割り当てと上限

Cloud Trace では、API リクエストに対するレート割り当てと、Trace に送られるスパンに対する取り込み割り当ての 2 種類の割り当てが適用されます。

Trace API の使用量上限

API メソッド 総割り当てユニット数
GetTrace1
ListTraces2
ListSpan1
60 秒あたり 300 個
PatchTraces1
BatchWriteSpans1
CreateSpan1
60 秒あたり 4,800 個

1 API 呼び出しごとに割り当てユニットを 1 個消費します。
2 API 呼び出しごとに割り当てユニットを 25 個消費します。

GetTraceListTracesListSpan の 3 つの API コマンドでは、60 秒あたり合計 300 個の割り当てユニットを使用できます。たとえば以下のような使い方をすると、使用可能な割り当てユニットがすべて消費されます。

  • 60 秒あたり 12 回の ListTraces API 呼び出しを行う。
  • 60 秒あたり 10 回の ListTraces API 呼び出しと 50 回の GetTrace API 呼び出しを行う。

Cloud Trace API のその他の制限事項は次のとおりです。

制限事項
GetTrace 呼び出しあたりの最大スパン数 1,000
PatchTraces 呼び出しあたりの最大スパン数 25,000
ListTraces 呼び出しあたりの最大トレース数 1,000(ルートスパン / ミニマルビューの場合)
100(コンプリート ビューの場合)
トレースあたりの最大スパン数 1,000
トレースあたりの最大バイト数 50 MB
スパンあたりの最大ラベル / 属性数 32
ラベル / 属性あたりのキーのサイズ 128 バイト
ラベル / 属性あたりの値のサイズ 256 バイト

Cloud Trace API の割り当て増加のリクエスト

Google Cloud Console を使用して、Cloud Trace API の上限を引き上げるようリクエストできます。

  1. [割り当て] ページでチェックボックスを使用して [Cloud Trace API] を選択し、[割り当ての編集] をクリックします。

    チェックボックスをオンにするには、プロジェクトで課金を有効にする必要があります。

  2. [割り当ての編集] パネルで、[名前]、[メール]、[電話番号] などの詳細をフォームに入力し、[次へ] をクリックします。

  3. [割り当ての編集] パネルで、サービスを選択してビューを展開し、そのサービスの割り当てを編集して、目的の上限に設定します。[完了] をクリックします。

  4. [リクエストを送信] をクリックします。

このページに記載されている他の上限は変更できません。

詳細については、割り当ての操作をご覧ください。

1 日あたりのトレーススパン取り込みの上限

1 日あたりのトレーススパン取り込みの割り当ては、請求アカウントの履歴と、割り当て量増加のリクエストによって決まります。次の表に、割り当て量の範囲を記載しています。

カテゴリ 割り当て量
取り込みスパン数 1 日あたり 3,000,000~5,000,000,000 個

割り当てと料金の関係性

Cloud Trace の料金は、トレーススパンの取り込み量とスキャン量に基づいて計算されます。 取り込み量には Trace が受信するスパンの数が反映されます。 スキャン量にはストレージから取得するスパンの数が反映されます。

1 日あたりのスパン割り当ては、リソース不足のエラーによって API 呼び出しが失敗するまでに取り込むことができるスパン数の上限を定義します。 API レート割り当ては、リソース不足のエラーによって API 呼び出しが失敗するまでに実行できる API 呼び出しレートの上限を定義します。

API 呼び出しごとに API 割り当てが消費されます。書き込み API の場合は、呼び出しごとに 1 日あたりのスパン取り込み割り当ても消費されます。たとえば、10,000 のスパンをつなぎ合わせるには次の 2 通りの方法が考えられます。

  • 10,000 個のスパンを含む 1 つの patchTraces リクエストを送信する。

  • それぞれ 1 つのスパンを含む 10,000 個の patchTraces リクエストを送信し、API 割り当て上限を超えないように数分間に分散させる。

最初の方法では API の割り当てユニットを 1 つだけ使うのに対し、2 番目の方法では 10,000 個の API 割り当てユニットを使います。どちらの方法も、1 日あたりのスパン取り込み割り当てユニットを 10,000 使用します。 料金は API の呼び出し回数ではなく、取り込まれたスパンの数によって決まるため、2 つの方法の料金は同じです。

トレースの保持期間

カテゴリ 保持期間
すべてのトレーススパン データ 30 日
分析レポート 30 日

割り当ての管理

割り当てが不足していないこと、アプリのパフォーマンスを観測できていることを確認するには、定期的に割り当て使用量を確認するか、アラート ポリシーを作成してください。API リクエストとそのレスポンスをモニタリングする方法について詳しくは、API 使用状況のモニタリングをご覧ください。

  • Cloud Trace API と 1 日あたりのスパン取り込み量の割り当てを表示するには、割り当ての確認をご覧ください。

  • API 割り当てユニットと 1 日あたりのスパン取り込み割り当てユニットを削減するには、使用量の上限を設定するをご覧ください。

  • API 割り当てユニットや 1 日あたりのスパン取り込み割り当て量の増加をリクエストするには、割り当ての増加をリクエストするをご覧ください。

  • Trace API 割り当てやレート トレース スパン取り込み量をモニタリングするアラート ポリシーの作成について、詳しくは割り当て超過アラートの作成をご覧ください。