レルムの削除

このページでは、Game Servers のレルムを削除する方法について説明します。

始める前に

始める前に、Game Servers の概要の主なコンセプトを理解しておくことをおすすめします。次のタスクを完了していることも確認してください。

  • Game Services API が有効になっていることを確認します。
  • Game Services API を有効にする
  • Cloud SDK がインストールされたシェルを選択するか、API クライアントを使用します。
  • Cloud Shell

    Cloud Shell を起動するには、次の手順に従います。

    1. Google Cloud Console に移動します。

      Google Cloud Console

    2. コンソールの右上隅にある [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン をクリックします。

    コンソールの下部にあるフレーム内で Cloud Shell セッションが開きます。このシェルを使用して、gcloud コマンドを実行します。

    ローカルシェル

    gcloud をインストールするには、Cloud SDK をインストールします。これには、gcloud コマンドライン ツールが含まれています。

    gcloud コマンドライン ツールに必要なデフォルトのプロジェクトが設定されていることを確認します(設定されていない場合、後でコマンドごとに --project フラグを明示的に指定する必要があります)。

    gcloud config list project
    

    デフォルト プロジェクトを設定していない場合は、次のコマンドを実行して、デフォルト プロジェクトを設定します。project-id は、設定するプロジェクト ID に置き換えてください。

    gcloud config set project project-id
    

    次のコマンドを実行して、Google Cloud SDK のバージョンを確認します。Game Servers では、バージョン 306.0.0 以降の SDK が必要です。

    gcloud version
    

    インストールを更新するには、次のコマンドを実行します。

    gcloud components update
    

    クライアント ライブラリ

    Google Cloud Game Servers は、クライアント ライブラリを使用して、プログラムで制御できます。ライブラリと認証の手順については、クライアント ライブラリの概要をご覧ください。

レルムの削除

gcloud コマンド

グローバルまたはリージョンのレルムを削除するには、gcloud コマンドライン ツールを使用します。

グローバル レルムを削除するには、次のコマンドを実行します。realmID は、以前に作成したレルム ID に置き換えます。

gcloud game servers realms delete realmID

リージョンのレルムを削除するには、次のコマンドを実行します。realmID などのプレースホルダの値を、適切な値に置き換えます。

gcloud game servers realms delete realmID --location=region

変数のプレースホルダは、次の説明のとおりです。

  • realmID は、一意のレルム ID です。
  • region は、レルムのリージョン(存在する場合)です。

Go


import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	gaming "cloud.google.com/go/gaming/apiv1"
	gamingpb "google.golang.org/genproto/googleapis/cloud/gaming/v1"
)

// deleteRealm deletes a game server realm.
func deleteRealm(w io.Writer, projectID, location, realmID string) error {
	// projectID := "my-project"
	// location := "global"
	// realmID := "myrealm"
	ctx := context.Background()
	client, err := gaming.NewRealmsClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewRealmsClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &gamingpb.DeleteRealmRequest{
		Name: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s/realms/%s", projectID, location, realmID),
	}

	op, err := client.DeleteRealm(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("DeleteRealm: %v", err)
	}
	err = op.Wait(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Wait: %v", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Realm deleted.")
	return nil
}

Node.js

const {RealmsServiceClient} = require('@google-cloud/game-servers');

const client = new RealmsServiceClient();

async function deleteRealm() {
  /**
   * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
   */
  // const projectId = 'Your Google Cloud Project ID';
  // const location = 'A Compute Engine region, e.g. "us-central1"';
  // const realmId = 'Unique identifier of the realm';
  const request = {
    // Realm name is the full resource name including project ID,location,
    // and the realm ID.
    name: client.realmPath(projectId, location, realmId),
  };

  const [operation] = await client.deleteRealm(request);
  await operation.promise();
  console.log(`Realm with ID ${realmId} deleted.`);
}

deleteRealm();

Python

def delete_realm(project_id, location, realm_id):
    """Deletes a realm."""

    client = gaming.RealmsServiceClient()

    request = realms.DeleteRealmRequest(
        name=f"projects/{project_id}/locations/{location}/realms/{realm_id}",
    )

    operation = client.delete_realm(request)
    print(f"Delete realm operation: {operation.operation.name}")
    operation.result(timeout=120)

レルムが削除されたことを確認する

レルムが正常に削除されたことを確認するには、gcloud コマンドライン ツールを使用してグローバルまたはリージョンのレルムを一覧表示します。

すべてのグローバルのレルムを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

gcloud game servers realms list

リージョン内のレルムを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。region は、一覧表示するリージョンに置き換えます。

gcloud game servers realms list --location=region

削除したレルムはコマンドの出力に表示されなくなります。

次のステップ

監査ログについて学習する。