マイクロサービスの定義

プロジェクト内の任意の GKE エンティティに対してカスタム サービスを定義できます。Anthos Service Mesh、Google Kubernetes Engine 上の Istio、App Engine は、サービスとして自動的に認識されます。手動で作成する必要はありません。

GKE サービスのカスタム サービスを定義するには、次の手順を行います。

  1. [サービスの概要] ダッシュボードで [サービスを定義] をクリックすると、[カスタム サービスの定義] ペインが表示されます。

    [カスタム サービスの定義] ペイン。

  2. [GKE エンティティの選択] テーブルでサービス作成対象のエンティティを選択します。エンティティを選択すると、そのエンティティの名前が新しいサービスの表示名として設定されます。

    次のように、エンティティ テーブルのコンテンツをフィルタリングできます。

    1. [表をフィルタリング] をクリックします。フィルタ オプションのリストが表示されます。

      • 名前
      • タイプ
      • ラベル
    2. フィルタリストのいずれかのオプションを選択します。選択したオプションがフィルタバーに表示されます。

    3. フィルタバーのオプションの隣をクリックして入力を開始します。一致する値がリストに掲載されます。リストから値を選択します。

  3. (省略可)[サービスの詳細] ペインで [表示名] フィールドを編集して、新しいサービスの表示名を変更します。

  4. [送信] をクリックします。サービスが作成されると、[成功] 通知が表示されます。また、ペインの内容が変わります。これで、次のことができるようになりました。

    • 新しいサービスの SLO を作成します。このサービスを利用するには、新しいサービスに少なくとも 1 つの SLO を定義する必要があります。詳細については、SLO の作成をご覧ください。
    • 新しいサービスのダッシュボードに移動します。新しいサービスの場合、ダッシュボードは空になりますが、そこから SLO を定義できます。詳細については、マイクロサービス ダッシュボードの使用をご覧ください。