バージョンとアップグレード

このページでは、オープンソースの Agones を利用して Kubernetes 上で動作する Game Servers のサポートされているバージョンについて説明します。サポートされている最新バージョンは Agones 1.23Kubernetes 1.22 です。

ガイダンスとベスト プラクティスについては、Agones のアップグレードをご覧ください。

インストールされているバージョンを確認する

Game Servers クラスタにインストールされている Agones と Kubernetes のバージョンを確認するには、コマンドライン ツールまたはコードサンプルを使用して、クラスタを一覧表示するか単一クラスタの詳細を表示します。たとえば、REST メソッドにはクエリの一部として view=full が含まれ、インストールされているバージョンがクラスタの詳細の一部として一覧表示されます。

"clusterState": {
  "agonesVersionInstalled": "1.23.0",
  "kubernetesVersionInstalled": "1.22.xx-gke.xxx",
  "installationState": "AGONES_KUBERNETES_VERSION_SUPPORTED",
  "provider": "gke"
}

Agones と Kubernetes でサポートされているバージョン

Agones の新しいバージョンは 6 週間ごとにリリースされます。Game Servers は、最新から 4 番目までの Agones バージョンをサポートし(およびそれらを使用してテストされていて)、サポート期間は約 6 か月です。

以前の Agones バージョンもサポートされていますが、完全にはテストされていません。以前のバージョンとの互換性は保証されていません。最適な結果を得るには、最新バージョンにアップグレードしてください。

Agones の各バージョンは、特定のバージョンの Kubernetes をサポートしています。新しいバージョンの Agones で新しいバージョンの Kubernetes がサポートされると、Agones バージョンのリリースノートで明記されます。

次の表に、Agones のサポートされるバージョンと、Game Servers に必要な Kubernetes バージョンを示します。

Agones のバージョン Kubernetes のバージョン ステータス
1.23 1.22 サポート対象であり、定期的にテストされます。
1.22 1.21 サポート対象であり、定期的にテストされます。
1.21 1.21 サポート対象であり、定期的にテストされます。
1.20 1.21 サポート対象であり、定期的にテストされます。