Go スタートガイド

このチュートリアルは、Google Cloud の導入において主なアプリ開発のコンセプトを学習したいエンジニアやウェブ デベロッパーなど、クラウドにアプリをビルドするのが初めての人を対象にしています。

目標

アプリのビルドに関する言語固有の他のチュートリアルについては、以下のガイドをご覧ください。

料金

このチュートリアルでは、課金対象である次の Google Cloud コンポーネントを使用します。

このチュートリアルでは、Google Cloud の Always Free 枠の上限内でリソースの使用が維持されるよう設計されています。 料金計算ツールを使うと、予想使用量に基づいて費用の見積もりを生成できます。新しい Google Cloud ユーザーは無料トライアルをご利用いただけます。

このチュートリアルを終了した後、作成したリソースを削除すると、それ以上の請求は発生しません。詳しくは、クリーンアップをご覧ください。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Firestore データベースをネイティブ モードで作成するには、次の手順に沿って操作してください。
    1. Cloud Console で、[Firestore Viewer] ページに移動します。
      Firestore Viewer に移動
    2. [Cloud Firestore モードの選択] 画面から、[ネイティブ モードを選択] をクリックします。
    3. Firestore データベースのロケーションを選択します。このロケーション設定は、Cloud プロジェクトのデフォルトの Google Cloud リソースのロケーションです。このロケーションは、特にデフォルトの Cloud Storage バケットおよび App Engine アプリの、ロケーション設定を必要とする Cloud プロジェクト内の Google Cloud サービスで使用されます。
    4. [データベースを作成] をクリックします。
  5. App Engine Admin, Cloud Storage, Cloud Logging, and Error Reporting API を有効にします。

    API を有効にする

  6. Cloud Shell で、アプリのソースコードを開きます。
    Cloud Shell に移動

    Cloud Shell を使用すると、ブラウザからコマンドラインで直接 Google Cloud リソースにアクセスできます。

  7. サンプルコードをダウンロードしてアプリのディレクトリに移動するには、[続行] をクリックします。
  8. Cloud Shell で、gcloud ツールを構成して新しい Google Cloud プロジェクトを使用します。

    # Configure gcloud for your project
    gcloud config set project PROJECT_ID
    

    PROJECT_ID を、Cloud Console を使用して作成した Google Cloud プロジェクト ID に置き換えます。

    gcloudコマンドライン ツールは、コマンドラインから Google Cloud リソースを操作する基本的な方法です。このチュートリアルでは、gcloud ツールを使用してアプリをデプロイおよびモニタリングします。

アプリの実行

  1. アプリをビルドすると、必要に応じて依存関係が自動的にダウンロードされます。
    go build
    
  2. アプリを実行します。
    GOOGLE_CLOUD_PROJECT=PROJECT_ID ./bookshelf
    
    PROJECT_ID は、作成した Google Cloud プロジェクト ID で置き換えます。
  3. Cloud Shell で、[ウェブでプレビュー] をクリックし、[ポート 8080 でプレビュー] を選択します。新しいウィンドウが開き、実行中のアプリが表示されます。

アプリを App Engine にデプロイする

Google Cloud には、コードを実行するためのいくつかのオプションが用意されています。この例では、App Engine を使用してスケーラブルなアプリを Google Cloud にデプロイします。App Engine では、開発環境の構成もサーバーの管理も不要なため、コーディングに集中できます。また、トラフィックが急激に跳ね上がった場合も App Engine が自動的にスケーリングしてサポートします。

app.yaml ファイルは App Engine にデプロイするメインの構成ファイルです。

runtime: go112
  1. ターミナル ウィンドウで、gcloud ツールを使用してアプリを App Engine にデプロイします。

    # on the command-line
    gcloud app deploy
    

  2. ウェブブラウザに次のアドレスを入力します。

    https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com

    以下を置き換えます。

    Bookshelf アプリのホームページ

App Engine へのデプロイの詳細については、Go 1.12 ランタイム環境をご覧ください。

Firestore でデータを永続化する

App Engine インスタンスに情報を保存することはできません。これは、インスタンスが再起動された場合に情報は失われ、新しいインスタンスを作成した際に情報は存在しないためです。代わりに、すべてのインスタンスが読み取りおよび書き込みするデータベースを使用します。

Google Cloud にはデータ保存のためのいくつかのオプションがあります。この例では、Firestore を使用して各書籍のデータを保存します。Firestore はフルマネージドでサーバーレスの NoSQL ドキュメント データベースであり、データを保存および照会できます。Firestore はアプリのニーズを満たすために自動でスケーリングし、使用しない場合はゼロにスケーリングします。最初の書籍を追加しましょう。

  1. ウェブブラウザに次のアドレスを入力します。

    https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com

    以下を置き換えます。

  2. デプロイしたアプリ用の書籍を作成するには、[Add book] をクリックします。

    Bookshelf アプリに書籍を追加する
  3. [Title] フィールドに「Moby Dick」と入力します。
  4. [Author] フィールドに「Herman Melville」と入力します。
  5. [Save] をクリックします。Bookshelf アプリにエントリが追加されました。

    Moby Dick の Bookshelf アプリのエントリ
  6. Cloud Console で Firestore ページを更新するには、[更新] をクリックします。データが Firestore に表示されます。Bookshelf アプリは、各書籍を一意の ID とともに Firestore ドキュメントとして保存し、このすべてのドキュメントは Firestore コレクション内に保存されます。このチュートリアルでは、コレクションを書籍と呼びます。Firestore ドキュメントの例。

Firestore は Firestore クライアント ライブラリを使用して書籍を保存します。Firestore ドキュメントを取得する例を次に示します。


// newFirestoreDB creates a new BookDatabase backed by Cloud Firestore.
// See the firestore package for details on creating a suitable
// firestore.Client: https://godoc.org/cloud.google.com/go/firestore.
func newFirestoreDB(client *firestore.Client) (*firestoreDB, error) {
	ctx := context.Background()
	// Verify that we can communicate and authenticate with the Firestore
	// service.
	err := client.RunTransaction(ctx, func(ctx context.Context, t *firestore.Transaction) error {
		return nil
	})
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("firestoredb: could not connect: %v", err)
	}
	return &firestoreDB{
		client:     client,
		collection: "books",
	}, nil
}

// Close closes the database.
func (db *firestoreDB) Close(context.Context) error {
	return db.client.Close()
}

// Book retrieves a book by its ID.
func (db *firestoreDB) GetBook(ctx context.Context, id string) (*Book, error) {
	ds, err := db.client.Collection(db.collection).Doc(id).Get(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("firestoredb: Get: %v", err)
	}
	b := &Book{}
	ds.DataTo(b)
	return b, nil
}

Firestore の使用の詳細については、Firestore にデータを追加するをご覧ください。

Cloud Storage にファイルのアップロードを保存する

書籍を追加したので、書籍の表紙の画像を追加します。ファイルをインスタンスに保存することはできません。データベースは画像ファイルに適していません。代わりに、Cloud Storage を使用します。

Cloud Storage は Google Cloud 向けのメインの blob ストアです。Cloud Storage を使用して、Google Cloud で共有したいアプリのアセットをホストできます。Cloud Storage を使用するには、データを保存する基本的なコンテナである Cloud Storage バケットを作成する必要があります。

  1. Cloud Console で、[Cloud Storage ブラウザ] ページに移動します。

    Cloud Storage ブラウザページに移動

  2. [バケットを作成] をクリックします。
  3. [バケットを作成] ダイアログで、Google Cloud のプロジェクト ID を文字列 _bucket に付け加えてバケットの名前を入力して、名前を YOUR_PROJECT_ID_bucket のようにします。この名前はバケット名の要件を満たしている必要があります。他のすべてのフィールドはデフォルト値のままにします。
  4. [作成] をクリックします。
  5. バケットの作成後、[Edit book] をクリックして、書籍の表紙としてアップロードする画像を選択します。たとえば、このパブリック ドメインの画像を使用できます。
    Moby Dick の書籍の表紙
  6. [Save] をクリックします。Bookshelf アプリのエントリがあるホームページにリダイレクトされます。
    Moby Dick の Bookshelf アプリのエントリ

Bookshelf アプリは、Cloud Storage クライアント ライブラリを使用して、アップロードされたファイルを Cloud Storage に送信します。


// uploadFileFromForm uploads a file if it's present in the "image" form field.
func (b *Bookshelf) uploadFileFromForm(ctx context.Context, r *http.Request) (url string, err error) {
	f, fh, err := r.FormFile("image")
	if err == http.ErrMissingFile {
		return "", nil
	}
	if err != nil {
		return "", err
	}

	if b.StorageBucket == nil {
		return "", errors.New("storage bucket is missing: check bookshelf.go")
	}
	if _, err := b.StorageBucket.Attrs(ctx); err != nil {
		if err == storage.ErrBucketNotExist {
			return "", fmt.Errorf("bucket %q does not exist: check bookshelf.go", b.StorageBucketName)
		}
		return "", fmt.Errorf("could not get bucket: %v", err)
	}

	// random filename, retaining existing extension.
	name := uuid.Must(uuid.NewV4()).String() + path.Ext(fh.Filename)

	w := b.StorageBucket.Object(name).NewWriter(ctx)

	// Warning: storage.AllUsers gives public read access to anyone.
	w.ACL = []storage.ACLRule{{Entity: storage.AllUsers, Role: storage.RoleReader}}	w.ContentType = fh.Header.Get("Content-Type")

	// Entries are immutable, be aggressive about caching (1 day).
	w.CacheControl = "public, max-age=86400"

	if _, err := io.Copy(w, f); err != nil {
		return "", err
	}
	if err := w.Close(); err != nil {
		return "", err
	}

	const publicURL = "https://storage.googleapis.com/%s/%s"
	return fmt.Sprintf(publicURL, b.StorageBucketName, name), nil
}

Cloud Storage の使用の詳細については、入門ガイドのリストをご覧ください。

Google Cloud のオペレーション スイートを使用したアプリのモニタリング

アプリをデプロイし、書籍を作成して修正しました。ユーザーのためにこのようなイベントをモニタリングするには、アプリケーション パフォーマンス管理を使用します。

Cloud Logging でログをモニタリングする

Cloud Console

  1. ブラウザで、アプリの /logs URL にアクセスします。

    https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com/logs

    これにより、Cloud Logging にカスタムのエントリが送信されます。エントリには、「Hey, you triggered a custom log entry. Good job!」というメッセージが含まれます。

  2. アプリをリアルタイムでモニタリングできるログビューアに移動します。これは、問題が発生した場合に、初めに確認すべき場所です。
    Cloud Logging ログビューア
  3. [リソース] プルダウン リストで、GAE Application を選択します。
  4. [ログ] プルダウン リストで、[すべてのログ] を選択します。

    カスタムのログエントリ用の行があります。

    ログビューアのエントリ

gcloud

  1. ターミナル ウィンドウで、gcloud コマンドライン ツールを使用して、新しいログエントリをリッスンしてアプリのログをモニタリングします。

    gcloud app logs tail

  2. ブラウザで、アプリの /logs URL にアクセスします。

    https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com/logs

    これにより、Cloud Logging にカスタムのエントリが送信されます。エントリには、「Hey, you triggered a custom log entry. Good job!」というメッセージが含まれます。

    gcloud コマンドの出力には、新しいログエントリが表示されます。

    Waiting for new log entries...
    2019-03-27 22:17:01 default[20190327t151430]  "Hey, you triggered a custom log entry. Good job!"
    

Error Reporting でエラーをモニタリング

  1. Cloud Console で、[Error Reporting] ページに移動します。
    [Error Reporting] ページに移動
    Error Reporting では、アプリ内のエラーと例外が強調表示され、そのアラートを設定できます。
  2. ブラウザで、アプリの /errors URL にアクセスします。
    https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com/errors

    これにより、新しいテストの例外が生成され、Google Cloud のオペレーション スイートに送信されます。

  3. Cloud Console で、[Error Reporting] ページに戻り、しばらくすると新しいエラーが表示されます。[自動再読み込み] をクリックすると、ページを手動で更新する必要がなくなります。

    Error Reporting のエラー メッセージ。

クリーンアップ

このチュートリアルで使用したリソースについて、Google Cloud Platform アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

プロジェクトの削除

  1. Cloud Console で [リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] ページに移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

次のステップ