Dataproc の料金

Dataproc の料金は、Dataproc クラスタのサイズとクラスタの実行期間に基づきます。クラスタのサイズは、マスターノードとワーカーノードを含む、クラスタ全体の仮想 CPU(vCPU)の総数に基づきます。クラスタの実行期間とは、クラスタの作成から削除までの時間のことです。

Dataproc の料金は $0.010 * # of vCPUs * hourly duration で表されます。

料金の式は時間単位ですが、Dataproc クラスタは 1 秒単位で課金されます。ただし、最小課金時間は 1 分です。秒単位での使用に対して時間単位の料金設定を適用するため、使用時間は時間を小数に直して表されます(たとえば、30 分は 0.5 時間)。

Dataproc の料金は、各仮想マシンの Compute Engine のインスタンスあたりの料金に加算されます(他の Google Cloud リソースの使用をご覧ください)。

料金の例

例として、次の構成を持つ(マスターノードとワーカーノードを含む)クラスタについて考えてみます。

項目 マシンタイプ 仮想 CPU 数 アタッチされている永続ディスク クラスタ内の数
マスターノード n1-standard-4 4 500 GB 1
ワーカーノード n1-standard-4 4 500 GB 5

この Dataproc クラスタには 24 個の仮想 CPU があります(マスター用に 4 個、20 個はワーカーに分散)。Dataproc の課金では、このクラスタのサイズ(24 個の仮想 CPU)と実行時間に基づいて料金を求めます(ノードのスケールダウンやプリエンプトはないものとします)。クラスタが 2 時間実行される場合、次の式から Dataproc の料金が得られます。

Dataproc charge = # of vCPUs * hours * Dataproc price = 24 * 2 * $0.01 = $0.48

この例のクラスタでは、Dataproc の料金のほかに、Compute Engine と標準永続ディスク設定容量について課金されます(他の Google Cloud リソースの使用をご覧ください)。料金計算ツールを使用すると、Google Cloud リソースの費用を個別に確認できます。

他の Google Cloud リソースの使用

統合型のマネージド ソリューションである Dataproc は、他の Google Cloud テクノロジーの上に構築されるものです。Dataproc クラスタが使用する以下のリソースは、それぞれ独自の料金設定で課金されます。

上記のリソース以外に、Dataproc クラスタがオプションで利用できる以下のリソースも(これらに限定されません)、それぞれ独自の料金設定で課金されます。