ストレージ バケットの作成

このページでは、Cloud Storage バケットの作成方法について説明します。バケットの概要については、主な用語を参照してください。バケット固有のプロパティについては、ストレージ クラスバケット ロケーションをご覧ください。これらのプロパティをバケットの作成時に指定しないと、デフォルトのストレージ クラスの Standard Storage の値が割り当てられ、ロケーションに us が設定されます。

新しいストレージ バケットを作成するには:

Console

  1. Google API Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. [バケットの作成] をクリックします。
  3. [バケットの作成] ダイアログで以下を指定します。
    • バケット名の要件が適用される名前
    • バケットのストレージ クラス
    • バケットデータが保存されるロケーション

    新しい Multi-Regional Storage バケット

  4. [作成] をクリックします。

gsutil

gsutil mb コマンドを使用します。[VALUES_IN_BRACKETS] は適切な値に置き換えます。

gsutil mb gs://[BUCKET_NAME]/

次のオプション フラグを設定し、バケットの作成をより詳細に管理します。

  • -p: バケットが関連するプロジェクトを指定します。
  • -c: バケットのデフォルトのストレージ クラスを指定します。
  • -l: バケットのロケーションを指定します。

次に例を示します。

gsutil mb -p [PROJECT_NAME] -c [STORAGE_CLASS] -l [BUCKET_LOCATION] gs://[BUCKET_NAME]/

クライアント ライブラリ

C#

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

private void CreateBucket(string bucketName)
{
    var storage = StorageClient.Create();
    storage.CreateBucket(s_projectId, bucketName);
    Console.WriteLine($"Created {bucketName}.");
}

Go

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

bucket := client.Bucket(bucketName)
if err := bucket.Create(ctx, projectID, &storage.BucketAttrs{
	StorageClass: "COLDLINE",
	Location:     "asia",
}); err != nil {
	return err
}

Java

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

Bucket bucket = storage.create(BucketInfo.newBuilder(bucketName)
    // See here for possible values: http://g.co/cloud/storage/docs/storage-classes
    .setStorageClass(StorageClass.COLDLINE)
    // Possible values: http://g.co/cloud/storage/docs/bucket-locations#location-mr
    .setLocation("asia")
    .build());

Node.js

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
const Storage = require('@google-cloud/storage');

// The name of the bucket to create, e.g. "my-bucket"
// const bucketName = "my-bucket";

// Instantiates a client
const storage = Storage();

// Creates a new bucket
storage
  .createBucket(bucketName)
  .then(() => {
    console.log(`Bucket ${bucketName} created.`);
  })
  .catch((err) => {
    console.error('ERROR:', err);
  });

PHP

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Create a Cloud Storage Bucket.
 *
 * @param string $bucketName name of the bucket to create.
 * @param string $options options for the new bucket.
 *
 * @return Google\Cloud\Storage\Bucket the newly created bucket.
 */
function create_bucket($bucketName, $options = [])
{
    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->createBucket($bucketName, $options);
    printf('Bucket created: %s' . PHP_EOL, $bucket->name());
}

Python

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

def create_bucket(bucket_name):
    """Creates a new bucket."""
    storage_client = storage.Client()
    bucket = storage_client.create_bucket(bucket_name)
    print('Bucket {} created'.format(bucket.name))

Ruby

Cloud Storage クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Storage クライアント ライブラリをご覧ください。

# project_id  = "Your Google Cloud project ID"
# bucket_name = "Name of Google Cloud Storage bucket to create"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new project: project_id
bucket  = storage.create_bucket bucket_name

puts "Created bucket: #{bucket.name}"

REST APIS

JSON API

バケットのデフォルトとして設定可能なストレージ クラスについては、ストレージ クラスをご覧ください。

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を設定します。
  2. 次の情報を含む .json ファイルを作成し、[VALUES_IN_BRACKETS] を適切な値に置き換えます。
  3. {
      "name": "[BUCKET_NAME]",
      "location": "[BUCKET_LOCATION]",
      "storageClass": "[STORAGE_CLASS]"
    }
  4. cURL を使用して JSON API を呼び出します。[VALUES_IN_BRACKETS] は適切な値に置き換えます。
    curl -X POST --data-binary @[JSON_FILE_NAME].json \
         -H "Authorization: Bearer [OAUTH2_TOKEN]" \
         -H "Content-Type: application/json" \
         "https://www.googleapis.com/storage/v1/b?project=[PROJECT_ID]"

XML API

バケットのデフォルトとして設定可能なストレージ クラスについては、ストレージ クラスをご覧ください。

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を設定します。
  2. 次の情報を含む .xml ファイルを作成し、[VALUES_IN_BRACKETS] を適切な値と置き換えます。
  3. <CreateBucketConfiguration>
       <LocationConstraint>[BUCKET_LOCATION]</LocationConstraint>
       <StorageClass>[STORAGE_CLASS]</StorageClass>
    </CreateBucketConfiguration>
  4. cURL を使用して XML API を呼び出します。[VALUES_IN_BRACKETS] は適切な値に置き換えます。
    curl -X PUT --data-binary @[XML_FILE_NAME].xml \
         -H "Authorization: Bearer [OAUTH2_TOKEN]" \
         -H "x-goog-project-id: [PROJECT_ID]" \
         "https://storage.googleapis.com/[BUCKET_NAME]"

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Cloud Storage ドキュメント