アラート ポリシーの作成

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Monitoring でアラート ポリシーを作成して、1 か月あたりの Cloud Trace 取り込みスパン数、割り当て使用量、スパン取り込み率をモニタリングできます。アラート ポリシーを作成したことがない場合は、アラート ポリシーの管理で Cloud Monitoring コンソールに関する詳細をご覧ください。

API 使用量の割り当てのトレース

取り込まれた Cloud Trace スパンの月間合計が、割り当て量を超えるとトリガーされるアラート ポリシーを作成するには、次の設定を使用します。

[新しい条件]
フィールド

リソースと指標 [リソース] メニューで、[消費した API] を選択します。
[指標カテゴリー] メニューで、[API] を選択します。
[指標] メニューで [リクエスト数] を選択します。

(metric.type は serviceruntime.googleapis.com/api/request_count です。)
フィルタ service = cloudtrace.googleapis.com
response_code = 429
時系列全体
時系列集計
sum
ローリング ウィンドウ 1 m
ローリング ウィンドウ関数 sum
アラート・トリガーの構成
フィールド

条件タイプ Threshold
アラート トリガー Any time series violates
しきい値の位置 Above threshold
しきい値 0
再テスト ウィンドウ 1 minute

Trace モニタリングの月間スパン使用量

取り込まれた Cloud Trace スパンの月間合計が、ユーザー定義の上限を超えたときにトリガーされるアラート ポリシーを作成するには、次の設定を使用します。

[新しい条件]
フィールド

リソースと指標 [リソース] メニューで、[グローバル] を選択します。
[指標カテゴリー] メニューで、[お支払い] を選択します。
[指標] メニューで、[Monthly trace spans ingested] を選択します。
フィルタ
時系列全体
時系列集計
sum
ローリング ウィンドウ 60 m
ローリング ウィンドウ関数 max
アラート・トリガーの構成
フィールド

条件タイプ Threshold
アラート トリガー Any time series violates
しきい値の位置 Above threshold
Threshold value 許容値を決定します。
再テスト ウィンドウ 最小許容値は 30 分です。