Cloud Shell

ブラウザを使って、コマンドラインでインフラストラクチャとアプリケーションを管理できます。

このプロダクトのドキュメントを見る

必要なツールが厳選された管理マシン

Cloud Shell では、コマンドラインを使ってブラウザからクラウド リソースに直接アクセスできます。そのため、Google Cloud SDK などのツールをシステムにインストールすることなく、プロジェクトやリソースを簡単に管理できます。Cloud SDK gcloud コマンドライン ツールなどのユーティリティを、必要なときにいつでも、最新かつ認証済みの状態で使うことができます。

どこからでもフルにアクセス

柔軟な Linux Shell を使って GCP リソースを管理しましょう。Cloud Shell により、ウェブ コンソールで開いたターミナル ウィンドウから仮想マシン インスタンスにコマンドラインでアクセスできます。

安全かつ、認証済み

Cloud Shell には、Google Cloud Platform 上でホストされているプロジェクトとリソースへのアクセス承認がビルトインされています。

お気に入りのツールが最新の状態でプリインストール

「bash」、「sh」、「emacs」、「vim」など、お気に入りのコマンドライン ツールが最新の状態でプリインストールされています。MySql クライアントや Kubernetes、Docker などの管理ツールがすぐに使えるよう構成された状態でインストールされているため、最新バージョンやすべての依存関係のインストール方法に迷う必要がありません。Cloud Shell に接続するだけで、そのまま作業を開始できます。

デベロッパーが使用することを念頭に開発

人気の開発ツールがすべて構成済みの状態でインストールされているため、デベロッパーはすぐに作業に取り掛かることができます。Java、Go、Python、Node.js、PHP、Ruby などの開発ツールやデプロイツールを今すぐお使いいただけます。Cloud Shell インスタンス内でウェブ アプリケーションを実行し、ブラウザのプレビューで確認してから、構成済みの git や Mercurial クライアントでリポジトリに commit できます。

Java は Oracle および関連会社の登録商標です。

5 GB の永続ディスク ストレージ

Cloud Shell では、Cloud Shell インスタンスの $HOME ディレクトリに 5 GB の永続ディスク ストレージが割り当てられます。スクリプト、.bashrc や .vimrc のようなユーザー構成ファイルなど、ホーム ディレクトリに保存されているファイルはすべて、セッション間で維持されます。

プロダクトのデモ

ログイン済みのユーザーがウェブブラウザで Google Cloud Console を開いて Cloud Shell インスタンスを開始し、Google Cloud コンポーネントのバージョンを確認している例。

特長

ウェブブラウザからアクセス

インターネットに接続されている環境であれば、ブラウザにかかわらず、どこからでも Cloud Shell コマンドラインにアクセスできます。

永続ストレージ

5 GB の永続ストレージがご利用いただけます。

安全な管理ツール

最新で認証済みの管理ツールが、すぐにお使いいただける状態でプリインストールされています。

開発ツール

一般的なプログラミング言語に対応した開発ツールとデプロイツールがプリインストールされています。Cloud Shell を使えば、ウェブ アプリケーションにローカルで加えた変更を、ウェブ上でプレビューできます。

技術リソース

料金

Google Cloud Platform のお客様は、追加料金なしで Cloud Shell をご利用いただけます。

次のステップ

Google Cloud をご利用のお客様には、12 か月間有効の無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料トライアル
開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用