稼働時間グラフの作成

稼働時間チェックのステータスとレイテンシを表示するグラフを作成できます。稼働時間チェックを作成していない場合は、グラフを作成する前に作成する必要があります。詳細は、稼働時間チェックの作成をご覧ください。

稼働時間グラフ

Cloud Monitoring uptime_check/check_passed 指標は、稼働時間チェックのステータスを示すグラフの基盤として使用できます。たとえば、ロケーションを 1 分ごとにチェックするように稼働時間チェックを構成して、10 分の期間内に各ロケーションで通過したチェック数を表示させるとします。

Metrics Explorer を使用してモニタリング対象リソースの指標を表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console で、[Monitoring] ページに移動します。

    [Monitoring] に移動

    Cloud Monitoring を初めて使用する場合は、Google Cloud Console の [Monitoring] への最初のアクセス時に、ワークスペースが自動的に作成され、プロジェクトがそのワークスペースに関連付けられます。それ以外の場合に、プロジェクトがワークスペースに関連付けられていないときは、ダイアログが表示され、新しいワークスペースを作成するか、このプロジェクトを既存のワークスペースに追加できるようになります。ワークスペースを作成することをおすすめします。選択したら、[Add] をクリックします。

  2. [Monitoring] のナビゲーション パネルで、 [Metrics Explorer] をクリックします。
  3. [Metric] タブが選択されていることを確認します。
  4. [Find resource type and metric] フィールドで、リソースと指標をメニューから選択するか、リソースと指標の名前を入力します。次の情報を使用して、フィールドに入力します。
    1. check_passed」と入力します。入力すると、[Check passed] という指標が表示されます。
    2. [Resource] が自動的に入力されない場合、モニタリング対象の稼働時間チェックがあるリソースタイプを選択します。
    このモニタリング対象リソースの完全修飾名は、monitoring.googleapis.com/uptime_check/check_passed です。
  5. データの表示方法を変更するには、[Filter]、[Group By]、[Aggregator] の各メニューを使用します。このグラフでは、次の設定を使用します。
    1. [Aggregator] フィールドの値はデフォルト値(none)のままにします。
    2. [Period] フィールドで、10 m を選択します。
    3. [SHOW ADVANCED OPTIONS] をクリックし、以下を行います。
      • [Aligner] フィールドで、count true を選択します。
    詳しくは、指標の選択をご覧ください。
稼働時間チェックは 1 分ごとに実行されるように構成されているため、10 分のアライメント期間内にすべての場所からおよそ 10 回のレスポンスが予想されます。

稼働時間チェックのレイテンシ グラフ

Monitoring の uptime_check/request_latency 指標は、稼働時間チェックのレイテンシのグラフの基盤として使用できます。[Aggregator] フィールドを選択して、さまざまなグラフを作成できます。たとえば、対応するフィールドを設定すれば、最大レイテンシや合計レイテンシを表示できます。

Metrics Explorer を使用してモニタリング対象リソースの指標を表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console で、[Monitoring] ページに移動します。

    [Monitoring] に移動

    Cloud Monitoring を初めて使用する場合は、Google Cloud Console の [Monitoring] への最初のアクセス時に、ワークスペースが自動的に作成され、プロジェクトがそのワークスペースに関連付けられます。それ以外の場合に、プロジェクトがワークスペースに関連付けられていないときは、ダイアログが表示され、新しいワークスペースを作成するか、このプロジェクトを既存のワークスペースに追加できるようになります。ワークスペースを作成することをおすすめします。選択したら、[Add] をクリックします。

  2. [Monitoring] のナビゲーション パネルで、 [Metrics Explorer] をクリックします。
  3. [Metric] タブが選択されていることを確認します。
  4. [Find resource type and metric] フィールドで、リソースと指標をメニューから選択するか、リソースと指標の名前を入力します。次の情報を使用して、フィールドに入力します。
    1. uptime_check/request_latency」と入力します。入力すると、[Check passed] という指標が表示されます。
    2. [Resource] が自動的に入力されない場合、モニタリング対象の稼働時間チェックがあるリソースタイプを選択します。
    このモニタリング対象リソースの完全修飾名は、monitoring.googleapis.com/uptime_check/request_latency です。
  5. データの表示方法を変更するには、[Filter]、[Group By]、[Aggregator] の各メニューを使用します。このグラフでは、次の設定を使用します。
    1. [Aggregator] フィールドの値はデフォルト値(none)のままにします。
    2. [Period] フィールドで、10 m を選択します。
    3. [SHOW ADVANCED OPTIONS] をクリックし、以下を行います。
      • [Aligner] フィールドで、mean を選択します。
    詳しくは、指標の選択をご覧ください。

次のステップ