Google for Education 試験のデータ共有ポリシー

このデータ共有ポリシーは、Google for Education 認定資格プログラムで収集されたデータに限定されるものであり、認定資格のみに関連しています。このポリシーの対象となるのは、認定資格の目的で第三者と共有されるデータのみです。

第三者と共有される可能性のある認定資格データには、次のようなものがあります。

  • 認定資格取得者の名前
  • 認定資格取得者のメールアドレス
  • 取得した認定資格の名前
  • 認定資格を取得した日付(発効日)
  • 認定資格が失効する日付
  • 次の認定資格データは第三者と共有されません。
    • 認定資格に合格するまでのユーザーの関与に関する記述(試験日、点数、グレードなど)

Google 内での共有

  • この認定資格プログラムでは、認定資格に関連するデータを人事管理者と共有します。ただしアクセスできるのは、その管理者の直接または間接の部下のデータに限定されます。
  • この認定資格プログラムでは、認定資格に関連するデータをプログラム管理者と共有します。Google の外部のユーザーがプログラム利用者のメンバーである場合、そのユーザーのデータはプログラム管理者と共有されます。つまり、パートナー ユーザーのデータは、パートナー プログラムを運営しており、プログラムの目的に関連して認定資格データを知る必要のあるプログラム管理者と共有されます。

第三者の定義

  • ユーザーが自分自身と第三者との関係を確立することに関わった場合、Google は認定資格データをその第三者と共有します。こうした関係の一般的な例としては、被雇用者と雇用者の関係があります。

第三者への開示の条件

  • Google 認定資格プログラムでは、ユーザーがプログラムの利用規約に同意し、認定資格を取得したことがユーザーに通知されている場合にのみ、そのユーザーのデータを開示します。