Google 認定資格

Google 認定プロフェッショナル

Google 認定プロフェッショナルであるデータ エンジニアの職務は、データを収集、変換、可視化してデータに基づいた意思決定を可能にすることです。特に、データ処理システムのセキュリティ、信頼性、フォールト トレランス、スケーラビリティ、適合性、効率性に重点を置いて、システムの設計、構築、保守、トラブルシューティングを行います。

また、データを分析してビジネスの成果を客観的に判断したり、意思決定をサポートする統計モデルを構築したり、重要なビジネス プロセスの自動化と簡素化を図るための機械学習モデルを作成することもあります。

Google 認定プロフェッショナルであるデータ エンジニアは、以下のタスクに対応できるスキルを備えています。

  • check データ構造およびデータベースの構築と保守
  • check データ処理システムの設計
  • check データの分析と機械学習の活用
  • check 分析および最適化のためのビジネス プロセスのモデル化
  • check 信頼性を考慮した設計
  • check データの可視化とポリシーの提唱
  • check セキュリティとコンプライアンスに対応した設計

この認定資格試験について

この役割に不可欠な業務スキルについて、各受験者の能力を客観的に判定します。この認定を受けるためには、Google 認定プロフェッショナル - データ エンジニア試験に合格する必要があります。形式は選択式で、英語または日本語で受験できます。この試験はどなたでも受験できます。この試験は Google 指定のいずれかの試験会場で受験する必要があります。

お近くの試験会場は、こちらから検索してください。

  • 時間: 2 時間
  • 登録料: $200

認定資格を取得するまでのステップ

試験ガイドを確認する

試験に出題される可能性があり、熟練したスキルがあることを証明するために知っておくべきトピックについて概要を確認します。認定試験の問題で、架空の会社やソリューションを説明する導入事例が使われる場合があります。試験に出る可能性のある導入事例のサンプルをご確認ください。

トレーニング コースを受ける

ベスト プラクティスを短期間で習得します。 試験範囲の技術的なスキルを学習するクラスを見つけます

Qwiklabs で実践演習を行う

Google Cloud の技術を使用した実践演習を行います。オンデマンドで利用できる一連のラボを使用し、自分のペースで学習します。GCP EssentialsData Engineering クエストの順に学びましょう。

ドキュメント

GCP の概念や重要なコンポーネントについての概要と詳細が説明されているドキュメントのページにアクセスします。

実務経験を生かす

培った経験には計り知れない価値があります。提供されているリソースと実務経験を利用して、この認定試験の準備をします。

受験日を選択する

お近くの受験会場を見つけて登録します

認定を受ける

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。