スケーラビリティに優れた Go アプリを簡単に作成、デプロイ、デバッグ、モニタリング

  • コンパイル済みの高パフォーマンスのコードをクラウドで実行する
  • トラフィックに応じて容量を動的にスケーリングする
  • 必要に応じてカスタム仮想マシンを取得する
  • Google のインフラストラクチャを使用して API を作成、デプロイ、保護する
  • Go ソースからコンテナ イメージを直接ビルドする
  • コンテナ化されたアプリを Kubernetes でスケールする
Go のイディオムに対応した広範な API / ライブラリ セット

一般的な Go のライブラリを利用して、Google Cloud Platform サービスにアクセス

1
クライアント ライブラリのインストール
go get -u cloud.google.com/go/storage
2
Google Cloud Platform プロジェクトを設定する
  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console プロジェクトを設定する

    プロジェクトの設定

    クリックして、以下を行います。

    • プロジェクトを作成または選択します。
    • プロジェクトに対して Cloud Storage API を有効にします。
    • サービス アカウントを作成します。
    • JSON として秘密鍵をダウンロードします。

    これらのリソースは、いつでも Cloud Console で表示、管理できます。

3
コードを記述する

// Sample storage-quickstart creates a Google Cloud Storage bucket.
package main

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Sets your Google Cloud Platform project ID.
	projectID := "YOUR_PROJECT_ID"

	// Creates a client.
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}

	// Sets the name for the new bucket.
	bucketName := "my-new-bucket"

	// Creates a Bucket instance.
	bucket := client.Bucket(bucketName)

	// Creates the new bucket.
	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*10)
	defer cancel()
	if err := bucket.Create(ctx, projectID, nil); err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create bucket: %v", err)
	}

	fmt.Printf("Bucket %v created.\n", bucketName)
}
Go クイックスタート
本番環境の問題を検出して修正する

Google Cloud のオペレーション プロダクトは、強力なロギング、モニタリング、レポート機能を提供します。そのため、クラウドで実行されるアプリケーションの健全性やパフォーマンス、可用性から分析情報を取得し、すばやく本番環境の問題を検出して修正できます。

詳細
GCP コミュニティでの Go

質問やご意見がありましたら、コミュニティに参加して質問したり、Google Cloud Platform 向け Go 構築をサポートする Google の専門家と会話したりできます。