オブジェクトのアップロード

このページでは、Cloud Storage バケットにオブジェクトをアップロードする方法を説明します。アップロードされるオブジェクトは、保存するデータとそれに関連するメタデータから構成されます。コンセプトの概要については、アップロードとダウンロードをご覧ください。

前提条件

プロジェクトでバケットにオブジェクトをアップロードするには、そのプロジェクトの storage.objects.create IAM 権限が必要です。自分が作成していないプロジェクト内で作業する場合は、プロジェクト オーナーから、ストレージ オブジェクト作成者などの権限を含むロールを付与してもらう必要が生じることがあります。

ロールの完全な一覧については、Cloud Storage のロールをご覧ください。より権限が制限されたロールが必要な場合は、カスタムロールの作成と管理をご覧ください。

バケットへのオブジェクトのアップロード

オブジェクトをバケットにアップロードするには、次の手順を行います。

Console

  1. Cloud Console で、Cloud Storage ブラウザページに移動します。

    [ブラウザ] に移動

  2. バケットのリストで、オブジェクトをアップロードするバケットの名前をクリックします。

  3. バケットの [オブジェクト] タブで次のいずれかを行います。

    • デスクトップまたはファイル マネージャーから目的のファイルを Cloud Console のメインペインにドラッグ&ドロップします。

    • [ファイルをアップロード] ボタンをクリックし、表示されたダイアログでアップロードするファイルを選択して、[開く] をクリックします。

失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を Cloud Storage ブラウザで確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

gsutil

gsutil cp コマンドを使用します。

gsutil cp OBJECT_LOCATION gs://DESTINATION_BUCKET_NAME/

ここで

  • OBJECT_LOCATION は、オブジェクトへのローカルパスです。例: Desktop/dog.png

  • DESTINATION_BUCKET_NAME は、オブジェクトをアップロードするバケットの名前です。例: my-bucket

成功した場合は、次の例のようなレスポンスになります。

Operation completed over 1 objects/58.8 KiB.

-h トップレベル オプションを使用すると、リクエストのヘッダーにアップロードしたオブジェクトの一部として、固定キーとカスタム オブジェクト メタデータを設定できます。

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
using ::google::cloud::StatusOr;
[](gcs::Client client, std::string const& file_name,
   std::string const& bucket_name, std::string const& object_name) {
  // Note that the client library automatically computes a hash on the
  // client-side to verify data integrity during transmission.
  StatusOr<gcs::ObjectMetadata> metadata = client.UploadFile(
      file_name, bucket_name, object_name, gcs::IfGenerationMatch(0));
  if (!metadata) throw std::runtime_error(metadata.status().message());

  std::cout << "Uploaded " << file_name << " to object " << metadata->name()
            << " in bucket " << metadata->bucket()
            << "\nFull metadata: " << *metadata << "\n";
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;
using System.IO;

public class UploadFileSample
{
    public void UploadFile(
        string bucketName = "your-unique-bucket-name",
        string localPath = "my-local-path/my-file-name",
        string objectName = "my-file-name")
    {
        var storage = StorageClient.Create();
        using var fileStream = File.OpenRead(localPath);
        storage.UploadObject(bucketName, objectName, null, fileStream);
        Console.WriteLine($"Uploaded {objectName}.");
    }
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"os"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// uploadFile uploads an object.
func uploadFile(w io.Writer, bucket, object string) error {
	// bucket := "bucket-name"
	// object := "object-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Open local file.
	f, err := os.Open("notes.txt")
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("os.Open: %v", err)
	}
	defer f.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*50)
	defer cancel()

	// Upload an object with storage.Writer.
	wc := client.Bucket(bucket).Object(object).NewWriter(ctx)
	if _, err = io.Copy(wc, f); err != nil {
		return fmt.Errorf("io.Copy: %v", err)
	}
	if err := wc.Close(); err != nil {
		return fmt.Errorf("Writer.Close: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Blob %v uploaded.\n", object)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.BlobId;
import com.google.cloud.storage.BlobInfo;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;
import java.io.IOException;
import java.nio.file.Files;
import java.nio.file.Paths;

public class UploadObject {
  public static void uploadObject(
      String projectId, String bucketName, String objectName, String filePath) throws IOException {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    // The ID of your GCS object
    // String objectName = "your-object-name";

    // The path to your file to upload
    // String filePath = "path/to/your/file"

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    BlobId blobId = BlobId.of(bucketName, objectName);
    BlobInfo blobInfo = BlobInfo.newBuilder(blobId).build();
    storage.create(blobInfo, Files.readAllBytes(Paths.get(filePath)));

    System.out.println(
        "File " + filePath + " uploaded to bucket " + bucketName + " as " + objectName);
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

ストリーム、文字列、バッファのアップロードについての詳細は、File.save() をご覧ください。
/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// The path to your file to upload
// const filePath = 'path/to/your/file';

// The new ID for your GCS file
// const destFileName = 'your-new-file-name';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function uploadFile() {
  await storage.bucket(bucketName).upload(filePath, {
    destination: destFileName,
  });

  console.log(`${filePath} uploaded to ${bucketName}`);
}

uploadFile().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Upload a file.
 *
 * @param string $bucketName The name of your Cloud Storage bucket.
 * @param string $objectName The name of your Cloud Storage object.
 * @param string $source The path to the file to upload.
 */
function upload_object($bucketName, $objectName, $source)
{
    // $bucketName = 'my-bucket';
    // $objectName = 'my-object';
    // $source = '/path/to/your/file';

    $storage = new StorageClient();
    $file = fopen($source, 'r');
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $object = $bucket->upload($file, [
        'name' => $objectName
    ]);
    printf('Uploaded %s to gs://%s/%s' . PHP_EOL, basename($source), $bucketName, $objectName);
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

オブジェクトをアップロードするには、Blob.upload_from_file()Blob.upload_from_filename()Blob.upload_from_string() のいずれかのメソッドを使用します。
from google.cloud import storage

def upload_blob(bucket_name, source_file_name, destination_blob_name):
    """Uploads a file to the bucket."""
    # The ID of your GCS bucket
    # bucket_name = "your-bucket-name"
    # The path to your file to upload
    # source_file_name = "local/path/to/file"
    # The ID of your GCS object
    # destination_blob_name = "storage-object-name"

    storage_client = storage.Client()
    bucket = storage_client.bucket(bucket_name)
    blob = bucket.blob(destination_blob_name)

    blob.upload_from_filename(source_file_name)

    print(
        "File {} uploaded to {}.".format(
            source_file_name, destination_blob_name
        )
    )

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

def upload_file bucket_name:, local_file_path:, file_name: nil
  # The ID of your GCS bucket
  # bucket_name = "your-unique-bucket-name"

  # The path to your file to upload
  # local_file_path = "/local/path/to/file.txt"

  # The ID of your GCS object
  # file_name = "your-file-name"

  require "google/cloud/storage"

  storage = Google::Cloud::Storage.new
  bucket  = storage.bucket bucket_name

  file = bucket.create_file local_file_path, file_name

  puts "Uploaded #{local_file_path} as #{file.name} in bucket #{bucket_name}"
end

REST API

JSON API

オブジェクト メタデータのない単一のリクエストのアップロード

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. cURL を使用して、POST Object リクエストで JSON API を呼び出します。

    curl -X POST --data-binary @OBJECT_LOCATION \
        -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
        -H "Content-Type: OBJECT_CONTENT_TYPE" \
        "https://storage.googleapis.com/upload/storage/v1/b/BUCKET_NAME/o?uploadType=media&name=OBJECT_NAME"

    ここで

    • OBJECT_LOCATION は、オブジェクトへのローカルパスです。例: Desktop/dog.png
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • OBJECT_CONTENT_TYPE は、オブジェクトのコンテンツ タイプです。例: image/png
    • BUCKET_NAME は、オブジェクトをアップロードするバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、オブジェクトに付ける名前です。例: pets/dog.png

オブジェクトのメタデータを含む単一のリクエストのアップロード

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. 次の情報が含まれる multipart/related ファイルを作成します。

    --BOUNDARY_STRING
    Content-Type: application/json; charset=UTF-8
    
    OBJECT_METADATA
    
    --BOUNDARY_STRING
    Content-Type: OBJECT_CONTENT_TYPE
    
    OBJECT_DATA
    --BOUNDARY_STRING--

    ここで

    • BOUNDARY_STRING は、マルチパート ファイルのさまざまな部分を識別するように定義する文字列です。例: my-boundary
    • OBJECT_METADATA は、ファイルに含めるメタデータ(JSON 形式)です。少なくとも、このセクションにはオブジェクトの name 属性({"name": "myObject"} など)を含める必要があります。
    • OBJECT_CONTENT_TYPE は、オブジェクトのコンテンツ タイプです。例: image/png
    • OBJECT_DATA はオブジェクトのデータです。
  3. cURL を使用して、POST Object リクエストで JSON API を呼び出します。

    curl -X POST --data-binary @MULTIPART_FILE_LOCATION \
        -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
        -H "Content-Type: multipart/related; boundary=BOUNDARY_STRING" \
        -H "Content-Length: MULTIPART_FILE_SIZE" \
        "https://storage.googleapis.com/upload/storage/v1/b/BUCKET_NAME/o?uploadType=multipart"

    ここで

    • MULTIPART_FILE_LOCATION は、手順 2 で作成したマルチパート ファイルのローカルパスです。例: Desktop/my-upload.multipart
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • BOUNDARY_STRING は、手順 2 で定義した境界文字列です。例: my-boundary
    • MULTIPART_FILE_SIZE は、手順 2 で作成したマルチパート ファイルの合計サイズ(バイト単位)です。例: 2000000
    • BUCKET_NAME は、オブジェクトをアップロードするバケットの名前です。例: my-bucket

リクエストが成功すると、HTTP 200 OK ステータス コードとファイルのメタデータがサーバーから返されます。

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. cURL を使用して、PUT Object リクエストで XML API を呼び出します。

    curl -X PUT --data-binary @OBJECT_LOCATION \
        -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
        -H "Content-Type: OBJECT_CONTENT_TYPE" \
        "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME/OBJECT_NAME"

    ここで

    • OBJECT_LOCATION は、オブジェクトへのローカルパスです。例: Desktop/dog.png
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • OBJECT_CONTENT_TYPE は、オブジェクトのコンテンツ タイプです。例: image/png
    • BUCKET_NAME は、オブジェクトをアップロードするバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、オブジェクトに付ける名前です。例: pets/dog.png

Content-Type を設定する上記の例と同じ方法で、リクエストのヘッダーにアップロードしたオブジェクトの一部として、追加のオブジェクト メタデータを設定できます。XML API を使用する場合は、オブジェクトを書き込むときだけに(オブジェクトのアップロード、移動、置き換えなど)メタデータを設定できます。固定キーとカスタム メタデータの詳細については、オブジェクト メタデータオブジェクト メタデータの編集をご覧ください。

次のステップ

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud Storage のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud Storage 無料トライアル