Google BigQuery の一般公開データセット

一般公開データセットは、BigQuery に保存され、一般に公開されるデータセットです。BigQuery のドキュメントに記載されている一般公開データセットは、Google BigQuery がホストしているデータセットで、ユーザーがアクセスして自分のアプリケーションに統合することができます。Google では、これらのデータセットの保存費用を負担しており、プロジェクト経由でデータへの一般公開アクセスを提供しています。データに対して実行されたクエリに対してのみ料金が発生します(毎月 1 TB まで無料。クエリの料金の詳細をご覧ください)。

BigQuery を使用して一般公開データセットを照会する方法

BigQuery は、フルマネージドのデータ ウェアハウスおよび分析プラットフォームです。SQL クエリを使用して分析できる一般公開データセットが用意されています。BigQuery の一般公開データセットにアクセスするには、ウェブ UIコマンドライン ツールを使用します。また、Java.NETPython など、さまざまなクライアント ライブラリを使用して BigQuery REST API を呼び出してアクセスすることもできます。

現在、BigQuery の一般公開データセットは US マルチリージョン ロケーションに格納されています。一般公開データセットをクエリする場合は、コマンドラインで --location=US フラグを指定するか、BigQuery ウェブ UI で処理ロケーションとして US を選択するか、または API でジョブリソースjobReference セクションの location プロパティを指定します。一般公開データセットは米国内に格納されているため、一般公開データのクエリ結果を別のリージョンにあるテーブルに書き込むことはできず、一般公開データセットのテーブルを別のリージョンにあるテーブルと結合することもできません。

BigQuery の一般公開データセットの使用を開始するには、プロジェクトを作成または選択します。毎月、最初の 1 テラバイトのデータの処理については課金されないため、課金を有効にせずに一般公開データセットのクエリを開始できます。無料枠を超える可能性がある場合は、課金を有効にする必要があります。

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. 新しいプロジェクトでは、BigQuery が自動的に有効になります。既存のプロジェクトで BigQuery を有効にする手順は以下のとおりです。 BigQuery API を有効にする。

    Enable the API

その他の一般公開データセット

照会が可能な一般公開データセットは、他にも数多くあり、一部は Google でもホストされますが、多くはサードパーティでホストされます。自分のデータセットに関連付けられている共有権限を変更することで、いずれのデータセットも一般公開データセットと共有することができます。データセットの共有方法については、データセットへのアクセス制御の割り当てをご覧ください。

お問い合わせ

BigQuery の一般公開データセット プログラムについてご不明な点がありましたら、bq-public-data@google.com までお問い合わせください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。