2021 年の State of DevOps アンケートに回答して、ソフトウェア オペレーションの未来を形作り、ご自分の意見を伝えましょう。

割り当てと上限

このページでは、Cloud Profiler の使用量上限について詳しく説明します。

Profiler API の割り当てと上限

Profiler API の割り当ては、Profiler バックエンドが特定の Google Cloud プロジェクトに対して、サポートできる API リクエスト数を制限します。割り当てには、次の上限が含まれます。

  • 1 日あたりの新しいデプロイメントの数
  • 1 分あたりの更新リクエストの数
  • 1 日あたりの更新リクエストの数

割り当てを超えた場合、Profiler バックエンドは API リクエストを拒否します。たとえば、1 日あたりの新しいデプロイメント数の割り当てが 75 で、1 日に 80 個の新しいデプロイメントが作成された場合、5 つのデプロイメントのプロファイリング データは収集されません。

2 つ目の例として、ヒープとウォールの時間プロファイリングを収集するサービスのデプロイメントが 10 ある場合、1 分あたりの更新リクエスト数の割り当ては少なくとも 20 である必要があります。

10 deployments x 2 profile types per deployment x 1 update request per profile type per minute
  = 20 update requests per minute (on average)

この割り当てが 20 未満の場合、プロファイルが Profiler バックエンドに正常に送信されないこともあります。

割り当ての管理

Profiler API の割り当てを表示して、増減を行うことができます。割り当ての詳細については、割り当ての操作をご覧ください。

  • Profiler API の割り当てと現在の使用状況を表示するには、Google Cloud Console から [割り当て] にアクセスします。

    [割り当て] に移動

    Profiler API の使用量のみを表示するには、[サービス] メニューで [Profiler API] のみを選択するように設定します。

  • Profiler API の割り当てを引き下げるには、使用量の上限を設定するをご覧ください。

  • Profiler API の割り当ての引き上げをリクエストするには、割り当ての引き上げリクエストをご覧ください。

データの保持期間

Cloud Profiler によって収集されたデータは 30 日間保持されます。