請求の見積もり

このページの情報は、現在の Google Cloud のオペレーション スイートの料金を対象としています。

概要

使用状況データに基づいて、Google Cloud のオペレーション スイートの請求額を見積もることができます。

Cloud Billing レポートのページと Logging、Monitoring、Trace のコンソールには、現在の使用状況データが表示されます。また、Logging と Monitoring のコンソールには、今月の予想される使用状況データが表示されます。

このページでは、必要に応じて集約された使用状況データにアクセスする方法について説明します。

使用状況データを確認して請求額を見積もる

必要な使用状況データを取得したら、このページで紹介されている 2 つの方法で今後の請求額を見積もることができます。

  • 料金情報を参照する: この表の料金と現在の使用状況データを比較することで、今後の Google Cloud のオペレーション スイートの請求額をある程度の精度で見積もることができます。

  • 料金計算ツールを使用する

    1. Google Cloud のオペレーション スイート プロダクトを選択します。
    2. 現在のまたは予想される Monitoring の使用状況データを [Metrics] セクションに追加し、[Add to estimate] をクリックします。
    3. 現在のまたは予想される Logging の使用状況データを [Logs] セクションに追加し、[Add to estimate] をクリックします。
    4. 現在の Trace の使用状況データを [Trace spans] セクションに追加し、[Add to estimate] をクリックします。
    5. 使用状況データを入力したら、[Estimate] ボタンをクリックします。

      Google Cloud のオペレーション スイートの将来の請求額の見積もりが表示されます。[Email Estimate] で見積もりをメールで送信できます。また、[Save Estimate] で見積もりを保存できます。

請求先アカウント別の使用状況の表示

  1. Cloud Console のナビゲーション メニュー を開き、[お支払い] をクリックします。
  2. 請求先アカウントが複数ある場合は、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択して、現行プロジェクトの請求先アカウントを表示します。別の請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、使用状況レポートを取得する対象のアカウントを選択します。
  3. レポートを選択します。
  4. [グループ条件] > [SKU] の順に選択します。このメニューが非表示になっている場合は、[フィルタを表示] をクリックするとアクセスできます。
  5. [SKU] プルダウン リストで、次のとおりに選択します。

    1. Log Volume(Cloud Logging の使用状況)
    2. Spans Ingested(Cloud Trace の使用状況)
    3. Metric Volume および Monitoring API リクエスト(Cloud Monitoring の使用状況)

    必要に応じて、使用状況データをグループ化しないで、これらの SKU の 1 つまたは複数を選択することもできます。

  6. 選択した SKU でフィルタされた使用状況データは次のように表示されます。

    SKU でフィルタされた使用状況データを示すユーザー インターフェース。

Metrics Explorer での詳細な使用状況の表示

Metrics Explorer を使用してモニタリング対象リソースの指標を表示する方法は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console のナビゲーション パネルで、[Monitoring] を選択します。
    Google Cloud Console に移動

    この Google Cloud プロジェクトで Cloud Monitoring に初めてアクセスする場合は、Cloud Monitoring によってワークスペースが作成されます。通常、この処理は自動的に行われ、数分以内に完了します。ワークスペースを選択または作成するよう求めるメッセージが表示されたら、[作成] を選択します。

  2. [Monitoring] のナビゲーション パネルで、 [Metrics Explorer] をクリックします。
  3. [Metric] タブが選択されていることを確認します。
  4. [Find resource type and metric] のボックスをクリックして、リソースと指標をメニューから選択するか、リソースと指標の名前を入力します。次の情報を使用して、このテキスト ボックスのフィールドに入力します。
    1. [リソース] には、[グローバル] を選択または入力します。
    2. [指標] には、次のいずれかを選択します。
      • Log bytes ingested: Logging に取り込まれたログバイト数。
      • Monthly log bytes ingested: 各ポイントは、Logging に取り込まれたログバイトの月合計を表します。毎月の最終日に月合計が表示され、同日にリセットされます。
      • Metric bytes ingested: Monitoring に取り込まれた指標データの課金可能バイト数。
      • Trace spans ingested: Trace に取り込まれた課金可能なトレーススパン。
      • Monthly trace spans ingested: 各ポイントは、Trace に取り込まれたトレーススパンの月合計を表します。これは、月の最終日にリセットされます。毎月の合計はその月の最終日に確認できます。
  5. [Filter]、[Group By]、[Aggregator] の各メニューを使用して、データの表示方法を変更します。たとえば、リソースラベルや指標ラベルごとにグループ化できます。詳しくは、指標の選択をご覧ください。

使用状況データが表示され、選択した指標でフィルタされます。指標の使用状況データがグラフに表示されないときは、グラフの上にある期間セレクタで 1w または 1m にズームアウトしなければならない場合があります。

Google Cloud プロジェクトごとの Logging 使用状況の表示

  1. Logging に移動します。

    Logging に移動

  2. リソース使用量を選択します。

    [リソースの使用量] ページには、選択した Google Cloud プロジェクトのログ取り込みデータの概要が表示されます。このデータには、先月の総使用量、今月の現在までの使用量、今月の予想使用量が含まれます。

省略可: プロジェクト レベルの課金データの詳細を確認するには、[先月の取り込まれたログ容量] の下の [See Bill] をクリックします。Cloud Billing レポートのページが表示されます。

リソースタイプごとの Logging 使用状況の表示

  1. Logging に移動します。

    Logging に移動

  2. リソース使用量を選択します。

    [ログの取り込み] 表に、リソースタイプ別にログの取り込みデータの概要が表示されます。このデータには、先月の総使用量、今月の現在までの使用量、今月の予想使用量が含まれます。

ログベースの指標の使用状況の表示

  1. Logging に移動します。

    Logging に移動

  2. [ログベースの指標] を選択します。

  3. ユーザー定義指標の表に、使用状況データが表示されます。

    • [先月の使用量] は、先月のログベースの指標に取り込まれた合計バイト数を表します。
    • [使用量(MTD)] は、当月のログベースの指標に取り込まれた合計バイト数を表します。

省略可: いずれかの列名をクリックすると、昇順または降順でデータを並べ替えることができます。これは、最も多くのデータを取り込んだ指標を確認する場合などに役立ちます。

ワークスペースごとの Monitoring 使用状況の表示

Cloud Monitoring でワークスペースを使用すると、対象となるリソースが 1 つの Google Cloud プロジェクトや AWS アカウントにあるか、複数の Google Cloud プロジェクトや AWS アカウントにあるかをモニタリングできます。Monitoring は、他の Google Cloud サービスと同様に、Google Cloud プロジェクト単位ではなく、ワークスペース単位で整理されます。詳細については、ワークスペースをご覧ください。

ワークスペースごとの Monitoring 使用状況を表示するには:

  1. [Monitoring] に移動します。

    [Monitoring] に移動

  2. Monitoring のナビゲーション パネルで、[設定] を選択し、[概要] タブを選択します。

    [Metrics Ingested] 表に、リソースごとの指標の取り込みデータの概要が表示されます。このデータには、先月の総使用量、今月の現在までの使用量、今月の予想使用量が含まれます。

省略可: プロジェクト レベルの使用状況の詳細を確認するには、[Metrics Ingested] 表の [View Bill] をクリックしてください。Cloud Billing レポートのページが表示されます。