフについて説明しています。次のセクションが最も重要です。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。