Pub/Sub メッセージの作成とレスポンス

リージョン ID

REGION_ID は、アプリを作成するときに選択するリージョンに基づいて Google が割り当てるコードです。既存のアプリでは省略可能でしたが、新しいアプリでは App Engine の URL に REGION_ID.r を含めることが必須になります。

移行がスムーズに行われるように、リージョン ID を使用するよう App Engine を徐々に更新しています。Google Cloud プロジェクトがまだ更新されていない場合、アプリにリージョン ID が表示されません。ID は既存のアプリでは省略可能なため、リージョン ID が既存のアプリで使用可能になったときに、URL を更新する、またはその他の変更を行う必要はありません。

詳しくは、リージョン ID をご覧ください。

Pub/Sub は、信頼できる多対多の非同期メッセージングをアプリケーション間で行います。パブリッシャー アプリケーションはメッセージをトピックに送信し、その他のアプリケーションはそのトピックにサブスクライブしてメッセージを受信できます。

このドキュメントでは、Cloud クライアント ライブラリを使用して Go アプリで Pub/Sub メッセージを送受信する方法を説明します。

要件

  • App Engine の Go 用「Hello, World!」の説明に従って環境とプロジェクトを設定し、App Engine の Go アプリの構造について理解します。
  • このドキュメントで説明しているサンプルアプリを実行する際に必要となるため、プロジェクト ID を書き留めておきます。

サンプルアプリのクローン作成

サンプルアプリをローカルマシンにコピーし、pubsub ディレクトリに移動します。

go get -u -d -v github.com/GoogleCloudPlatform/golang-samples/pubsub
cd $GOPATH/src/github.com/GoogleCloudPlatform/golang-samples/appengine_flexible/pubsub

トピックとサブスクリプションの作成

トピックとサブスクリプションを作成します。Pub/Sub サーバーがリクエストを送信するエンドポイントも指定します。

gcloud pubsub topics create YOUR_TOPIC_NAME
gcloud pubsub subscriptions create YOUR_SUBSCRIPTION_NAME \
    --topic YOUR_TOPIC_NAME \
    --push-endpoint \
    https://YOUR_PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com/pubsub/push?token=YOUR_TOKEN \
    --ack-deadline 10

YOUR_TOKEN は、ランダムなシークレット トークンで置き換えます。push エンドポイントがこれを使用してリクエストを検証します。

環境変数の設定

app.yaml ファイルを編集して、トピックと検証トークンの各環境変数を設定します。

env_variables:
  PUBSUB_TOPIC: your-topic
  # This token is used to verify that requests originate from your
  # application. It can be any sufficiently random string.
  PUBSUB_VERIFICATION_TOKEN: your-token

コードレビュー

このサンプルアプリでは、Google Cloud Pub/Sub クライアント ライブラリを使用しています。

このサンプルアプリでは、構成用として app.yaml ファイルに設定された環境変数(PUBSUB_TOPICPUBSUB_VERIFICATION_TOKEN)を使用します。

このインスタンスが受信したメッセージがスライスに格納されます。

messages   []string

pushHandler 関数は、push されたメッセージを受信し、トークンを検証して、メッセージを messages スライスに追加します。


func pushHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	// Verify the token.
	if r.URL.Query().Get("token") != token {
		http.Error(w, "Bad token", http.StatusBadRequest)
	}
	msg := &pushRequest{}
	if err := json.NewDecoder(r.Body).Decode(msg); err != nil {
		http.Error(w, fmt.Sprintf("Could not decode body: %v", err), http.StatusBadRequest)
		return
	}

	messagesMu.Lock()
	defer messagesMu.Unlock()
	// Limit to ten.
	messages = append(messages, string(msg.Message.Data))
	if len(messages) > maxMessages {
		messages = messages[len(messages)-maxMessages:]
	}
}

publishHandler 関数は、新しいメッセージをトピックに公開します。


func publishHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	ctx := context.Background()

	msg := &pubsub.Message{
		Data: []byte(r.FormValue("payload")),
	}

	if _, err := topic.Publish(ctx, msg).Get(ctx); err != nil {
		http.Error(w, fmt.Sprintf("Could not publish message: %v", err), 500)
		return
	}

	fmt.Fprint(w, "Message published.")
}

サンプルをローカルで実行する

ローカルで実行する場合、Google Cloud API を使用するための認証を行うには、Cloud SDK を利用します。前提条件に記載されているとおりに環境を設定していれば、この認証を行う gcloud init コマンドはすでに実行されています。

次に、アプリケーションを起動する前に環境変数を設定します。

export GOOGLE_CLOUD_PROJECT=[your-project-id]
export PUBSUB_VERIFICATION_TOKEN=[your-token]
export PUBSUB_TOPIC=[your-topic]
go run pubsub.go

プッシュ通知のシミュレート

アプリケーションは、ローカルでメッセージを送信できますが、push メッセージを受信することはできません。push メッセージをシミュレートするには、ローカルのプッシュ通知エンドポイントに HTTP リクエストを送信します。このサンプルには、sample_message.json というファイルが含まれています。

curl または httpie クライアントを使用して、HTTP POST リクエストを送信できます。

curl -H "Content-Type: application/json" -i --data @sample_message.json "localhost:8080/pubsub/push?token=[your-token]"

または

http POST ":8080/pubsub/push?token=[your-token]" < sample_message.json

レスポンス:

HTTP/1.1 200 OK
Date: Tue, 13 Nov 2018 16:04:18 GMT
Content-Length: 0

リクエストの完了後、localhost:8080 を更新すると、受信メッセージのリストにメッセージが表示されます。

App Engine 上で実行する

gcloud コマンドライン ツールを使用してデモアプリを App Engine にデプロイするには、app.yaml ファイルが配置されているディレクトリから次のコマンドを実行します。

gcloud app deploy

これで、https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com のアプリケーションにアクセスできるようになりました。フォームを使用してメッセージを送信できますが、アプリケーションのどのインスタンスが通知を受信するかはわかりません。複数のメッセージを送信してページを更新すると、受信メッセージを確認できます。