バケットの作成

バケットを作成する際、バケットの地理的な場所や、バケットのストレージ クラスを指定することができます。

無効な名前を使ってバケットを作成しようとすると、400 Bad Request(不正なリクエスト)ステータス コードとエラー レスポンスの本文がInvalidBucketNameCode要素

権限があるプロジェクトにおいてバケットの作成のみ行うことができます。たとえば、プロジェクトに対してストレージ管理者の役割がある場合、バケットの作成に必要な権限(storage.objects.create)が付与されています。

また、バケットの名前空間はグローバルなので、バケット名は Cloud Storage の名前空間全体で一意である必要があります。バケット名がすでに使用されている場合は、409 Conflict ステータス コードが返されて、バケット作成リクエストは失敗します。エラーのレスポンスの本文では、バケットがすでに名前空間にすでに存在するか、Code 要素に BucketAlreadyOwnedByYou が含まれる場合、Code 要素に BucketAlreadyExists が含まれています。自分のバケットの所有者である場合 - 詳細については、バケットの命名ガイドラインオブジェクトの命名ガイドラインをご覧ください。

クエリ文字列パラメータ

通常、このリクエストにはクエリ文字列パラメータは含まれません。

署名付き URL を作成して使用するときに指定するパラメータについては、署名付き URL クエリ文字列パラメータをご覧ください。

リクエスト ヘッダー

一般的なリクエスト ヘッダーに加えて、次のヘッダーを使用できます。

ヘッダー 説明 必須
x-goog-acl バケットに適用する定義済みのアクセス制御リスト(ACL)。acl クエリ文字列パラメータを使用して ACL を適用する場合は使用しないでください。 ×
x-goog-bucket-retention-period バケット内のオブジェクトの置換や削除を行う前に、オブジェクトが保持される時間(秒)。 ×
x-goog-project-id プロジェクトのプロジェクト ID。相互運用アクセスのデフォルト プロジェクトを設定していない場合には必須です。 ×

リクエストの本文の要素

次のリクエストの本文の要素は、バケットを作成する際に適用できます。リクエストの本文を指定しなければ、Cloud Storage は STANDARD ストレージ クラスを使用して US 場所にバケットを作成します。

要素 説明
CreateBucketConfiguration 本体リクエストを作成するコンテナ。
LocationConstraint バケットのロケーション
StorageClass バケットのストレージ クラスSTANDARDNEARLINECOLDLINEARCHIVE など)。

リクエストの構文

PUT / HTTP/1.1
Host: BUCKET_NAME.storage.googleapis.com
Date: DATE
Content-Length: REQUEST_BODY_LENGTH
Authorization: AUTHENTICATION_STRING
x-goog-project-id: PROJECT_ID
x-goog-acl: PREDEFINED_ACL
x-goog-bucket-retention-period: TIME_IN_SECONDS

<CreateBucketConfiguration>
  <LocationConstraint>LOCATION</LocationConstraint>
  <StorageClass>STORAGE_CLASS</StorageClass>
</CreateBucketConfiguration>

レスポンス ヘッダー

使用するリクエスト ヘッダーに応じて、リクエストから返されるレスポンス ヘッダーは異なります。

レスポンスの本文の要素

このレスポンスの本文に XML ドキュメントは含まれません。

次の例では、US の指定されたプロジェクトに acme-pets という名前の Standard Storage バケットを作成します(リクエスト本文は指定されていません)。

リクエスト

PUT / HTTP/1.1
Host: acme-pets.storage.googleapis.com
Date: Mon, 15 Feb  2008 21:30:39 GMT
Content-Length: 0
x-goog-project-id: 123456789123
Authorization: Bearer ya29.AHES6ZRVmB7fkLtd1XTmq6mo0S1wqZZi3-Lh_s-6Uw7p8vtgSwg
 
<CreateBucketConfiguration>
  <StorageClass>STANDARD</StorageClass>
</CreateBucketConfiguration>

レスポンス

HTTP/1.1 200 OK
Date: Mon, 15 Feb 2010 12:30:40 GMT
Content-Length: 0