割り当てと上限

Stackdriver Error Reporting の使用には、以下の上限が適用されます。

API アクティビティの上限

割り当て名 上限
1 日あたりのエラー イベント データのリクエスト 3,000
1 ユーザー、1 分あたりのエラー イベント データのリクエスト 60
1 日あたりのエラー グループ メタデータのリクエスト 3,000
1 ユーザー、1 分あたりのエラー グループ メタデータのリクエスト 60
1 日あたりのエラーレポート 170,000
1 分あたりのエラーレポート 6,000

現在の API のアクティビティと割り当ては、API ダッシュボードでも確認できます。API をクリックして [割り当て] を選択すると、上限が表示されます。

デプロイの上限

デプロイとエラーグループのペアの上限は 10,000 個です。デプロイは、serviceversion の組み合わせごとに 1 つとカウントされます。この上限に達すると、Stackdriver Error Reporting は、最も古い(または最初に修正された)デプロイと、それに関連するエラーデータを破棄します。

データの保持期間

Stackdriver Error Reporting 内の情報は 30 日間保持されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Stackdriver Error Reporting
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。