公開の稼働時間チェックを作成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、公開稼働時間チェックを作成する方法について説明します。公開稼働時間チェックでは、世界中の複数のロケーションから、一般公開されている URL または Google Cloud リソースにリクエストを発行して、リソースが応答するかどうかを確認できます。プライベート ネットワークの稼働時間チェックを作成する方法については、非公開稼働時間チェックの作成をご覧ください。

公開稼働時間チェックでは、次のモニタリング対象リソースの可用性を確認できます。

稼働時間チェックの管理とモニタリングに関する情報へのリンクについては、このドキュメントの次のステップのセクションをご覧ください。

稼働時間チェックについて

HTTP と HTTPS の場合、すべての URL リダイレクトを行い、稼働時間チェックで受信した最終的なレスポンスを使用して成功基準を評価します。HTTPS チェックの場合、SSL 証明書の有効期限は、最後のレスポンスで受信したサーバー証明書に基づいて計算されます。

稼働時間チェックが成功するには、次の条件を満たす必要があります。

  • HTTP ステータスが指定した条件に一致する。
  • レスポンス データに必要とされるコンテンツは指定されていない、もしくは必要なコンテンツが存在する。

稼働時間チェックではページアセットの読み込みや JavaScript の実行は行われません。また稼働時間チェックのデフォルト構成には認証が含まれません。

始める前に

次の手順を行います。

  1. 確認するリソースがパブリック エンドポイントを持っているか、構成可能なファイアウォールの背後にあることを確認します。

    他のすべての構成では、非公開稼働時間チェックを作成する必要があります。 詳細については、非公開稼働時間チェックの作成をご覧ください。

  2. リソースがファイアウォールの背後にある場合は、稼働時間チェック サーバーの IP アドレスからの受信トラフィックを許可するように、そのファイアウォールを構成します。詳細については、稼働時間チェック サーバーの IP アドレスを一覧表示するをご覧ください。

  3. アラートの受信に使用する通知チャンネルを構成します。複数の種類の通知チャンネルを作成することをおすすめします。詳細については、通知チャンネルを管理するをご覧ください。

  4. 稼働時間チェック用に少なくとも 3 つのチェッカーを特定します。稼働時間チェック リージョン USA には、3 つのチェッカーがあります。稼働時間チェック リージョン EUROPESOUTH_AMERICAASIA_PACIFIC には、それぞれ 1 つのチェッカーがあります。

    Google Cloud Console の使用時に [グローバル] を選択するか、API の使用時に REGION_UNSPECIFIED を選択した場合、稼働時間チェックはすべての稼働時間チェック リージョンから発行されます。

稼働時間チェックを作成する

ここでは、稼働時間チェックを作成して構成する方法について説明します。

少なくとも 1 つの TCP または HTTP/s ポートが構成されている外部ロードバランサの稼働時間チェックを作成するには、次の手順に従います。 または、サービスの [サービスの詳細] ページに移動し、[稼働時間チェックを作成する] をクリックする方法もあります。[サービスの詳細] ページから始めると、サービス固有のフィールドが事前入力されています。

Console

稼働時間チェックを作成するフローが更新中です。一般提供されている以前のフローの使用方法については、[レガシー] タブをクリックしてください。更新後のフローについては、[プレビュー] タブをクリックしてください。

レガシー

Google Cloud コンソールを使用して稼働時間チェックを作成するには、次の操作を行います。

  1. Google Cloud コンソールで [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで [稼働時間チェック] を選択します。
  3. ツールバーで [プレビュー フロー] というラベルの切り替えボタンを無効にします。
  4. [稼働時間チェックの作成] をクリックします。

    稼働時間チェック ダイアログを作成。

  5. 稼働時間チェックを説明するタイトルを入力します。

  6. 省略可: 稼働時間チェックにユーザー定義のラベルを追加する手順は次のとおりです。

    1. [ユーザーラベルを表示] をクリックします。
    2. [Key] フィールドにラベルの名前を入力します。ラベル名の先頭は小文字にする必要があり、小文字、数字、アンダースコア、ダッシュを使用できます。たとえば、「severity」と入力します。
    3. [Value] フィールドにラベルの値を入力します。ラベルの値には、英小文字、数字、アンダースコア、ダッシュを使用できます。たとえば、「critical」と入力します。
    4. 追加するラベルごとに、[ユーザーラベルを追加します] をクリックして、ラベルのキーと値を入力します。
  7. [次へ] をクリックして、稼働時間チェックのターゲットを指定します。

    1. [プロトコル] でプロトコルを選択します。HTTPHTTPSTCP を選択できます。

    2. 次のリソースタイプのいずれか 1 つを選択します。

      • URL: 任意の IPv4 アドレスまたはホスト名。パスとポートは別々に入力します。
      • Kubernetes LoadBalancer Service: LoadBalancer タイプの Kubernetes Service
      • [Instance]: Compute Engine または AWS EC2 インスタンス
      • [App Engine]: App Engine アプリケーション(モジュール)
      • [Elastic Load Balancer]: AWS ロードバランサ
    3. プロトコル固有のフィールドを入力します。

      • TCP チェックでは、ポートを入力します。

      • HTTP チェックと HTTPS チェックでは、ホストまたはリソース内のパスを入力できます。これらのプロトコルを使用するすべての稼働時間チェックは、http://target/path にリクエストを送信します。この式において、URL リソースでは、target はホスト名または IP アドレスです。 App Engine リソースでは、target はサービス名に由来するホスト名です。インスタンスとロードバランサのリソースでは、target はリソースまたはリソースのグループに指定した名前に由来する IP アドレスです。

        path フィールドを空白のままにするか、値を / に設定すると、リクエストは http://target/ に発行されます。

        たとえば。URL リソース example.com/tester に稼働時間チェックを発行するには、Hostname フィールドを example.com に、Path フィールドを /tester に設定します。

        //hello をサポートするコーディネーターによってサーバーを App Engine にデプロイしたとします。稼働時間チェックを '/' ハンドラに発行するには、Path フィールドを空白のままにします。稼働時間チェックを /hello ハンドラに発行するには、Path フィールドの値を /hello に設定します。

    4. リソース固有のフィールドを入力します。

      • URL リソースでは、ホスト名フィールドにホスト名を入力します。たとえば、「example.com」と入力します。

      • Kubernetes LoadBalancer Service リソースでは、[Kubernetes Service] フィールドにサービス名を入力します。

      • App Engine リソースでは、[サービス] フィールドにサービス名を入力します。

      • [Elastic Load Balancer] リソースと [Instance] リソースの場合、[Applies to] フィールドに次のように入力します。

        • 単一のインスタンスまたはロードバランサに対してチェックを行うには、[Single] を選択し、メニューを使用して特定のインスタンスまたはロードバランサを選択します。
        • モニタリング グループを確認するには、[Group] を選択し、メニューを使用してグループ名を選択します。
    5. 省略可: 稼働時間チェックを実行する頻度を設定するには、[Check frequency] フィールドを使用します。

    6. 省略可: チェッカー リージョンを選択するか、SSL 証明書、認証、ヘッダー、および HTTP チェックと HTTPS チェックのポートを構成するには、[More Target Options] をクリックします。

      • リージョン: 稼働時間チェックがリクエストを受信するリージョンを選択します。稼働時間チェックには、少なくとも 3 つのチェッカーが必要です。3 つのチェッカーがある米国を除くすべてのリージョンには、1 つのチェッカーがあります。デフォルト設定の [グローバル] にはすべてのリージョンが含まれています。
      • リクエスト メソッド: HTTP チェックの場合、リクエスト メソッドを選択します。
      • 本文: HTTP POST チェックの場合、URL エンコードされた本文を入力します。エンコードは自分で行う必要があります。他のすべてのチェックでは、このフィールドは空のままにします。
      • Host header: 仮想ホストをチェックする場合に入力します。このフィールドは TCP チェックには使用できません。
      • Port: ポート番号を指定します。
      • Custom Headers: カスタム ヘッダーを追加し、必要に応じて暗号化します。暗号化すると、ヘッダーの値はフォームに表示されません。 認証に関連するヘッダーを他のユーザーに表示しないように暗号化を使用します。

      • [Authentication]: 単一のユーザー名とパスワードを指定します。これらの値は Authorization ヘッダーとして送信されます。ここで値を設定する場合、これとは別に Authorization ヘッダーを設定しないでください。Authorization ヘッダーを設定する場合は、ここに値を設定しないでください。フォームではパスワードは常に非表示です。このフィールドは TCP チェックには使用できません。

      • SSL 証明書の検証: URL リソースに対して HTTPS を選択した場合、デフォルトでは HTTPS 経由での接続を試行し、SSL 証明書を検証します。URL に無効な証明書がある場合、稼働時間チェックは失敗します。無効な証明書の例として、期限切れの証明書、自己署名証明書、ドメイン名が一致しない証明書、認証局情報アクセス(AIA)拡張機能を使用している証明書などが挙げられます。

        HTTPS 稼働時間チェックによって SSL 証明書を検証させるには、[SSL 証明書を検証する] を選択します。

        SSL 証明書の検証を無効にするには、[SSL 証明書の検証] チェックボックスをオフにします。

        AIA 拡張機能を使用した SSL 証明書がある場合は、SSL 証明書の検証を無効にする必要があります。これらのタイプの証明書はサポートされておらず、検証シーケンスは失敗します。 通常、エラーメッセージは「10000 ミリ秒の SSL ハンドシェイク エラーで応答」です。

        指標 monitoring.googleapis.com/uptime_check/time_until_ssl_cert_expires では、証明書が期限切れになる前に通知するアラートを作成できます。詳細については、サンプル ポリシー: 稼働時間チェック ポリシーをご覧ください。

        [SSL 証明書を検証する] チェックボックスを選択オンにします。

    7. [次へ] をクリックします。

  8. レスポンス要件を構成します。

    • 省略可: [レスポンスのタイムアウト] フィールドを使用して、稼働時間チェックのタイムアウト期間を変更します。この期間内に複数のロケーションからレスポンスを受け取らなかった場合、稼働時間チェックは失敗となります。

    • 省略可: コンテンツ マッチングを実行するように稼働時間チェックを構成するには、トグルラベルが [コンテンツ マッチングが有効] になっていることを確認します。

      • オプションのメニューから [レスポンスのコンテンツのマッチタイプ] を選択します。 このフィールドは、レスポンスのコンテンツと返されたデータをどのように比較するかを指定します。たとえば、レスポンスのコンテンツが abcd で、コンテンツのマッチタイプが [含む] の場合、レスポンスのデータに abcd が含まれていれば、稼働時間チェックは成功となります。レスポンスに abcd が含まれていない場合、稼働時間チェックは失敗します。 詳細については、レスポンス データを検証するをご覧ください。
      • [レスポンスのコンテンツ] を入力します。レスポンスのコンテンツには 1024 バイト以下の文字列を指定する必要があります。API では、このフィールドでは ContentMatcher オブジェクトです。
    • 省略可: 稼働時間チェックが原因でログエントリが作成されないようにするには、[チェックの失敗をログに出力] をオフにします。

    • HTTP 稼働時間チェックの場合は、許容されるレスポンス コードを構成します。デフォルトでは、HTTP 稼働時間チェックで 2xx レスポンスはすべて正常なレスポンスと見なします。

    • [次へ] をクリックします。

  9. アラート ポリシーを作成します。アラート ポリシーで稼働時間チェックをモニタリングすると、稼働時間チェックが失敗した場合にインシデントが作成され、ポリシーに接続されたすべての通知チャネルに通知が送信されます。たとえば、ポリシーにメールアドレスを追加すると、そのアドレスにメールが送信されます。このステップでアラート ポリシーを作成することも、チェックの作成後にアラート ポリシーを作成することもできます。

    稼働時間チェックのアラート ポリシーを作成することをおすすめします。また、この手順を省略する場合は、切り替えボタンのテキストが [アラートを作成しない] であることを確認してください。切り替えの状態は、ボタンをクリックして変更します。

    このフローの一環としてアラート ポリシーを作成するには、次のとおりにします。

    1. 切り替えボタンのテキストが [アラートを作成する] になっていることを確認します。必要に応じてボタンをクリックします。

    2. 名前フィールドに、アラート ポリシーの名前を入力するか、デフォルトの名前を使用します。

    3. アラート ポリシーに 1 つ以上の通知チャネルを追加するには、[通知チャネル] というラベルのボックスでメニュー をクリックします。追加するチャネルを選択し、[OK] をクリックします。通知は、チャネルタイプごとにアルファベット順にグループ化されます。

      アラート ポリシーに追加する通知チャネルがリストにない場合は、[通知チャネルを管理する] をクリックします。

      「更新」ボタンと「チャネルを管理する」ボタンを表示する通知ダイアログ。

      新しいブラウザタブの [通知チャネル] ウィンドウに移動します。通知チャネルを追加し、このタブに戻って [更新] をクリックし、アラート ポリシーに追加する通知チャネルを選択します。 詳細については、通知チャネルをご覧ください。

    4. 省略可: [期間] フィールドで、稼働時間チェックの失敗のインシデントが作成されるまでの時間を選択します。デフォルトでは、少なくとも 2 つのリージョンで 1 分間の稼働時間チェックの失敗が報告された場合に、アラート ポリシーが構成されます。

    アラート ポリシーの無効化、編集、削除については、[Managing policies][manage] をご覧ください。

  10. 稼働時間チェックの構成を確認するには、[TEST] をクリックします。結果が期待どおりでない場合は、チェックの失敗を参照して構成を修正し、検証ステップを繰り返します。

  11. [作成] をクリックします。稼働時間チェックを保存するときに、必須フィールドが入力されていない場合、エラー メッセージが表示されます。変更を保存すると、[Uptime check created] ダイアログが表示されます。

プレビュー

Google Cloud コンソールを使用して稼働時間チェックを作成するには、次の操作を行います。

  1. Google Cloud コンソールで [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで [稼働時間チェック] を選択します。
  3. ツールバーで [プレビュー フロー] というラベルの切り替えボタンを有効にします。
  4. [稼働時間チェックの作成] をクリックします。

    稼働時間チェック ダイアログを作成。

  5. 稼働時間チェックのターゲットを指定します。

    1. [プロトコル] でプロトコルを選択します。HTTPHTTPSTCP を選択できます。

    2. 次のリソースタイプのいずれか 1 つを選択します。

      • URL: 任意の IPv4 アドレスまたはホスト名。パスとポートは別々に入力します。
      • Kubernetes LoadBalancer Service: LoadBalancer タイプの Kubernetes Service
      • [Instance]: Compute Engine または AWS EC2 インスタンス
      • [App Engine]: App Engine アプリケーション(モジュール)
      • [Elastic Load Balancer]: AWS ロードバランサ
    3. プロトコル固有のフィールドを入力します。

      • TCP チェックでは、ポートを入力します。

      • HTTP チェックと HTTPS チェックでは、ホストまたはリソース内のパスを入力できます。これらのプロトコルを使用するすべての稼働時間チェックは、http://target/path にリクエストを送信します。この式において、URL リソースでは、target はホスト名または IP アドレスです。 App Engine リソースでは、target はサービス名に由来するホスト名です。インスタンスとロードバランサのリソースでは、target はリソースまたはリソースのグループに指定した名前に由来する IP アドレスです。

        path フィールドを空白のままにするか、値を / に設定すると、リクエストは http://target/ に発行されます。

        たとえば。URL リソース example.com/tester に稼働時間チェックを発行するには、Hostname フィールドを example.com に、Path フィールドを /tester に設定します。

        //hello をサポートするコーディネーターによってサーバーを App Engine にデプロイしたとします。稼働時間チェックを '/' ハンドラに発行するには、Path フィールドを空白のままにします。稼働時間チェックを /hello ハンドラに発行するには、Path フィールドの値を /hello に設定します。

    4. リソース固有のフィールドを入力します。

      • URL リソースでは、ホスト名フィールドにホスト名を入力します。たとえば、「example.com」と入力します。

      • App Engine リソースでは、[サービス] フィールドにサービス名を入力します。

      • [Elastic Load Balancer] リソースと [Instance] リソースの場合、[Applies to] フィールドに次のように入力します。

        • 単一のインスタンスまたはロードバランサに対して稼働時間チェックを発行するには、[Single] を選択し、メニューを使用して特定のインスタンスまたはロードバランサを選択します。
        • モニタリング グループに稼働時間チェックを発行するには、[Group] を選択し、メニューを使用してグループ名を選択します。
    5. 省略可: 稼働時間チェックを実行する頻度を設定するには、[Check frequency] フィールドを使用します。

    6. 省略可: チェッカー リージョンを選択するか、SSL 証明書、認証、ヘッダー、および HTTP チェックと HTTPS チェックのポートを構成するには、[More target options] をクリックします。

      • リージョン: 稼働時間チェックがリクエストを受信するリージョンを選択します。稼働時間チェックには、少なくとも 3 つのチェッカーが必要です。3 つのチェッカーがある米国を除くすべてのリージョンには、1 つのチェッカーがあります。デフォルト設定の [グローバル] にはすべてのリージョンが含まれています。
      • ICMP Pings: 最大 3 回の ping を送信するように稼働時間チェックを構成します。詳細については、ICMP ping を使用するをご覧ください。
      • リクエスト メソッド: HTTP チェックの場合、リクエスト メソッドを選択します。
      • 本文: HTTP POST チェックの場合、URL エンコードされた本文を入力します。エンコードは自分で行う必要があります。他のすべてのチェックでは、このフィールドは空のままにします。
      • Host header: 仮想ホストをチェックする場合に入力します。このフィールドは TCP チェックには使用できません。
      • Port: ポート番号を指定します。
      • Custom Headers: カスタム ヘッダーを追加し、必要に応じて暗号化します。暗号化すると、ヘッダーの値はフォームに表示されません。 認証に関連するヘッダーを他のユーザーに表示しないように暗号化を使用します。

      • [Authentication]: 単一のユーザー名とパスワードを指定します。これらの値は Authorization ヘッダーとして送信されます。ここで値を設定する場合、これとは別に Authorization ヘッダーを設定しないでください。Authorization ヘッダーを設定する場合は、ここに値を設定しないでください。フォームではパスワードは常に非表示です。このフィールドは TCP チェックには使用できません。

      • SSL 証明書の検証: URL リソースに対して HTTPS を選択した場合、デフォルトでは HTTPS 経由での接続を試行し、SSL 証明書を検証します。URL に無効な証明書がある場合、稼働時間チェックは失敗します。無効な証明書の例として、期限切れの証明書、自己署名証明書、ドメイン名が一致しない証明書、認証局情報アクセス(AIA)拡張機能を使用している証明書などが挙げられます。

        HTTPS 稼働時間チェックによって SSL 証明書を検証させるには、[SSL 証明書を検証する] を選択します。

        SSL 証明書の検証を無効にするには、[SSL 証明書の検証] チェックボックスをオフにします。

        AIA 拡張機能を使用した SSL 証明書がある場合は、SSL 証明書の検証を無効にする必要があります。これらのタイプの証明書はサポートされておらず、検証シーケンスは失敗します。 通常、エラーメッセージは「10000 ミリ秒の SSL ハンドシェイク エラーで応答」です。

        指標 monitoring.googleapis.com/uptime_check/time_until_ssl_cert_expires では、証明書が期限切れになる前に通知するアラートを作成できます。詳細については、サンプル ポリシー: 稼働時間チェック ポリシーをご覧ください。

        [SSL 証明書を検証する] チェックボックスを選択オンにします。

  6. [続行] をクリックし、レスポンス要件を構成します。このセクションの設定にはすべてデフォルト値があります。

    • [レスポンスのタイムアウト] フィールドを使用して、稼働時間チェックのタイムアウト期間を変更します。この期間内に複数のロケーションからレスポンスを受け取らなかった場合、稼働時間チェックは失敗となります。

    • コンテンツ マッチングを実行するように稼働時間チェックを構成するには、トグルラベルが [コンテンツ マッチングが有効] になっていることを確認します。

      • オプションのメニューから [レスポンスのコンテンツのマッチタイプ] を選択します。 このフィールドは、レスポンスのコンテンツと返されたデータをどのように比較するかを指定します。たとえば、レスポンスのコンテンツが abcd で、コンテンツのマッチタイプが [Contains] であるとします。稼働時間チェックが成功するのは、レスポンス データに abcd が含まれている場合のみです。詳細については、レスポンス データを検証するをご覧ください。
      • [レスポンスのコンテンツ] を入力します。レスポンスのコンテンツには 1024 バイト以下の文字列を指定する必要があります。API では、このフィールドでは ContentMatcher オブジェクトです。
    • 稼働時間チェックが原因でログエントリが作成されないようにするには、[チェックの失敗をログに出力] をオフにします。

    • HTTP 稼働時間チェックの場合は、許容されるレスポンス コードを構成します。デフォルトでは、HTTP 稼働時間チェックで 2xx レスポンスはすべて正常なレスポンスと見なします。

  7. [続行] をクリックして、アラートと通知を構成します。

    稼働時間チェックが失敗した場合に通知を受け取るには、アラート ポリシーを作成して、そのポリシーの通知チャネルを構成します。

    1. 省略可: アラート ポリシーの名前を更新します。
    2. 省略可: [Duration] フィールドで、稼働時間チェックの失敗の通知を送信するまでの時間を選択します。デフォルトでは、2 つ以上のリージョンが 1 分以上の稼働時間チェックの失敗を報告したときに通知が送信されます。
    3. [通知チャネル] というラベルのボックスで、 [メニュー] をクリックし、追加するチャネルを選択して、[OK] をクリックします。

      メニューでは、通知がチャネルタイプごとにアルファベット順にグループ化されます。

    アラート ポリシーを作成しない場合は、切り替えボタンのテキストが [アラートを作成しない] になっていることを確認します。

  8. [続行] をクリックし、稼働時間チェックを完了します。

    1. 稼働時間チェックのわかりやすいタイトルを入力します。

    2. 省略可: 稼働時間チェックにユーザー定義のラベルを追加する手順は次のとおりです。

      1. [ユーザーラベルを表示] をクリックします。
      2. [Key] フィールドにラベルの名前を入力します。ラベル名の先頭は小文字にする必要があり、小文字、数字、アンダースコア、ダッシュを使用できます。たとえば、「severity」と入力します。
      3. [Value] フィールドにラベルの値を入力します。ラベルの値には、英小文字、数字、アンダースコア、ダッシュを使用できます。たとえば、「critical」と入力します。
      4. 追加するラベルごとに、[ユーザーラベルを追加します] をクリックして、ラベルのキーと値を入力します。
    3. 稼働時間チェックの構成を確認するには、[TEST] をクリックします。結果が期待どおりでない場合は、チェックの失敗を参照して構成を修正し、検証ステップを繰り返します。

    4. [CREATE] をクリックします。[Create] を選択していて必須フィールドに値が入力されていない場合、エラー メッセージが表示されます。

API

projects.uptimeCheckConfigs.create メソッドを呼び出します。メソッドのパラメータを次のように設定します。

  • parent: 必須。稼働時間チェックを作成するプロジェクトの名前を指定する必要があります。PROJECT_ID を実際の Google Cloud プロジェクト ID に置き換えます。書式は次のとおりです。

    projects/PROJECT_ID
    
  • リクエスト本文には、新しい稼働時間チェックの UptimeCheckConfig オブジェクトを含める必要があります。このページでは、いくつかのフィールドについて説明します。このオブジェクトとそのフィールドの詳細については、UptimeCheckConfig のドキュメントをご覧ください。

    • 構成オブジェクトの name フィールドは空白のままにします。このフィールドは、システムがレスポンス構成オブジェクトを作成するときに設定します。

    • HTTP または HTTPS チェックを構成する場合は、UptimeCheckConfig オブジェクトの HttpCheck フィールドに入力する必要があります。このオブジェクトでは、requestMethod フィールドを GET または POST に設定します。このフィールドを省略するか METHOD_UNSPECIFIED に設定すると、GET リクエストが発行されます。

      POST リクエストを構成する場合は、contentType フィールドと body フィールドに入力します。

create メソッドは、新しい構成に応じた UptimeCheckConfig オブジェクトを返します。

作成された稼働時間チェックの構成が想定どおりに機能しない場合は、このページのチェックの失敗セクションをご覧ください。

C#

public static object CreateUptimeCheck(string projectId, string hostName,
    string displayName)
{
    // Define a new config.
    var config = new UptimeCheckConfig()
    {
        DisplayName = displayName,
        MonitoredResource = new MonitoredResource()
        {
            Type = "uptime_url",
            Labels = { { "host", hostName } }
        },
        HttpCheck = new UptimeCheckConfig.Types.HttpCheck()
        {
            Path = "/",
            Port = 80,
        },
        Timeout = TimeSpan.FromSeconds(10).ToDuration(),
        Period = TimeSpan.FromMinutes(5).ToDuration()
    };
    // Create a client.
    var client = UptimeCheckServiceClient.Create();
    ProjectName projectName = new ProjectName(projectId);
    // Create the config.
    var newConfig = client.CreateUptimeCheckConfig(
        projectName,
        config,
        CallSettings.FromExpiration(
            Expiration.FromTimeout(
                TimeSpan.FromMinutes(2))));
    Console.WriteLine(newConfig.Name);
    return 0;
}

Java

private static void createUptimeCheck(
    String projectId, String displayName, String hostName, String pathName) throws IOException {
  CreateUptimeCheckConfigRequest request =
      CreateUptimeCheckConfigRequest.newBuilder()
          .setParent(ProjectName.format(projectId))
          .setUptimeCheckConfig(
              UptimeCheckConfig.newBuilder()
                  .setDisplayName(displayName)
                  .setMonitoredResource(
                      MonitoredResource.newBuilder()
                          .setType("uptime_url")
                          .putLabels("host", hostName))
                  .setHttpCheck(HttpCheck.newBuilder().setPath(pathName).setPort(80))
                  .setTimeout(Duration.newBuilder().setSeconds(10))
                  .setPeriod(Duration.newBuilder().setSeconds(300)))
          .build();
  try (UptimeCheckServiceClient client = UptimeCheckServiceClient.create()) {
    UptimeCheckConfig config = client.createUptimeCheckConfig(request);
    System.out.println("Uptime check created: " + config.getName());
  } catch (Exception e) {
    usage("Exception creating uptime check: " + e.toString());
    throw e;
  }
}

Go


// createGet creates an example uptime check on a GET request.
func createGet(w io.Writer, projectID string) (*monitoringpb.UptimeCheckConfig, error) {
	ctx := context.Background()
	client, err := monitoring.NewUptimeCheckClient(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("NewUptimeCheckClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()
	req := &monitoringpb.CreateUptimeCheckConfigRequest{
		Parent: "projects/" + projectID,
		UptimeCheckConfig: &monitoringpb.UptimeCheckConfig{
			DisplayName: "new GET uptime check",
			Resource: &monitoringpb.UptimeCheckConfig_MonitoredResource{
				MonitoredResource: &monitoredres.MonitoredResource{
					Type: "uptime_url",
					Labels: map[string]string{
						"host": "example.com",
					},
				},
			},
			CheckRequestType: &monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck_{
				HttpCheck: &monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck{
					RequestMethod: monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck_GET,
					Path:          "/",
					Port:          80,
				},
			},
			Timeout: &duration.Duration{Seconds: 10},
			Period:  &duration.Duration{Seconds: 300},
		},
	}
	config, err := client.CreateUptimeCheckConfig(ctx, req)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("CreateUptimeCheckConfig GET: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Successfully created GET uptime check %q\n", config.GetDisplayName())
	return config, nil
}

// createPost creates an example uptime check on a POST request.
func createPost(w io.Writer, projectID string) (*monitoringpb.UptimeCheckConfig, error) {
	ctx := context.Background()
	client, err := monitoring.NewUptimeCheckClient(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("NewUptimeCheckClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()
	req := &monitoringpb.CreateUptimeCheckConfigRequest{
		Parent: "projects/" + projectID,
		UptimeCheckConfig: &monitoringpb.UptimeCheckConfig{
			DisplayName: "new POST uptime check",
			Resource: &monitoringpb.UptimeCheckConfig_MonitoredResource{
				MonitoredResource: &monitoredres.MonitoredResource{
					Type: "uptime_url",
					Labels: map[string]string{
						"host": "example.com",
					},
				},
			},
			CheckRequestType: &monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck_{
				HttpCheck: &monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck{
					RequestMethod: monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck_POST,
					ContentType:   monitoringpb.UptimeCheckConfig_HttpCheck_URL_ENCODED,
					Path:          "/",
					Port:          80,
					Body:          []byte(base64.URLEncoding.EncodeToString([]byte("key: value"))),
				},
			},
			Timeout: &duration.Duration{Seconds: 10},
			Period:  &duration.Duration{Seconds: 300},
		},
	}
	config, err := client.CreateUptimeCheckConfig(ctx, req)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("CreateUptimeCheckConfig POST: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Successfully created POST uptime check %q\n", config.GetDisplayName())
	return config, nil
}

Node.js

// Imports the Google Cloud client library
const monitoring = require('@google-cloud/monitoring');

// Creates a client
const client = new monitoring.UptimeCheckServiceClient();

/**
 * TODO(developer): Uncomment and edit the following lines of code.
 */
// const projectId = 'YOUR_PROJECT_ID';
// const hostname = 'mydomain.com';

const request = {
  // i.e. parent: 'projects/my-project-id'
  parent: client.projectPath(projectId),
  uptimeCheckConfig: {
    displayName: 'My Uptime Check',
    monitoredResource: {
      // See the Uptime Check docs for supported MonitoredResource types
      type: 'uptime_url',
      labels: {
        host: hostname,
      },
    },
    httpCheck: {
      path: '/',
      port: 80,
    },
    timeout: {
      seconds: 10,
    },
    period: {
      seconds: 300,
    },
  },
};

// Creates an uptime check config for a GCE instance
const [uptimeCheckConfig] = await client.createUptimeCheckConfig(request);
console.log('Uptime check created:');
console.log(`ID: ${uptimeCheckConfig.name}`);
console.log(`Display Name: ${uptimeCheckConfig.displayName}`);
console.log('Resource: %j', uptimeCheckConfig.monitoredResource);
console.log('Period: %j', uptimeCheckConfig.period);
console.log('Timeout: %j', uptimeCheckConfig.timeout);
console.log(`Check type: ${uptimeCheckConfig.check_request_type}`);
console.log(
  'Check: %j',
  uptimeCheckConfig.httpCheck || uptimeCheckConfig.tcpCheck
);
console.log(
  `Content matchers: ${uptimeCheckConfig.contentMatchers
    .map(matcher => matcher.content)
    .join(', ')}`
);
console.log(`Regions: ${uptimeCheckConfig.selectedRegions.join(', ')}`);

PHP

use Google\Cloud\Monitoring\V3\UptimeCheckServiceClient;
use Google\Cloud\Monitoring\V3\UptimeCheckConfig;
use Google\Api\MonitoredResource;

/**
 * Example:
 * ```
 * create_uptime_check($projectId, 'myproject.appspot.com', 'Test Uptime Check!');
 * ```
 *
 * @param string $projectId Your project ID
 * @param string $hostName
 * @param string $displayName
 */
function create_uptime_check($projectId, $hostName = 'example.com', $displayName = 'New uptime check')
{
    $uptimeCheckClient = new UptimeCheckServiceClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);

    $monitoredResource = new MonitoredResource();
    $monitoredResource->setType('uptime_url');
    $monitoredResource->setLabels(['host' => $hostName]);

    $uptimeCheckConfig = new UptimeCheckConfig();
    $uptimeCheckConfig->setDisplayName($displayName);
    $uptimeCheckConfig->setMonitoredResource($monitoredResource);

    $uptimeCheckConfig = $uptimeCheckClient->createUptimeCheckConfig(
        $uptimeCheckClient->projectName($projectId),
        $uptimeCheckConfig
    );

    printf('Created an uptime check: %s' . PHP_EOL, $uptimeCheckConfig->getName());
}

Python

def create_uptime_check_config_get(project_name, host_name=None, display_name=None):
    config = monitoring_v3.UptimeCheckConfig()
    config.display_name = display_name or "New GET uptime check"
    config.monitored_resource = {
        "type": "uptime_url",
        "labels": {"host": host_name or "example.com"}
    }
    config.http_check = {
        "request_method": monitoring_v3.UptimeCheckConfig.HttpCheck.RequestMethod.GET,
        "path": "/",
        "port": 80
    }
    config.timeout = {"seconds": 10}
    config.period = {"seconds": 300}

    client = monitoring_v3.UptimeCheckServiceClient()
    new_config = client.create_uptime_check_config(request={"parent": project_name, "uptime_check_config": config})
    pprint.pprint(new_config)
    return new_config

def create_uptime_check_config_post(project_name, host_name=None, display_name=None):
    config = monitoring_v3.UptimeCheckConfig()
    config.display_name = display_name or "New POST uptime check"
    config.monitored_resource = {
        "type": "uptime_url",
        "labels": {"host": host_name or "example.com"}
    }
    config.http_check = {
        "request_method": monitoring_v3.UptimeCheckConfig.HttpCheck.RequestMethod.POST,
        "content_type": monitoring_v3.UptimeCheckConfig.HttpCheck.ContentType.URL_ENCODED,
        "body": "foo=bar".encode("utf-8"),
        "path": "/",
        "port": 80
    }
    config.timeout = {"seconds": 10}
    config.period = {"seconds": 300}

    client = monitoring_v3.UptimeCheckServiceClient()
    new_config = client.create_uptime_check_config(request={"parent": project_name, "uptime_check_config": config})
    pprint.pprint(new_config)
    return new_config

Ruby

def create_uptime_check_config project_id: nil, host_name: nil, display_name: nil
  require "google/cloud/monitoring"

  client = Google::Cloud::Monitoring.uptime_check_service
  project_name = client.project_path project: project_id
  config = {
    display_name:       display_name.nil? ? "New uptime check" : display_name,
    monitored_resource: {
      type:   "uptime_url",
      labels: { "host" => host_name.nil? ? "example.com" : host_name }
    },
    http_check:         { path: "/", port: 80 },
    timeout:            { seconds: 10 },
    period:             { seconds: 300 }
  }
  new_config = client.create_uptime_check_config \
    parent:              project_name,
    uptime_check_config: config
  puts new_config.name
  new_config
end

稼働時間チェックの結果が Monitoring に送信され始めるまでに、最大 5 分の遅延が発生する可能性があります。その間、稼働時間チェック ダッシュボードには「データがありません」というステータスが表示されます。

ICMP ping を使用する

失敗した公開稼働時間チェックをトラブルシューティングするには、稼働時間チェック中に最大 3 つの ICMP ping を送信するように稼働時間チェックを構成できます。ping は、ネットワーク接続の問題や、アプリケーションのタイムアウトなどによって発生した障害を区別するのに役立ちます。

デフォルトでは、稼働時間チェックは ping を送信しません。ping を実行するたびに、稼働時間チェックにレイテンシが追加されます。非公開稼働時間チェックでは ping を送信できません。

公開稼働時間チェックが失敗した場合、ping の結果は Cloud Logging ログに書き込まれます。ping が失敗すると、次のフィールドがログエントリの httpRequest フィールドに追加されます。

  • rtt_usec: 失敗した ping リクエストのラウンドトリップ時間。
  • unreachable_count: ステータス コード ICMP_DEST_UNREACH を返した ping リクエストの数。
  • no_answer_count: タイムアウトし、レスポンスが返されなかった ping リクエストの数。

成功した稼働時間チェックの ping の結果はログに記録されません。

ping を構成する

ping を含めるように公開稼働時間チェックを構成するには、Cloud Monitoring API を使用して稼働時間チェック構成を作成するか、既存の構成を変更する必要があります。Google Cloud コンソールを使用して ping を構成することはできません。

各稼働時間チェック構成には、HttpCheck オブジェクトまたは TcpCheck オブジェクトが含まれます。これらの両方のオブジェクトに pingConfig フィールドが含まれます。このフィールドを使用して、各チェックに含める ICMP ping の数を指定します(最大 3 つ)。デフォルトでは ping は送信されません。

pingConfig フィールドの値を設定するには、次の構造を持つ PingConfig オブジェクトを使用します。

{
  "pingsCount": integer
}

稼働時間チェック構成に Monitoring API を使用する方法については、稼働時間チェックを作成する: API または稼働時間チェックを編集する: API をご覧ください。

稼働時間チェックの確認

Google Cloud コンソールで稼働時間チェックを作成する際、保存前にその構成をテストできます。

チェックの成功

次の条件に当てはまる場合、稼働時間チェックが成功します。

  • HTTP ステータスが、選択した条件に一致する。
  • レスポンスに必要なコンテンツが指定されていない、もしくは、レスポンスを検索して必要なコンテンツが見つかった。

チェックの失敗

以下に、稼働時間チェックが失敗する原因の一部を示します。

  • Connection Error - Refused: デフォルトの HTTP 接続タイプを使用している場合、HTTP リクエストに応答しているウェブサーバーがインストールされていることを確認します。新しいインスタンスにウェブサーバーがインストールされていない場合、接続エラーが発生することがあります。Compute Engine のクイックスタートをご覧ください。HTTPS 接続タイプを使用する場合は、追加の構成手順を実行しなければならないことがあります。ファイアウォールの問題については、稼働時間チェック サーバーの IP アドレスを一覧表示するをご覧ください。
  • 名前またはサービスが見つかりません: ホスト名が正しくない可能性があります。
  • 403 Forbidden: サービスが稼働時間チェッカーにエラーコードを返しています。たとえば、Apache ウェブサーバーのデフォルト構成は、Amazon Linux ではこのコードを返しますが、他のいくつかの Linux バージョンではコード 200 (Success) を返します。Amazon Linux の LAMP チュートリアルまたはご使用のウェブサーバーのドキュメントをご覧ください。
  • 404 Not found: パスが正しくない可能性があります。
  • 408 Request timeout、またはレスポンスなし: ポート番号が正しくない、サービスが稼働していない、サービスがアクセスできない状態になっている、あるいはタイムアウト値が小さすぎる可能性があります。ファイアウォールが稼働時間サーバーからのトラフィックを許可していることを確認してください。詳しくは稼働時間チェック サーバーの IP アドレスを一覧表示するをご覧ください。タイムアウト上限は、[レスポンスの検証] オプションの一部として指定されます。

稼働時間チェックが ping を送信するように構成されている場合、失敗した稼働時間チェックの ping の結果は Cloud Logging に書き込まれます。詳細については、ICMP ping を使用するをご覧ください。

次のステップ