アーキテクチャ: リアルタイム ビッダー

リアルタイム ビッダーは Google Cloud Platform を使用して、広告のリアルタイム プレースメントを通じて、ターゲット ユーザーにサービスを効率的に市場投入します。アーキテクチャは、キャンペーンの作成、入札パラメータの設定、入札の配置、広告の提供、結果の格納、キャンペーンの調整、キャンペーンの成功の分析で構成されます。

図

レポートやダッシュボードなど、キャンペーン管理アプリケーションと、クライアント向けの他の機能は、Google App Engine にホスティングされます。これで、デベロッパーはウェブ キャンペーン管理アプリケーション向けのプラットフォームを簡単に利用できるようになります。キャンペーン クライアントはキャンペーン情報とモデルをアップロードし、Google Cloud Storage に格納します。

ユーザーの PC または端末からウェブ上のコンテンツにアクセスすると、Double-Click または Ad Exchange からの広告のプレースメント リクエストが発生します。この結果 Ad Exchange からビッダーへの入札リクエストが発生します。ロードバランサが入札リクエストを受信し、マッチテーブルがどの入札を返すか(入札がある場合)決定するために使用する入札サーバーにルーティングします。広告は Google Cloud Storage に格納され、そこから直接取得できます。

Google Compute Engine で実行されるピクセル サーバーを使用して、広告からのリクエストに対応します。画像がストレージから引き出され、入札結果は Cloud SQL または Cloud Storage に配置できます。

広告とキャンペーンの結果について、さまざまな方法でモデリングと分析を実行できます。BigQuery は、キャンペーンの効果を分析するためのデータの読み込みとクエリに使用できます。Prediction API を使用すると、機械学習アルゴリズムを入札結果履歴に適用して、より詳しい結果を得られるようにキャンペーンを調整できます。さらに、任意のデータ処理フレームワーク(たとえば Hadoop)を Compute Engine で実行して、入札効果に関するより多くの分析情報の取得や入札方法の詳細な設定なども可能です。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...