分析レポートの作成と表示

Cloud Trace の分析レポートでは、お使いのアプリケーションに対するリクエストのレイテンシを全体的または部分的に確認できます。

毎日のレポート

Trace では、上位 3 つのエンドポイントについて前日のパフォーマンスをその前の週の同じ曜日のパフォーマンスと比較した日次レポートが自動的に作成されます。日次レポートは、トレースの [概要] ウィンドウと [分析レポート] ウィンドウに表示されます。

日次分析レポートの表示の詳細については、レポートの表示をご覧ください。

カスタム分析レポート

日次分析レポートは自動的に作成され、レポートの内容は選択できません。ただし、カスタム分析レポートを作成して、レポートに含めるトレースを選択できます。

カスタム レポートには次の情報が含まれます。

  • レイテンシ データのヒストグラム。
  • パーセンタイル別のレイテンシとサンプル トレースへのリンクを一覧表示するテーブル。
  • (省略可)別の期間のレイテンシ データ(比較用)。
  • レイテンシの主な原因である RPC 呼び出しを一覧表示するボトルネック ペイン。

レポート パラメータを手動で入力して新しいレポートを作成できます。また、既存のレポートを複製してパラメータを編集できます。両方の方法について、以下のセクションで説明します。

新しいレポートの作成

新しい分析レポートを作成するには:

  1. Google Cloud Console で [トレース] に移動します。

    [トレース] に移動

  2. [分析レポート] タブで [新しいレポート] をクリックします。

  3. 表示されるフォームに次のパラメータを入力するか選択します。

    • Request filter: 完全な URI、URI の接頭辞、またはトレース フィルタ キーワード

      たとえば、プロジェクトのルートスパンが Recv の場合、すべてのリクエストを含めるには、ルートスパン名、Recv、またはルートスパン名の接頭辞を入力します。 URI の接頭辞が Recv/cart のトレースのみにレポートを制限するには、その接頭辞をフィルタに入力します。

      スパン属性でトレースをフィルタすることもできます。たとえば、/http/status_code:5 を追加すると、属性キー /http/status_code と属性値の先頭が 5 のスパンを持つトレースのみがレポートに含まれます。
    • HTTP method: リクエストの HTTP メソッド。デフォルトは [すべて] です。
    • HTTP Status: リクエストによって返された HTTP ステータス。デフォルトは [すべて] です。
    • Report Name: 人が読める形式のレポート名。このオプション フィールドに名前を指定しなかった場合、指定されたリクエスト フィルタとレポートの作成時刻に基づいて名前が作成されます。
    • Module: リクエストを処理した App Engine モジュール(JavaPythonGoPHP)。デフォルトは [すべて] です。
    • Version: リクエストを処理した App Engine アプリケーションのバージョン。デフォルトは [すべて] です。
    • Time Range: リクエストが発生した期間。[過去 1 時間]、[過去 24 時間]、[過去 1 週間]、[カスタム(期間を指定)] を選択できます。[カスタム] を選択した場合は、期間の開始時刻と終了時刻を指定する必要があります。デフォルトは [カスタム] です。
  4. (省略可)2 つのレイテンシ データを比較するには、[ベースラインと比較] を選択し、比較データの期間を入力します。

  5. [送信] をクリック

レポートの複製

Trace では、既存のレポートのフィルタ パラメータを複製できます。

  1. Google Cloud Console で [トレース] に移動します。

    [トレース] に移動

  2. [分析レポート] タブで、構造を複製するレポートの名前をクリックします。

  3. [類似のレポートを作成] をクリックします。

  4. [新しいレポートのリクエスト] ウィンドウで、レポートの名前を含む 1 つ以上のレポート パラメータを編集します。

  5. [送信] をクリック

レポートの表示

分析レポートを表示するには:

  1. Google Cloud Console で [トレース] に移動します。

    [トレース] に移動

  2. システムで生成される日次レポートと表示可能なカスタム レポートの一覧を表示するには、[分析レポート] タブをクリックします。

  3. レポートを表示するには、レポート名をクリックします。

密度分布による表示

デフォルトでは、[密度分布] ボタンは有効になっています。この設定では、x 軸は対数目盛のトレース レイテンシで、y 軸はリクエスト全体の中のそのレイテンシの割合(%)です。

ヒストグラムとして表示されるレイテンシを含む Cloud Trace レポート。

比較レポートを作成する場合、Trace では 2 つのデータセットのデータを重ね合わせて、データを比較して変化が分析できるようにします。

ヒストグラムとして表示されるレイテンシを含む Cloud Trace 比較レポート。

比較レポートでは、レポートの凡例にオレンジ色のグラフと青色のグラフの期間が表示されます。これらはスクリーンショットでは省略されています。

累積分布による表示

レイテンシが x 軸のレイテンシ値以下であるリクエストの合計数を表示するには、[累積分布] をクリックします。

累積分布として表示されるレイテンシを含む Cloud Trace レポート。

レイテンシ ペイン

グラフビューの下にある [レイテンシ] ペインには、レイテンシのパーセンタイルが表示され、代表的なサンプル リクエストのトレースへのリンクが含まれています。トレース番号をクリックすると、[トレースの詳細] ウィンドウが開き、ルートスパンに関する詳細情報が表示されます。詳細については、トレースの詳細ビューをご覧ください。

次の画像は、分析レポートのレイテンシ ペインを示しています。この場合、文字 A で示されるデータセットは 1 つだけです。

Cloud Trace のレイテンシ ペイン。

比較レポートを作成すると、レイテンシ データ ペインに両方のデータセットの情報が表示されます。ペインの凡例では、各データセットに属するエントリを示しています。

ボトルネック ペイン

ボトルネックは、特定のトレースでスパンのレイテンシ値が予想されるレイテンシ値の範囲外であることを示します。Cloud Trace では、トレースのサブセットに対して経験的レイテンシ分布の計算と比較による統計的手法を使用して、レイテンシ値の予想範囲を決定します。

[ボトルネック] ペインでは、(存在する場合は)リクエストのレイテンシの主な原因である RPC 呼び出しを一覧表示します。このペインには、代表的なサンプル リクエストを含む RPC 呼び出しがパーセンタイル別に表示されます。 [サンプル トレース] の下の数字をクリックすると、特定のトレースの詳細が表示されます。

次の画像は、分析レポートの [ボトルネック] ペインを示しています。 この場合、文字 A で示されるデータセットは 1 つだけです。

Cloud Trace リクエストのボトルネック

比較レポートでは、2 つのセットの間でレイテンシ分布が変化した原因である RPC 呼び出しがボトルネックによって明らかになります。 このペインの凡例では、各データセットに属するエントリを示しています。

次のステップ