稼働時間グラフの作成

稼働時間チェックのステータスとレイテンシを表示するグラフを作成できます。稼働時間チェックを作成していない場合は、グラフを作成する前に作成する必要があります。詳細は、稼働時間チェックの作成をご覧ください。

稼働時間グラフ

Stackdriver Monitoring の uptime_check/check_passed 指標は、稼働時間チェックのステータスを表示するチャートのベースとして使用できます。たとえば、5 分ごとの場所を確認するように構成された稼働時間チェックがあるとします。20 分の時間窓で各ロケーションのチェック数をグラフ化するには、次の手順に従います。

  1. Stackdriver Monitoring Console で、[Resources] > [Metrics Explorer] の順に移動します。

    Metrics Explorer に移動

  2. ページの上部にあるヘッダーをスクロールし、[Metric] タブをクリックします。

  3. [Find resource type and metric] 項目に指標を指定します。

    1. 指標として Check passed を入力します。表示されるプルダウン リストから、monitoring.googleapis.com/uptime_check/check_passed を選択します。
    2. Resource type が自動的に入力されない場合は、モニタリングの対象として、稼働時間チェックを含むリソースタイプを選択します。
  4. 20 分間の各場所からのレスポンスをカウントするよう、Aggregation の以下のフィールドに入力します。

    • [Aligner] プルダウン リストで、[count true] を選択します。
    • [Reducer] プルダウン リストで [none] を選択します。
    • [Alignment Period] フィールドに 20 m を入力します。

    これらの設定の詳細については、集計を参照してください。

稼働時間チェックは 5 分ごとに実行されるように構成されているため、20 分のアライメント期間内にすべての場所から 4 回のレスポンスが予想されます。次の図は、前述のように構成された特定のシステムの稼働時間チェックのステータスを示しています。図のケースでは、1 つの場所から期待通りの回数のレスポンスがないことを示しています。

稼働時間グラフ

稼働時間チェックのレイテンシ グラフ

uptime_check/request_latency 指標のモニタリングは、稼働時間チェック レイテンシ グラフのベースとして使用できます。Aggregation のフィールドを選択して、さまざまなグラフを作成できます。たとえば、対応するフィールドを設定すれば、最大レイテンシや合計レイテンシを表示できます。

チェックされた各ロケーションのレイテンシの平均値を表示するグラフを作成するには、次の手順に従います。

  1. Stackdriver Monitoring Console で、[Resources] > [Metrics Explorer] の順に移動します。

    Metrics Explorer に移動

  2. ページの上部にあるヘッダーをスクロールし、[Metric] タブをクリックします。

  3. [Find resource type and metric] フィールドに値を指定します。

    1. 指標の値として「Request Latency」を入力します。プルダウン リストで、monitoring.googleapis.com/uptime_check/request_latency という指標を選択します。

    2. [Resource type] が自動的に入力されない場合は、レイテンシのモニタリングの対象として、稼働時間チェックを含むリソースタイプを選択します。

  4. 各時系列のアライメント期間の平均レイテンシを記録するよう、Aggregation のフィールドを指定します。

    • [Aligner] プルダウン リストで [mean] を選択します。
    • [Reducer] プルダウン リストで [none] を選択します。
    • [Alignment Period] フィールドに 20 m を入力します。

次は、稼働時間チェックのレイテンシ グラフの例です。

稼働時間レイテンシ グラフ

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。