開発環境の設定

Ruby で開発環境を設定するには:

  1. Ruby の最新リリースをインストールします。

    サポートされている Ruby のバージョンについては、Ruby ランタイムをご覧ください。その他の Ruby バージョンの使用については、カスタム ランタイムをご覧ください。

  2. Cloud SDK をインストールし、初期化します。すでに Cloud SDK のインストールと初期化が完了している場合は、gcloud components update コマンドを実行して最新のリリースに更新します。

    Cloud SDK には、アプリのデプロイと管理に使用できる gcloud コマンドライン ツールが用意されています。

    Cloud SDK for App Engine をダウンロードすることで、Cloud SDK for App Engine の使用を規定する利用規約の各条項に従うことに同意したとみなされます。

    Cloud SDK をインストールし、初期化します

オプション ツールのインストール

  • GitHub のコード、サンプル、ライブラリ、ツールにアクセスするために、Git をインストールします。

    Git をインストールします。

  • 希望のツールやフレームワークをインストールします。たとえば、SinatraRuby on Rails などのフレームワークをインストールします。

  • Ruby の依存関係を簡単に管理するには、Bundler をインストールします。

    gem install bundler