指標の選択

グラフを定義するには、表示するデータとグラフでの表示方法の両方を指定します。表示する指標を指定するには、グラフの定義ページで [Metric] タブをクリックします。

次のスクリーンショットは、指標選択のタブを示しています。

グラフの定義: 指標選択タブ

[Find resource type and metric] フィールドで指標を指定します。

指標の選択

グラフにデータを挿入するには、少なくとも 1 対の値、つまり指標タイプ指標記述子、または単に指標といいます)と、モニタリング対象リソースタイプモニタリング対象リソース、または単にリソースといいます)を指定する必要があります。モニタリング対象リソースには、指標タイプの時系列データのサブセットを指定します。

Monitoring では、多くの指標が事前に定義され、リソースを使用できます。カスタム指標を指定することもできます。定義済みの指標タイプとモニタリング対象リソースの詳細については、指標モニタリング対象リソースの一覧をご覧ください。独自の指標を定義し、グラフに追加することもできます。詳細については、カスタム指標の使用をご覧ください。

指標を指定する場合、ワークスペースのプロジェクト内に指標データが存在する指標タイプとリソースだけが UI に表示されます。プロジェクトにデータがない指標とリソースはオプションとして表示されません。

グラフに複数の指標を追加するには、[Add metric] オプションを使用します。

指標の指定用フィールド

指標を選択するには、[Find resource type and metric] フィールドを使用して、リソースタイプと指標タイプを 1 つずつ選択します。どちらを先に選択してもかまいません。まず、フィールドをクリックします。前の選択に応じて、1 つまたは 2 つのリストが表示されます。次のスクリーンショットのように、リストのヘッダーに Resource types または Metrics が表示されます。

指標とリソースを選択するための検索リスト

次のいずれかの方法でエントリを選択します。

  • リストからエントリを選択する。
  • 直接入力して候補リストを検索する(カスタム指標を含む)。

カスタム指標を検索するには、検索ボックスに「custom」と入力します。

いずれかのリストの項目にカーソルを合わせると、ツールチップが開き、その項目の記述子に含まれる情報が表示されます。指標タイプまたはモニタリング対象リソースの記述子については、指標の一覧モニタリング対象リソースの一覧をそれぞれご覧ください。

リソースタイプと指標のペアを 1 つ以上選択すると、グラフには使用可能なすべての時系列が表示されます。[Metric] タブには、指定した指標の下に追加項目が表示されます。次のスクリーンショットは、1 つの指標を指定した後の [Metric] タブを示しています。

その他の選択オプション

他の構成を行わず、選択した指標とリソースでグラフを表示すると、次のスクリーンショットのようなグラフが表示されます。

指標が選択されたグラフ

このグラフに含まれているデータは、表示できる量を超えています。グラフに表示できる線の数は最大 300 です。表示するデータが多すぎるという通知がグラフに表示され、外れ値モードの使用が推奨されます。外れ値モードは [View options] タブの選択肢の 1 つです。このモードを使用すると、表示するデータの量が大幅に削減されます。

また、追加の指標構成オプションを使用して、データ量を管理することもできます。これらの手法により、診断や分析に役立つグラフを作成できます。また、ユーザー インターフェースのパフォーマンスや反応も改善されます。

追加構成

このセクションの残りの部分では、追加の指標構成について説明します。

フィルタリング

フィルタ条件を指定すると、指標に対して返されるデータの量を減らし、一定の条件を満たす時系列のみを使用できます。フィルタリングを行うとフィルタ条件を満たしていない時系列が除外されるため、グラフのデータを削減できます。その結果、この指標を表示するグラフ上の線が減り、グラフのパフォーマンスが向上します。

複数のフィルタ条件を指定できます。対応するグラフには、条件をすべて満たす(論理 AND)時系列だけが表示されます。

[Filter] フィールド内をクリックすると、フィルタ条件のリストが含まれているパネルが表示されます。大まかに言うと、リソース グループ、名前、リソースラベル、指標ラベルでフィルタリングできます。

次のスクリーンショットでは、プロジェクトのラベルでフィルタリングを設定しています。

事前入力のフィルタラベルのリスト

条件をリストから選択することも、直接入力することもできます。まだ表示されていないデータのフィルタを作成することもできます。このようなフィルタ条件は選択リストに表示されませんが、今後有効になることがわかっている場合は手動で指定できます。

フィルタリングするラベルを選択したら、フィルタの残りの部分(値または値の範囲と比較演算子)を指定します。

たとえば、次のスクリーンショットには zone リソースラベルに設定したフィルタが示されています。[Filter] フィールドで使用できる比較演算子には、等式 ==~ のペアと、不等式 !=!=~ のペアがあります。各ペアの 2 番目の項目は、値として正規表現を取ります。デフォルトは、単純な等式(=)です。

フィルタの比較演算子

比較演算子のリストの下にあるのは、使用可能な値のリストです。次のスクリーンショットには、プロジェクト内のゾーンの名前が示されています。

事前入力フィルタ値の一部

[Value] フィールドでは、プルダウン リストにあるいずれかの項目を選択できます。あるいは、複数の項目と一致する式を入力することもできます。

  • = または != を使用して直接比較する場合は、starts_with のようなフィルタ文字列を作成できます。たとえば、フィルタ文字列 starts_with("us-central") は任意の us-central ゾーンと一致します。

    フィルタ文字列の使用

    フィルタ文字列に関する詳細については、モニタリング フィルタをご覧ください。

  • =~ または !=~ を選択する場合は、値に正規表現を含めることができます。たとえば、正規表現 us-central1-.* は任意の us-central1 ゾーンと一致します。

    正規表現によるフィルタリング

    正規表現 ^us.*.a$ は、名前が「a」で終わる任意の US ゾーンと一致します。

    複数の正規表現によるフィルタリング

フィルタ条件は複数指定できます。また、同じラベルを複数回使用することもできます。これにより、特定の値の範囲をフィルタリングできます。さらにフィルタを追加するには、フィルタ フィールドの下部にある [Add a filter] をクリックします。現時点では、すべてのフィルタ条件を満たす必要があるため、論理演算子 AND を使用した場合と同じになります。たとえば、フィルタ文字列 starts_withends_with の両方を使用して、US 内の「a」ゾーンのみを表示できます。

複数のフィルタの使用

zone="starts_with("asia-east1")" または zone=~"asia-east1.*" フィルタを設定すると、いずれかの asia-east1 ゾーンのデータを含む時系列のみを表示できます。

フィルタリングされた時系列の表示

グループ化

類似の時系列のデータを結合すると、指標に対して返されるデータの量を削減できます。

フィルタリングと同様に、グループ化でも操作するデータの量を少なくできます。フィルタリングは一部の時系列を除外することでデータ量を削減しますが、グループ化では、特定の条件を満たす時系列セットを見つけて結合(集計)することでデータ量を削減します。

グループ化はラベルに基づいて行われます。[Group By] フィールドをクリックすると、フィルタリングに使用できるものと同じラベルが表示されます。

[Group By] オプションを使用すると、リソースと指標のラベル別に時系列をグループ化し、それぞれのグループ内でデータを結合できます。これにより、グループ別の値の組み合わせごとに 1 つの新しい時系列が作成され、その新しい時系列がグループのすべてのメンバーを表します。

たとえば、ロギングの負荷を調査するときに、リージョン単位でのみテストを行う場合について考えてみましょう。ここでは、特定のサーバーからのエントリ数は考慮しません。時系列をゾーンでグループ化すると、各ゾーンの合計、平均または他の尺度をグラフに表示できます。

[Group By] を使用すると、グループ化するデータの種類に基づいてデフォルトの集計関数が選択されますが、この選択は変更できます。他の選択項目については、集計をご覧ください。

次のスクリーンショットでは、ゾーンでグループ化を行っています。[Aggregator] の下にある sum がデフォルトの選択項目です。

時系列のグループ化

これにより、各ゾーンに新しい時系列が作成され、そのゾーンの個々の時系列のすべての値が合計されます。

また、複数のラベルでグループ化することもできます。複数のラベルでグループ化すると、ラベルの組み合わせごとに時系列が作成されます。ラベルの指定順序は関係ありません。

次のスクリーンショットは、ゾーンで時系列をグループ化した結果のグラフを示しています。

グループ化された時系列の表示

複数のラベルでグループ化できます。たとえば、グループ別の選択肢を zone から severity に変更すると、ロギングの重大度ごとに 1 つの時系列が表示されます。次のスクリーンショットでは、作成されたすべての時系列が表示されています。

ログの重大度で集計された時系列

zoneseverity の両方でグループ化すると、ゾーンと重大度の値のペアごとに 1 つの時系列が作成されます。次のスクリーンショットは、このような時系列の例を示しています。

ログの重大度とゾーンで集計された時系列

この方法では、ラベルの組み合わせごとに時系列が作成されるため、一度にグラフを作成する場合よりも多くのデータが作成されます。この例では、zone または severity でグループ化を行うため、次のスクリーンショットに示すように、グラフで処理可能な量を超えるデータが生成されます。

2 つのラベルをグループ別に表示したグラフ

グループ別条件の削除

グループ別条件を削除するには、次の操作を行います。

  1. グループ別ラベルを削除します。
  2. 集計メソッドを none に戻します。

集計

[Aggregator] オプションを選択すると、共通の関数を使用して時系列を結合できます。その結果、指標を表示するグラフ上の線が少なくなり、グラフのパフォーマンスが向上します。

[Aggregator] フィールドをクリックすると、選択可能な集計オプションの一覧が表示されます。この一覧に表示されるのは、時系列の結合に使用できる関数(レデューサ)です。

使用可能な削減関数は指標で収集される値の種類によって異なりますが、通常は、平均、最大または最小、標準偏差、パーセンタイルなどの選択肢があります。関数の依存関係の詳細については、指標、時系列、リソースをご覧ください。

グループ化を行わないと、選択したすべての時系列に削減関数が適用され、すべての時系列で計算された平均、合計などの尺度から構成される単一の時系列に結合されます。グループ化を行うと、各グループ内の時系列に関数が適用されます。

集計の詳細については、API リファレンスの Aggregation をご覧ください。

[Group By] オプションを使用すると、集計が自動的に適用され、各グループ内の統計が計算されます。Group By グラフの線は、すでに集計を表しています。[Group By] を使用すると、グループ化するデータの種類に基づいてデフォルトの集計関数が選択されますが、この選択は変更できます。

集計は、すでにフィルタリングした時系列セットにも適用できます。フィルタリングされた時系列の集計では、フィルタリングされていない時系列と同様に、グループ化を併用していない限り、選択した集計関数が反映されて行が 1 つに削減されます。

次のスクリーンショットでは、名前が d で始まる Google Kubernetes Engine コンテナからの時系列が表示されています。

フィルタリングの例

このデータを単純に集計すると(たとえば sum)、1 つの時系列にまとめられます。これは、集計された各時系列の値の合計を表します。結果は、次のスクリーンショットのようになります。

フィルタリングと集計の例

d で始まる名前のコンテナには複数の時系列があります。この時系列を 1 つ以上のラベルの値でグループ化し、その結果を集計することもできます。これにより、各グループの時系列が表示されます。次のスクリーンショットでは、グループ化にデフォルトの sum 集計を使用し、フィルタリングされた時系列をマシンイメージでグループ化した結果が表示されています。

フィルタリングの例

指標を選択するための追加オプションも用意されています。追加オプションにはデフォルト値が設定されていますが、このオプションを確認してデフォルトをオーバーライドできます。追加オプションを確認するには、[Show advanced options] をクリックしてください。

アライメント

時系列とは、データポイントを時間順にまとめたものです。時系列をアライメントするには、データポイントを一定の時間間隔(アライメント期間)に分割します。複数の時系列を結合する前に、アライメントを行う必要があります。

アライメントは時系列の集計の前提条件であり、各時系列に別々に適用されます。アライメントはデータをグラフ化する際の前提条件であるため、Stackdriver によりデフォルト値を使用して自動的に適用されます。デフォルトをオーバーライドするには、アライメント オプションの [Aligner] と [Alignment Period] を使用します。

アライメント オプション フィールド

Alignment Period: アライメント期間は、時系列をさらに細かく分割するための時間の長さを決定します。たとえば、1 つの時系列を 1 分単位や 1 時間単位に分割できます。各期間のデータは要約され、単一の値でその期間が表されるようになります。デフォルトのアライメント期間は 1 分です。

データのアライメント間隔を設定できますが、グラフに表示する時間間隔やズームレベルを変更すると、時系列がアライメントし直される場合があります。

Aligner: 整列指定子は、各アライメント期間でのデータの要約方法を決定する機能です。整列指定子には合計や平均などが含まれます。整列指定子の有効な選択肢は、時系列で格納する指標データの種類によって異なります。つまり、整列指定子の選択肢は時系列の MetricKindValueType に依存します。

一部の整列指定子は、データの整列と別の種類の指標への変換の両方を行います。使用可能な整列指定子の詳細については、API リファレンスの Aligner をご覧ください。

二次集計

[Group By] オプションの例にあるように、すでに複数の時系列で集計が表されている場合は、[Secondary Aggregator] を選択すると時系列をさらに集計できます。

二次集計のフィールド

二次集計を行うことで、グラフのすべての時系列を 1 つに削減できます。

次のスクリーンショットでは、フィルタリングされたデータセットをグループ化した結果として、複数の時系列が表示されています。グループ化を使用するには集計が必要で、各行のグループが 1 つにまとめられます。次のスクリーンショットでは、ゾーンでグループ化した時系列が表示されています。

フィルタングした時系列をゾーンでグループ化

次のスクリーンショットは、二次集計を使用して、グループ化された時系列の平均値を求めた結果を表しています。

前の例に適用された 2 次集計

凡例テンプレート

[Legend Template] フィールドを使用すると、グラフの時系列の説明をカスタマイズできます。この説明は、グラフのポップアップ カードや [Name] 列のグラフの凡例に表示されます。

デフォルトでは、この説明は時系列のさまざまなラベルの値から自動的に作成されます。システムによってラベルが選択されるため、結果が適切ではない場合があります。このフィールドを使用すると、説明のテンプレートを自分で作成できます。

[Legend Template] フィールドに入力できる内容は次のとおりです。

  • 書式なしテキスト。
  • 時系列のラベルを表す変数。使用可能なラベルはグラフ化する時系列によって異なりますが、通常、変数の構文は ${resource.labels.project_id} のようになります。${} と表記することで、変数が説明の中で評価されます。

テキストだけを指定すると、グラフ上の時系列の説明はどれも同じになります。変数を使用することで、時系列のラベルから説明に値を pull できます。

変数名がわかっている場合は、テンプレート フィールドに手動で入力できます。フィールド内の [+ Add a filter] ウィジェットを使用して、使用可能なラベルの変数を選択することもできます。この方法を使うと、変数の構文を正しく入力できます。

次のスクリーンショットは、1 つの文字列と 1 つの変数で構成されるテンプレートを示しています。

簡単な説明のテンプレート

グラフの凡例では、テンプレートから生成された値は [Name] という見出しの列に表示されます。この値はポップアップ カードにも表示されます。

次のスクリーンショットは、テンプレートから生成された [Name] の値とポップアップ カードを示しています。

テンプレートから生成された説明

複数の文字列と変数を使用するテンプレートも作成できますが、ポップアップ カードの表示スペースには制限があります。

追加オプションを隠す

[Secondary Aggregation] と [Aligner] のオプションを非表示にするには、ペインの下部にある [Hide advanced options] をクリックします。ただし、選択したオプションはクリアされません。たとえばグループ化を変更または削除するときに、このような非表示オプションを選択したことを忘れてしまうと、予期しない結果が生じることがあります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。