料金

このドキュメントでは、Cloud Data Fusion の料金について説明します。他のプロダクトの料金を確認するには、料金についてのドキュメントをご覧ください。

料金算定においては、使用量を Cloud Data Fusion インスタンスが作成されてから削除されるまでの時間(分単位)で測定します。料金は時間単位ですが、Cloud Data Fusion では分単位で課金されます。分単位での使用に対して時間単位の料金を適用するため、使用量は時間単位で測定されます(たとえば、30 分は 0.5 時間)。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Google Cloud SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の概要

Cloud Data Fusion の料金は、パイプラインの開発と実行という 2 つの機能に分けられます。

開発

パイプラインの開発に関し、Cloud Data Fusion には次の 3 つのエディションがあります。

Cloud Data Fusion のエディション 1 インスタンスごとの 1 時間あたりの料金
Developer $0.35(約 $250/月)
Basic $1.80(約 $1,100/月)
Enterprise $4.20(約 $3,000/月)

Basic エディションでは、アカウントごとに毎月最初の 120 時間が無料です。

実行

パイプラインの実行については、Cloud Data Fusion がパイプラインを実行するために作成する Dataproc クラスタに対して現在の Dataproc の料金で課金されます。

Developer エディション、Basic エディション、Enterprise エディションの比較

機能 Developer Basic Enterprise
ユーザー数 2(推奨)* 無制限 無制限
ワークロード 開発、プロダクトの調査 テスト、サンドボックス、概念実証 本番環境
ビジュアル デザイナー
コネクタ エコシステム
ビジュアル変換
開発者 SDK(機能拡張)
データ品質とクレンジング ライブラリ
プライベート IP のサポート
デバッグとテスト(プログラマティックとビジュアル)
変換の結合、ブレンド、集約
構造化、非構造化、半構造化
ストリーミング パイプライン
統合メタデータ リポジトリ
統合リネージ - フィールドとデータセット レベル
高可用性 ゾーン リージョン
(少ない容量)
リージョン
(大きな容量)
ランタイム デフォルトのエフェメラル 1 ワーカー Dataproc デフォルトのエフェメラル 2 ワーカー Dataproc エフェメラルおよび専用の Dataproc、Hadoop、EMR
コンピューティング プロファイルの作成とカスタマイズ バージョン 6.3 以上
Devops サポート - REST API
トリガー / スケジュール
実行環境の選択

* Developer エディションでは Cloud Data Fusion の全機能を利用できますが、信頼性とスケーラビリティに関する保証に制限があります。複数のユーザーが同時に使用する場合、パフォーマンスが低下することがあります。

他の Google Cloud リソースの使用状況

Cloud Data Fusion インスタンスの開発費用に加えて、たとえば以下に示すような、パイプラインの実行に使用するリソースのみが請求の対象となります。

サポートされるリージョン

現在のところ、Cloud Data Fusion の料金はサポートされているすべてのリージョンで同一です。

リージョン ロケーション
asia-east1 彰化県(台湾)
asia-east2 香港
asia-northeast1 東京(日本)
asia-northeast2 大阪(日本)
asia-northeast3 ソウル(韓国)
asia-south1 ムンバイ(インド)
asia-southeast1 ジュロンウェスト(シンガポール)
asia-southeast2 ジャカルタ(インドネシア)
australia-southeast1 シドニー(オーストラリア)
europe-north1 ハミナ(フィンランド)
europe-west1 サンギスラン(ベルギー)
europe-west2 ロンドン(イギリス)
europe-west3 フランクフルト(ドイツ)
europe-west4 エームスハーヴェン(オランダ)
europe-west6 チューリッヒ(スイス)
northamerica-northeast1 ケベック州モントリオール(カナダ)
southamerica-east1 サンパウロ州オザスコ(ブラジル)
us-central1 アイオワ州カウンシル ブラフス(米国)
us-east1 サウスカロライナ州モンクスコーナー(米国)
us-east4 北バージニア地方アッシュバーン(米国)
us-west1 オレゴン州ザ ダルズ(米国)
us-west2 カリフォルニア州ロサンゼルス(米国)

料金の例

Cloud Data Fusion インスタンスが 10 時間実行されていて、Basic エディションには無料の時間が残っていないとします。エディションに基づいて、Cloud Data Fusion での開発費用を次の表に示します。

エディション 1 時間あたりの費用 時間数 開発費用
Developer $0.35 10 10 × 0.35 = $3.50
Basic $1.80 10 10 × 1.8 = $18
Enterprise $4.20 10 10 × 4.2 = $42

この 10 時間の間に、Cloud Storage から生データを読み取り、変換を実施し、そのデータを 1 時間ごとに BigQuery に書き込むパイプラインを実行しました。それぞれが完了するまでに約 15 分かかりました。つまり、これらの実行用に作成した Dataproc クラスタは、それぞれ 15 分間(0.25 時間)稼働していました。各 Dataproc クラスタの構成は次のようになっているとします。

項目 マシンタイプ 仮想 CPU 接続されている永続ディスク クラスタ内の数
マスターノード n1-standard-4 4 500 GB 1
ワーカーノード n1-standard-4 4 500 GB 5

Dataproc クラスタには、それぞれ仮想 CPU が 24 個あります(マスター用に 4 個、20 個はワーカーに分散)。Dataproc の課金では、このクラスタのサイズ(24 個の仮想 CPU)とそれぞれの実行時間に基づいて料金を求めます。

パイプラインの実行全体で Dataproc にかかる合計料金は、次のように計算できます。

Dataproc charge = # of vCPUs * number of clusters * hours per cluster * Dataproc price
                      = 24 * 10 * 0.25 * $0.01
                      = $0.60

Dataproc クラスタは他の Google Cloud プロダクトを使用します。これは別途課金されます。具体的には、これらのクラスタでは Compute Engine と標準永続ディスク設定容量について課金されます。パイプラインが処理するデータ量に応じて、Cloud StorageBigQuery のストレージ料金が発生します。

料金計算ツールを使用することで、現在の料金に基づいてこれらの追加費用を求められます。