割り当てと上限

効率的な動作を確保するために、Stackdriver Monitoring では次の使用制限が適用されます。

カスタム指標

カテゴリ 最大値
アクティブな時系列1 100,0002
プロジェクトあたりのカスタム指標記述子 500
指標記述子あたりのラベル 10
ラベルキーの文字列長 100
ラベル値の文字列長 1,024
リクエストに含まれる時系列2 200
単一時系列へのデータ書き込み速度 1 分あたり 1 ポイント
カスタム分布指標あたりのヒストグラム バケット 200
プロジェクトごとに Prometheus3 でエクスポートされる指標記述子 1,000

1 時系列は、データポイントを書き込んでから 24 時間アクティブになります。アクティブな時系列の数は、指標 monitoring.googleapis.com/stats/num_time_series に記録されます。
2 リクエストの各時系列に書き込めるデータポイントは 1 つだけです。したがってこの制限はリクエストごとに書き込めるポイント数の上限としても作用します。
3 Prometheus は Kubernetes でよく使用されるモニタリング ツールです。詳しくは、Prometheus の使用をご覧ください。

Monitoring API の割り当てと上限

カテゴリ 最大値
API の使用上限 API ダッシュボードで確認してください。API をクリックして [割り当て] を選択すると、割り当てが表示されます。
API ページトークンの存続時間 24 時間

データの保持

保持期間を過ぎた指標データポイントは時系列から削除されます。

カテゴリ
指標データポイントの保持期間 6 週間
API ページトークンの存続期間 24 時間

リソース グループ

カテゴリ
ワークスペースごとのリソース グループの数 500
メールレポートに含まれるグループ数の上限1 10

1 Stackdriver メールレポートを構成する際([Workspace Settings] > [Email reports])、リソース グループの使用率に関する情報をリクエストできます。メールレポート ツールの制限により、生成されたレポートには 10 グループのみの情報が含まれます。

ワークスペースに関する上限

1 つのワークスペースで保持できる GCP プロジェクト数の上限は 100 です。詳細については、ワークスペースの使用をご覧ください。

アラートと稼働時間チェックに関する制限

カテゴリ
ワークスペースごとの稼働時間チェック 100
ワークスペースごとのアラート ポリシー 500
アラート ポリシーごとの条件 6
アラート ポリシーごとの通知チャネル 16
ワークスペースごとの通知チャネル 4,000
アラート ポリシーごとの同時対応待ちインシデント 5,000

グラフに関する制限

カテゴリ
1 つのダッシュボード上のグラフの数 25
1 つのグラフ上の線の数 300
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。