リソース グループの使用

Cloud Monitoring を利用すると、一連のリソースをグループとして定義できます。グループを定義したら、アラート ポリシー、グラフ、ダッシュボードを設定してグループを監視できます。ワークスペースに最大 500 個のグループを作成できます。

グループの概要

グループを使用すると、個々のリソースではなく、一連のリソースの動作を通知できます。たとえば、グループ内のいくつかのリソースが特定の条件(たとえば CPU 負荷)に違反した場合にトリガーされるアラート ポリシーを作成できます。この場合、リソースごとに違反を通知する必要はありません。

グループのメンバー条件を定義します。グループのメンバー条件を満たしている場合、リソースはグループに属します。メンバー条件は、ラベル、リージョン、アプリケーションなどの条件に基づいて指定できます。リソースは、複数のグループに所属できます。

グループのメンバーは可変のため、変化する環境のモニタリングに役立ちます。たとえば、メンバー条件でリージョンを指定するグループを作成すると、そのリージョンの新しいリソースが自動的にグループに追加されます。グループのメンバーが変更されたときに、ダッシュボードやアラート ポリシーを変更する必要はありません。

グループは、最大 6 階層のサブグループを含むことができます。グループやサブグループのアプリケーションの 1 つは、物理トポロジや論理トポロジの管理用です。たとえば、グループを使用すると、本番環境のリソースのモニタリングをテスト環境または開発環境のリソースのモニタリングから切り離すことができます。サブグループを作成してゾーンごとに本番環境のリソースをモニタリングすることもできます。

グループの使用

グループを作成すると、Monitoring によってダッシュボードが作成されます。グループ ダッシュボードでは標準のダッシュボードのコントロールに加えて、以下を行うコントロールがあります。

  • グループを編集または削除する。
  • グループに依存するアラート ポリシーを管理する。
  • サブグループを作成、表示する。
  • インシデントを表示する。
  • イベントを表示する。
  • グループ リソースを表示する。
  • グループ リソース ダッシュボードにアクセスする。

グループ ダッシュボードのグラフは、25 個に制限されています。グループ ダッシュボードのグラフには、グループのメンバーからのみデータが表示されます。

次のスクリーンショットは、グループ「My instances」のデフォルトのダッシュボードです。

My instances グループのデフォルトのグループ ダッシュボード。

リソース グループの概要

すべてのグループのステータスの概要を表示するには、Cloud Console の [モニタリング] メニューで [Groups] を選択します。フィルタを追加して、リスト表示されるグループを変更できます。フィルタを追加するには、[Filter table] をクリックし、フィルタタイプを選択します。選択したタイプに基づいて、フィルタ値を選択するか、値を入力します。

[Groups] ウィンドウ上のグループにも、次のすべての操作ができます。

  • グループの表示名をクリックして、グループのダッシュボードを表示する
  • 編集 をクリックして、グループを編集する
  • 削除 をクリックして、グループを削除する
  • 関連するアラート ポリシーを表示するには、ポリシー をクリックする。
  • グループ内の VM インスタンス数とリソース数を表示する

Google Cloud Console の使用

グループの作成

グループを作成する方法は次のとおりです。

  1. Cloud Console で、[モニタリング] を選択します。

    [モニタリング] に移動

  2. ナビゲーション パネルで [Groups] を選択します。

  3. [CREATE GROUP] をクリックします。次のスクリーンショットは、[Create group] ダイアログを示しています。

    グループを作成パネル

  4. [Name] をグループの表示名に置き換えます。表示名は、プロジェクト内で一意である必要はありません。

  5. グループ メンバー条件を追加します。詳細については、次のメンバー条件の指定をご覧ください。

  6. [CREATE] をクリックします。

メンバー条件の指定

グループには複数のメンバー条件を設定できます。

条件を 1 つだけ指定する場合は、[Create group] ダイアログで次の操作を行います。

  1. [ADD CRITERION] をクリックします。

  2. [Criteria] ダイアログで、メニューから条件の [Type] を選択します。

    • Name: グループ メンバー(デフォルト)は、リソースの表示名によって決まります。
    • Tag: グループ メンバーはタグによって決まります。このオプションでは、構成に依存するリソース値のセカンダリ メニューが表示されます。たとえば、Compute Engine インスタンスを作成し、ネットワーク タグまたはラベルをインスタンスに割り当てた場合、これらのタグとラベルがセカンダリ メニューに表示されます。

    • Region: リソースの場所です。

    • Security Group: グループ メンバーは役割ベースのアクセス制御(RBAC)によって決まります。たとえば、Google Kubernetes Engine クラスタの作成時にセキュリティ グループを指定できます。詳細については、Kubernetes リファレンス ページ RBAC 認証の使用をご覧ください。

    • Cloud Account/Project: Google Cloud プロジェクトです。

    • App Engine アプリ: App Engine アプリケーション。

    • App Engine Service: Users API、Memcache、Images API などの App Engine サービスです。

  3. [Name] または [Tag] 条件を選択すると、[Operator] メニューが表示されます。この場合、比較方法を選択します。デフォルトでは、比較演算は [Contains] に設定されています。

    たとえば、名前に instance を持つリソースがグループに含まれないようにするには、タイプを [Name]、値を instance、演算子を [Does not contain] に設定します。

    たとえば、[Operator] メニューが表示されない場合、比較演算子は [Equals] になります。

  4. 一致する値を入力します。

  5. [完了] をクリックします。

条件を追加する場合は、前の手順を繰り返します。複数の条件がある場合、[Combine criteria operator] セレクタを使って、条件の組み合わせ方法を設定します。すべての条件を満たすリソースがメンバーに必要な場合は、[AND] を選択します。単一の条件を満たすリソースがメンバーに必要な場合は、[OR] を選択します。

次のスクリーンショットは、「My instances」という名前のグループのグループ定義を示しています。

instance というリソース グループを作成。

この例では、2 つの条件があり、どちらも満たす必要があります。

グループの削除

グループを削除する方法は、次のとおりです。

  1. 1 つの方法を選択して、削除操作を開始します。

    • [Groups] ウィンドウで、削除するグループを特定して、[削除] をクリックします。
    • グループ詳細ビューで、[削除] をクリックします。
  2. [Delete group and subgroup] ダイアログで、[DELETE] をクリックして、グループとそのサブグループを削除する操作を確定します。グループを削除すると、アラート ポリシーと稼働時間チェックからもグループが削除されます。

グループの編集

グループを編集するには、1 つのアプローチを選択します。

  • [Groups] ウィンドウで、編集するグループを特定して、編集 をクリックします。
  • グループ詳細ビューで、編集 をクリックします。

関連付けられたアラート ポリシーの表示

グループに依存するアラート ポリシーを表示する方法は次のとおりです。

  1. グループの詳細ビューに移動します。
  2. [ポリシー] をクリックします。[ポリシー] ダイアログには次の情報が含まれます。

    • 各ポリシーへのリンク。
    • ポリシーを有効または無効に切り替えるボタン。
    • [Create Policy] ボタンをクリックします。

グループのアラート ポリシーの作成

グループを使用するアラート ポリシーを作成するには、条件の追加ウィンドウで次の操作を行います。

  1. [フィルタ] をクリックし、[グループ] を選択します。
  2. [メニュー] をクリックし、グループ名を選択します。
  3. [適用] をクリックします。

API の使用

projects.groups API を使用して、グループを作成、変更、取得、削除できます。ただし、API を使用して作成したグループは、UI では編集できません。

API では、グループは [groupId] フィールドで識別されます。これは、グループの作成時に Cloud Monitoring が割り当てた識別子です。グループ名フィールドでグループに指定した値は、[displayName] フィールドに保存され、表示専用の名前として使用されます。

また、モニタリング フィルタを使用して、次のことを行うこともできます。

次のステップ