概要

このページでは、Cloud Monitoring でサービスがどのように提供されるか、また Google Cloud プロジェクト用に Cloud Monitoring を構成する方法ついて説明します。このページは、デベロッパーとシステム管理者を対象としています。

始める前に

Cloud プロジェクトを作成した場合は、Cloud Monitoring の使用に必要な十分な権限が付与されます。プロジェクトへのアクセス権が付与されている場合は、Cloud Monitoring を使用する際に必要な十分な権限がロールに付与されていることを確認してください。必要なロールの詳細については、認可をご覧ください。

データモデルの変更について

Monitoring は、プロジェクトに関連するデータの構成方法を変更します。置換が完了すると、プロジェクトの指標を他のプロジェクトと共有して、複数の方法でデータを表示できるようになります。

新しいデータモデルへの移行は段階的に行われ、複数のフェーズがあります。最初のフェーズでは、プロジェクトはハイブリッド モデルに変換されます。この移行により、ワークスペースまで移動する方法に影響が生じています。最終段階で、すべてのプロジェクトが新しいデータモデルに移行されます。

移行中は引き続き Cloud Monitoring を使用できます。

このセクションの残りの部分では、プロジェクトで使用されているデータモデルを特定する方法と、ナビゲーションの変更について説明します。

プロジェクトのデータモデルの特定

プロジェクトの Monitoring データモデルを特定するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console プロジェクト選択ツールを使用してプロジェクトを選択します。
  2. ナビゲーション パネルで [モニタリング] をクリックします。
  3. [モニタリング] のナビゲーション パネルが展開されていることを確認します。表示されない場合は、[ 最後のページ] をクリックします。

    • ナビゲーション パネルにワークスペース選択ツールとサービスのリストのみが含まれている場合、プロジェクトはワークスペースを使用しています。このページの一部のコンテンツは設定に関連しています。ワークスペースの作成については、ワークスペースの作成をご覧ください。

      ワークスペースのデータモデルを使用した Cloud Monitoring ナビゲーション。

    • プロジェクトに 指標スコープ フィールドとサービスの一覧が含まれている場合、そのプロジェクトは新しいデータモデルに移行されています。このページのコンテンツのほとんどは、構成に関連しています。

      指標スコープ データモードの Cloud Monitoring ナビゲーション パネル。

    • プロジェクトにワークスペース選択ツールと [関連するワークスペースを表示] という項目が表示されている場合、プロジェクトはハイブリッド データモデルを使用しています。このページのコンテンツのほとんどは、構成に関連しています。

      移行中の Cloud Monitoring のナビゲーション パネル。

      次のセクションでは、このデータモデルを使用するプロジェクトの Cloud Monitoring ナビゲーションがどのように変更されるかについて説明します。

このセクションは、ハイブリッド データモデルを使用するプロジェクトに適用されます。

ナビゲーションの変更は、ハイブリッド データモデルでサポートされている新機能があるためです。このモデルでは、すべての Cloud プロジェクトをワークスペースのホスト プロジェクトとモニタリング対象プロジェクトの両方に設定できます。

ワークスペースが単一のプロジェクトをモニタリングしている場合、そのワークスペースへのナビゲーションはデータモデルの変更による影響を受けません。ワークスペースにアクセスするには、Cloud Console プロジェクト選択ツールでプロジェクトを選択し、[モニタリング] ページに移動します。

ワークスペースが複数のプロジェクトをモニタリングしている場合、移行によってそのワークスペースへのアクセス方法が変わります。マルチプロジェクト ワークスペースにアクセスするには、次のいずれかを行います。

  • Cloud Console のプロジェクト選択ツールでワークスペースのホスト プロジェクトを選択し、[モニタリング] ページに移動します。
  • Cloud Console プロジェクト選択ツールでモニタリング対象プロジェクトを選択し、[モニタリング] ページに移動します。マルチプロジェクト ワークスペースに変更するには、次のいずれかを行います。

    • ワークスペース選択ツールを使用して、マルチプロジェクト ワークスペースを選択します。
    • [関連するワークスペースを表示する] を展開し、「以下のプロジェクトでは、このプロジェクトの指標を表示できます」というラベルが付いたテーブルからプロジェクトを選択します。このテーブルが空の場合、現在のプロジェクトの指標は他のワークスペースに表示されません。

Cloud Monitoring 用にプロジェクトを構成する

このセクションは、すべてのデータモデルに適用されます。

ハイブリッドまたは指標スコープのデータモデルを使用するプロジェクトの場合、構成は必要ありません。

ワークスペースでデータモデルが使用されている場合、Monitoring Editor を含むロールを持つユーザーが Cloud プロジェクトの Cloud Monitoring に最初にアクセスすると、そのプロジェクトで必要なすべての構成アクティビティが開始されます。

指標スコープについて

このセクションは、指標スコープのデータモデルにのみ適用されます。

Cloud Monitoring では、次の方法でプロジェクトの指標の表示と管理ができます。

  • 単一プロジェクトの場合
  • 複数のプロジェクトの場合
  • 複数の Google Cloud プロジェクトと AWS アカウント

表示する指標を指定するには、指標スコープを構成します。指標スコープは、モニタリングするプロジェクトとアカウントの一覧を表示し、スコープ プロジェクトによってホストします。スコープ対象プロジェクトとは、Cloud Console プロジェクト選択ツールで選択されている Cloud プロジェクトであり、指標スコープ用に構成したアラート、稼働時間チェック、ダッシュボード、モニタリング グループを保存します。

このデータモデルでは、プロジェクトの指標を単独で表示したり、他のプロジェクトに保存されている指標と組み合わせて表示したりできます。たとえば、Compute Engine 仮想マシン(VM)インスタンスを含む 2 つのプロジェクト、Project-AProject-B があるとします。Project-AProject-B の指標を表示するために、別のプロジェクト Project-Multiview を構成したとします。Project-A の指標を表示するには、次の 2 つの方法があります。

  • Cloud Console プロジェクト選択ツールで Project-Multiview を選択し、[モニタリング] ページに移動した場合、Project-Multiview の指標スコープが表示され指標を確認できます。3 つのプロジェクトすべてが対象です。

    マルチビューの指標スコープを示す図。

  • Cloud Console プロジェクト選択ツールで Project-A を選択し、[モニタリング] ページに移動した場合、Project-A の指標スコープが表示されます。そのプロジェクトの指標のみが対象です。

    「プロジェクト A」の指標スコープを示す図。

複数のプロジェクトの指標が含まれるように指標スコープを構成する方法については、複数のプロジェクトの指標を表示するをご覧ください。

指標の表示を決定する

このセクションは、ハイブリッドと指標のデータモデルを使用するプロジェクトに適用されます。

プロジェクトの指標の公開設定を確認する方法は次のとおりです。

  1. Cloud Console プロジェクト選択ツールを使用してプロジェクトを選択します。
  2. ナビゲーション パネルで [モニタリング] をクリックします。
  3. [モニタリング] のナビゲーション パネルが展開されていることを確認します。表示されていない場合は、[最後のページ] をクリックします。
  4. [ロール] または [関連するワークスペースを表示] フィールドで [展開] をクリックします。

    どちらのデータモデルでも、表示されるデータは似ています。次のスクリーンショットは、Cloud Console プロジェクト選択ツールで Project-Multiview を選択した場合に、指標スコープモデルのページを示しています。

    モニタリング対象プロジェクトを一覧表示するページのサンプル。

    [このプロジェクトによってモニタリングされる指標] というテーブルには、現在のロールで指標を表示できるプロジェクトが一覧表示されます。テーブルの各行には、プロジェクトとそのプロジェクトのロールが一覧表示されます。

    • スコープ対象プロジェクトは、構成した稼働時間チェック、アラート ポリシー、グループ、ダッシュボードがそのプロジェクトに保存されていることを示しています。指標スコープには単一のスコープ対象プロジェクトが含まれます。プロジェクトは、単一の指標スコープのためのスコープ対象プロジェクトとすることができます。この例では、Project-Multiview はスコープ プロジェクトです。

    • モニタリング対象プロジェクト は、Google Cloud プロジェクトまたは AWS アカウントの指標を現在の指標スコープから参照できることを示しています。この例では、Project-AProject-B はモニタリング対象プロジェクトです。

    このプロジェクトの指標にアクセスできる他のプロジェクトを特定するには、[以下のプロジェクトでは、このプロジェクトの指標を表示できます] ヘッダーの下に表示されているプロジェクトを見つけます。上のスクリーンショットでは、Project-Multiview によって保存された指標は、他のプロジェクトからはアクセスできません。

プロジェクトの Cloud Monitoring 構成の変更

このセクションは、すべてのデータモデルに適用されます。

プロジェクトの Cloud Monitoring 構成を変更して、複数の Google Cloud プロジェクトまたは AWS アカウントの指標を表示してモニタリングできます。現在の指標スコープまたは現在のワークスペースに追加するプロジェクトまたはアカウントは、モニタリング対象プロジェクトと呼ばれます。

モニタリング対象プロジェクトの追加

モニタリング対象プロジェクトを追加する手順は次のとおりです。

  1. [モニタリング] のナビゲーション パネルで、[設定] を選択します。
  2. Google Cloud プロジェクトを追加するには、[GCP プロジェクトを追加] をクリックしてダイアログを完了します。モニタリング対象プロジェクトを追加する前に、複数のプロジェクトの指標の表示を読むことをおすすめします。

  3. モニタリング対象プロジェクトとして AWS アカウントを追加するには、次のいずれかを行います。

    • [Add AWS Account] ボタンが表示されている場合、それをクリックします。この手順では、AWS コネクタ プロジェクトを作成し、AWS コネクタ プロジェクトをモニタリング対象プロジェクトとして追加します。このボタンは、ハイブリッドとワークスペースのデータモデルに表示されます。
    • [AWS コネクタ プロジェクトを作成] をクリックして AWS アカウントを Google Cloud に接続します。このステップにより AWS コネクタ プロジェクトが作成され、AWS が追加されます。コネクタ プロジェクトをモニタリング対象のプロジェクトとして、現在の指標スコープに追加します。
    • [AWS コネクタ プロジェクトを追加] をクリックして、既存の AWS コネクタ プロジェクトをモニタリング対象プロジェクトとして現在の指標スコープに追加します。

    アカウントを追加する前に、AWS アカウントの指標の表示を読むことをおすすめします。

モニタリング対象プロジェクトの削除

モニタリング対象プロジェクトを削除するには、次の手順を行います。

  1. [モニタリング] のナビゲーション パネルで、[設定] を選択します。
  2. 1 つ以上の Google Cloud プロジェクトを削除するには、[対象となる GCP プロジェクト] パネルで削除するプロジェクトを選択し、[プロジェクトを削除] をクリックします。
  3. 1 つ以上の AWS アカウントを削除するには、対象となる AWS アカウント パネルで、削除する AWS コネクタ プロジェクトを選択し、[プロジェクトを削除] をクリックします。

  4. モニタリング対称プロジェクトでなくなった AWS コネクタ プロジェクトを削除します。

現在の指標スコープの変更

このセクションは、指標スコープのデータモデルにのみ適用されます。

Cloud Console プロジェクト選択ツールで選択されたプロジェクトは、現在の指標スコープのスコープ対象プロジェクトです。プロジェクトは、単一の指標スコープのためのスコープ対象プロジェクトとすることができます。

別の指標スコープを選択するには、次のいずれかを行います。

  • Cloud Console プロジェクト選択ツールで別のプロジェクトを選択します。Cloud Console プロジェクト選択ツールには、アクセス可能なすべてのプロジェクトがリスト表示されます。

  • ナビゲーション パネルの [ロール] フィールドで [展開] をクリックし、テーブルの 1 つからプロジェクトを選択します。このページの 1 つのテーブルには、現在のプロジェクトに指標が表示されるプロジェクトが一覧表示されます。もう一方のテーブルには、現在のプロジェクトの指標を表示できるプロジェクトが一覧表示されます。

Monitoring を無効にする

このセクションは、すべてのデータモデルに適用されます。

Google Cloud プロジェクトまたは AWS コネクタ プロジェクトでモニタリング データの収集を無効にするには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console で、Cloud プロジェクトまたは AWS コネクタ プロジェクトを選択してから [API とサービス] ページに移動します。

    [API とサービス] に移動

  2. [Cloud Monitoring API] を選択します。

  3. [API を無効にする] をクリックします。

請求書を表示する

このセクションは、すべてのデータモデルに適用されます。

プロジェクトの請求書を表示する方法は次のとおりです。

  1. [モニタリング] のナビゲーション パネルで、[設定] を選択します。
  2. [設定] ページで、[概要] を選択します。
  3. プロジェクトを見つけて [その他のオプション] をクリックし、[請求書を表示] を選択します。

各プロジェクトの [今月累計] 列には、当月の課金対象指標のバイト数が表示されます。同様に、[前月] 列には前月の取り込み済みバイト数の合計が表示されます。最後に、[月次推定] 列には、当月の課金対象指標の合計バイト数の推定値が表示されます。

承認

このセクションは、すべてのデータモデルに適用されます。

このセクションでは、ロールまたはワークスペースを表示、作成、変更するために必要なロールについて説明します。モニタリングの Identity and Access Management(IAM)の詳細については、アクセス制御をご覧ください。

Cloud プロジェクトの指標スコープまたはワークスペースを表示するには、プロジェクトで次のいずれかの IAM ロールが付与されている必要があります。

  • モニタリング閲覧者
  • モニタリング編集者
  • モニタリング管理者
  • プロジェクト所有者

Cloud プロジェクト用にロールまたはワークスペースを作成するには、プロジェクトに次のいずれかの IAM ロールが必要です。

  • モニタリング編集者
  • モニタリング管理者
  • プロジェクト所有者

指標スコープまたはワークスペースを変更するには、指標スコープのスコープ対象プロジェクト、またはモニタリング対象プロジェクトとして追加(または削除)するプロジェクトに対する IAM ロールのいずれかが必要です。

  • モニタリング編集者
  • モニタリング管理者
  • プロジェクト所有者

ロールとそれに関連する権限のリストを表示するには、ロールをご覧ください。

次のステップ