Terraform 構成を操作する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

変更を適用する

Google Cloud プロジェクトで Terraform 構成を適用するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Shell を起動します。
  2. Terraform 構成を適用する Google Cloud プロジェクトを設定します。
    export GOOGLE_CLOUD_PROJECT=PROJECT_ID
    
  3. ディレクトリを作成し、そのディレクトリで新規ファイルを開きます。ファイル名には .tf 拡張子が必要です(例: main.tf)。
    mkdir DIRECTORY && cd DIRECTORY && nano main.tf
    
  4. サンプルを main.tf にコピーします。
  5. 環境に適用するサンプル パラメータを確認し、変更します。
  6. Ctrl-x を押してから y を押して、変更を保存します。
  7. Terraform を初期化します。
    terraform init
  8. 構成を確認して、Terraform が作成または更新するリソースが想定どおりであることを確認します。
    terraform plan

    必要に応じて構成を修正します。

  9. 次のコマンドを実行します。プロンプトで「yes」と入力して、Terraform 構成を適用します。
    terraform apply

    Terraform に「Apply complete!」のメッセージが表示されるまで待ちます。

  10. Google Cloud プロジェクトを開いて結果を表示します。Google Cloud コンソールの UI でリソースに移動して、Terraform によって作成または更新されたことを確認します。

再フォーマット

Terraform 構成を標準スタイルに再フォーマットするには、次のコマンドを入力します。

terraform fmt

検証

次のコマンドを入力して、構成が有効かどうかを確認します。

terraform validate

変更を削除する

次のコマンドを実行しています。プロンプトで「yes」と入力して、以前に Terraform 構成で適用されたリソースを削除します。

terraform destroy

プロジェクト ID を指定する

前のセクションで説明した export GOOGLE_CLOUD_PROJECT コマンドを実行すると、ほとんどのリソースで project_id が推測されます。

project_iam_* などの一部のリソースは、プロジェクト ID を推測できません。回避策として、data "google_project" データソースを使用するサンプルもあります。このデータソースは、プロジェクト ID 文字列または変数に置き換えることができます。

この回避策を使用するサンプルについては、sql_instance_iam_condition をご覧ください。

次のステップ