通知オプション

アラート ポリシーを作成する場合は、インシデントに使用する通知チャネルを最大 16 個設定できます。このページでは、サポートされている通知チャネルの種類とその構成方法を示します。

プロフィールとワークスペースの設定

ほとんどの通知チャネルは、アラート ポリシーで使用するには、事前に構成する必要があります。通知チャネルを構成するには、ワークスペースに対する編集者のアクセス権が必要です。

通知は Stackdriver の 2 つの場所で構成します。

  • [Profile] ページでは、SMS 通知と Cloud Console モバイルアプリを構成します。Stackdriver Monitoring Console の右上隅にある自分の名前をクリックし、[Profile] を選択します。

  • [Workspace Settings] ページでは、他の通知チャネルを構成します。Stackdriver Monitoring Console の左上にあるワークスペース名をクリックして、リストの下部にある [Workspace Settings] を選択します。次に、[Notifications] と通知の種類を選択します。

同じワークスペースに対する編集者のアクセス権を持つ他のユーザーは、それぞれ独自の通知情報を入力できます。アラート ポリシーの通知オプションをセットアップする際に、他のユーザーの構成が、自分自身の構成と一緒に表示されます。

メール

アラート ポリシーを作成するときは、[Notifications] セクションで [Email] を選択し、メールアドレスを入力します。アラート ポリシーをセットアップする前にメールアドレスを構成する必要はありません。

プロジェクトの既存の通知メールアドレスを管理する場合は、[Workspace Settings] > [Notifications] > [Email] の順に移動します。ここで、変更または削除するメールアドレスを選択できます。

メール構成

メール通知の設定に移動

Cloud モバイルアプリ

Cloud モバイルアプリを使用すると、どこからでも GCP Console リソースと Stackdriver 情報をモニタリングできます。

Stackdriver 通知を受信するようにモバイル デバイスを構成するには、次の手順に従います。

  1. モバイル デバイスのアプリストアから Cloud Console モバイルアプリをインストールします。
  2. Cloud モバイルアプリ: アプリをワークスペース用に構成するには、[Settings] メニューを選択します。これで GCP Console リソースを確認できるようになります。
  3. Stackdriver: 自分のユーザー プロフィールに移動し、モバイル デバイスを追加します。

    自分のプロフィールに移動

アラート ポリシーを作成する場合は、[Notifications] セクションで [**Google Cloud Console (mobile) **] を選択し、リストからモバイル デバイスを選択します。

PagerDuty

PagerDuty と統合すれば、Stackdriver との間でインシデントを一方向または双方向で解決できます。PagerDuty をセットアップするには、次の手順に従います。

  1. PagerDuty: PagerDuty サイトで PagerDuty アカウントを作成します。[PagerDuty Sync] で、Stackdriver との双方向同期を構成することもできます。

    詳細については、PagerDuty の Stackdriver Integration Guide をご覧ください。

  2. Stackdriver: [Workspace Settings] > [Notifications] > [PagerDuty] の順に移動します。

    PagerDuty のセットアップに移動

  3. [Add PagerDuty Service] をクリックし、手順に従います。

    PagerDuty 構成

アラート ポリシーを作成するときは、[Notifications] セクションで [PagerDuty] を選択し、PagerDuty の構成を選択します。

このドキュメントの Stackdriver のスクリーンショットは古いバージョンのものですが、情報は正確です。

SMS 通知

SMS 通知を構成するには、まず自分の電話番号を設定します。

  1. Stackdriver: ユーザー プロフィールに移動し、[Phone Numbers] セクションに自分の電話番号または SMS を追加します。

    自分のプロフィールに移動

アラート ポリシーを設定するときは、[SMS] 通知タイプを選択し、リストから電話番号を選択します。

Slack

Stackdriver と Slack を統合すると、新しいインシデントが作成されたときに、アラート ポリシーで Slack チャンネルに投稿できるようになります。Slack をセットアップするには、次の手順に従います。

  1. Slack: Slack サイトで Slack チャンネルを作成します。
  2. Stackdriver: [Workspace Settings] > [Notifications] > [Slack] の順に移動します。

    Slack のセットアップに移動

  3. [Authorize Stackdriver] をクリックし、Slack のウェブサイトの手順に従います。

    Slack 構成

アラート ポリシーを作成するときは、[Notifications] セクションの [Slack] を選択し、Slack の構成を選択します。

Webhook

Stackdriver は、発生したインシデントについてリモート サービスに通知する webhook をサポートしています。webhook をセットアップするには、次の手順に従います。

  1. webhook ハンドラ: Stackdriver から webhook データを受信するエンドポイント URL を特定します。
  2. Stackdriver: [Workspace Settings] > [Notifications] > [Webhooks] の順に移動します。

    webhook のセットアップに移動

  3. [Add Webhook] をクリックし、手順に従います。このページには、エンドポイントに送信されるデータのサンプルと、いくつかの承認オプションがあります。

    Webhooks 構成

アラート ポリシーを作成する場合は、[Notifications] セクションで [Webhook] を選択し、webhook 構成を選択します。

構成ページに表示されるサンプル メッセージは、インシデントの JSON 表現です。このメッセージには、どのアラート ポリシーがいつトリガーされたか、そのインシデントの現在のステータスなどが示されています。詳細については、インシデントとイベントをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。