クイックスタート: Cloud Shell を使用して GKE アプリをデプロイする

Cloud Shell を使用して GKE アプリをデプロイする

シンプルな Kubernetes アプリの設定方法、Google Kubernetes Engine(GKE)クラスタ上でアプリを実行する方法、実行中のコードを表示してデバッグする方法を学びます。


このタスクを Cloud Shell エディタで直接行う際の順を追ったガイダンスについては、[ガイドを表示] をクリックしてください。

ガイドを表示


以降のセクションでは、[ガイドを表示] をクリックした場合と同じ手順について説明します。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

アプリケーションの作成

  1. Cloud Shell エディタを起動する
  2. Cloud Code のステータスバーで [New Application] を選択します。

  3. アプリケーション タイプとして [Kubernetes アプリケーション] を選択します。

  4. サンプル アプリケーションのリスト(Node.js、Flask フレームワークと Django フレームワークを使った Python、Java、Go)から、Hello World アプリを選択します。

    たとえば、Go: Hello World を選択すると、スターターの Go Hello World アプリが作成されます。

  5. アプリケーションの場所としてフォルダを選択し、[Create New Application] をクリックします。

    Cloud Shell エディタは、新しいワークスペースにアプリケーションを読み込みます。ワークスペースが読み込まれると、エクスプローラ ビューでアプリにアクセスできるようになります。

アプリケーションのローカルでのテスト

Cloud Code のローカル Kubernetes クラスタでアプリケーションを動作させるには、次の手順に従います。

  1. ターミナルで、次のコマンドを実行します。

    minikube start
    
  2. minikube クラスタの準備ができたら、Cloud Code のステータスバーをクリックし、[Run on Kubernetes] を選択します。minikube コンテキストを使用することを確認します。

  3. プロンプトが表示されたら、Cloud Code に Google Cloud APIs の呼び出しを認可します。

  4. アプリがビルド中である場合、出力パネルで進行状況をモニタリングできます。ビルドが完了すると、出力パネルに表示されたリンクを使用してアプリを起動できます。

アプリケーションの編集

アプリケーションを編集するには、次の手順に従います。

  1. エクスプローラ ビューで、[cmd] > [hello-world] フォルダの下にある main.go ファイルを探します。
  2. 「Hello, world!」を選択したメッセージに変更します。

    この変更を行うと、Output パネルのログでアプリが再ビルドされることわかります。

  3. アプリのビルドとデプロイが完了したら、Output パネルのリンクから起動して、更新されたアプリケーションを表示します。

アプリケーション ログの表示

実行中のアプリケーションを分析するために、ログビューアを使用してログにアクセスできます。

  1. Cmd/Ctrl + Shift + P を押してコマンド パレットを開き、Cloud Code: View Logs コマンドを実行します。

    このビューでは、アプリのログをフィルタしたり、ログ内のさまざまな要素を表示したりできます。

  2. [Deployment] または [Pod] を選択して、アプリのログを表示します。

  3. ブラウザでアプリを更新し、ログビューアの 更新 [更新] をクリックして生成された新しいログを確認します。

GKE クラスタの作成

GKE クラスタを作成するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Kubernetes Explorer を開くには、Kubernetes Explorer のアイコン [Cloud Code - Kubernetes] をクリックします。
  2. Kubernetes Explorer ペインのヘッダーで、[+ Add a Cluster to the KubeConfig] をクリックします。
  3. [Google Kubernetes Engine] を選択し、[+ Create a new GKE Cluster] をクリックします。
  4. クラスタタイプとして [Standard] または [Autopilot] を選択します。
  5. [開く] をクリックして、Cloud Code が Cloud Console を開くのを許可します。
  6. Cloud Console でクラスタを構成します。
  7. [作成] をクリックします。クラスタの作成には数分かかります。
  8. クラスタを作成したら、Kubernetes Explorer で、Kubernetes クラスタビューを更新 [更新] をクリックします。
  9. 新しいクラスタの名前がリストに表示されたら、クラスタ名をクリックします。新しいクラスタが構成に追加され、アクティブなコンテキストとして構成されます。

アプリを実行する

これで、アプリケーションを実行し、ライブで表示できるようになりました。また、Cloud Code がファイルシステムの変更を監視するため、ほぼリアルタイムでアプリを変更して再実行できます。

アプリケーションを実行するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Cloud Code のステータスバーを使用して、[Run on Kubernetes] を選択します。
  2. アプリのコンテキストとして、新しいクラスタを使用していることを確認します。
  3. 選択したコンテキストによっては、イメージを push するイメージ レジストリを選択するよう求められる場合があります。
  4. 出力パネルでは、稼働中のアプリケーションの進行状況を追跡できます。
  5. アプリケーションが実行されると、出力ウィンドウに IP アドレスが表示されます。Ctrl / Cmd キーを押しながらクリックして、このリンクされたアドレスを使用してアプリケーションにアクセスします。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

アプリケーションを中止すると、実行中にデプロイされたすべての Kubernetes リソースは自動で削除されます。このクイックスタートで使用した他のリソースについてアカウントに課金されないようにするには、作成したプロジェクトまたはクラスタを削除してください。

クラスタのみを削除する手順は次のとおりです。

  1. Kubernetes Explorer で、クラスタ名の上にポインタを置き、[Cloud Console で開くアイコン Open in Cloud Console] をクリックします。
  2. [削除] をクリックし、[削除] をクリックします。

プロジェクト(およびクラスタを含む関連リソース)を削除するには、次のようにします。

  1. Cloud Console の [プロジェクト] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. このクイックスタート用に作成したプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。

  3. プロジェクト ID を入力して確定し、[シャットダウン] をクリックします。

    プロジェクトがシャットダウンし、プロジェクト削除のスケジュールが決定されます。

次のステップ