ストレージ クラス

このページでは、ストレージ クラスの概念およびストレージ クラス間の違いについて説明します。バケットのストレージ クラスの表示または変更方法については、バケットの管理をご覧ください。

ストレージ クラスの概要

Google Cloud Storage では、データを格納するためのバケットを作成します。バケットの作成時には、グローバルに一意の名前、バケットとそのコンテンツを保存する場所、バケットに追加するオブジェクトのデフォルトのストレージ クラスの 3 つのプロパティを指定します。

Cloud Storage には、Multi-Regional Storage、Regional Storage、Nearline Storage、Coldline Storage の 4 つのストレージ クラスがあります。どのストレージ クラスもスループットは同じで、レイテンシが低く(最初のバイトの転送時間は一般的に数十ミリ秒)、高い耐久性を維持します。クラスによって可用性、最小保存期間、ストレージの料金とアクセス権が異なります。

ストレージ クラス API の名前
Multi-Regional Storage multi_regional
Regional Storage regional
Nearline Storage nearline
Coldline Storage coldline

ストレージ クラスの比較

次の表を利用して、データ ストレージのニーズとストレージ クラスを照合できます。表の下のセクションで、各ストレージ クラスについて詳しく説明します。

ストレージ クラス 特性 導入事例 料金(GB あたり/月)*
Multi-Regional Storage
  • 99.95% の可用性
  • 地域的な冗長性
世界中から頻繁にアクセスされるデータ(ホット オブジェクト)を保存します。ウェブサイトのコンテンツ、ストリーミング動画、ゲーム、モバイル アプリケーションなどを提供します。 $0.026
Regional Storage
  • 99.9% の可用性
  • 1 GB あたりの保存コストが安い
  • 地理的に近い場所にデータを保存
ご利用の Google Cloud DataProc または Google Compute Engine インスタンスに近い地域で頻繁にアクセスされるデータを保存します。データ分析などに使用します。 $0.02
Nearline Storage
  • 99.0% の可用性
  • 1 GB あたりの保存コストが非常に安い
  • データ検索コスト
  • 1 操作あたりのコストが高め
  • 最小保存期間は 30 日
頻繁にアクセスすることが予想されないデータ(月に 1 回程度)。バックアップやロングテールのマルチメディア コンテンツに最適です。 $0.01
Coldline Storage
  • 99.0% の可用性
  • 1 GB あたりの保存コストが最も安い
  • データ検索コスト
  • 1 操作あたりのコストが高め
  • 最小保存時間は 90 日
頻繁にアクセスすることが予想されないデータ(年に 1 回程度)。一般的に、障害復旧用として使用するか、すぐに必要にならないデータのアーカイブとして使用します。 $0.007

すべてのストレージ クラスが以下の機能をサポートしています。

ストレージ料金については、Google Cloud Storage の価格をご覧ください。

バケットとオブジェクト ストレージ クラス

ストレージ クラスは、バケットとオブジェクトの設定で管理できます。

バケットのデフォルト ストレージ クラス

バケットごとにデフォルトのストレージ クラスが設定されています。このクラスは、バケットの作成時に指定できます。. 特に指定のない限り、バケットに追加されたオブジェクトはデフォルトのストレージ クラスを使用します。

バケットのデフォルト ストレージ クラスは後で変更できます。この変更は、今後バケットに追加されたオブジェクトのデフォルト ストレージ クラスにのみ適用されます。すでにバケット内にあるオブジェクトのストレージ クラスは変更できません。

オブジェクト ストレージ クラス

オブジェクトをバケットに追加するときに、API を使用して個々のオブジェクトのストレージ クラスを指定できます。クラスは後で変更できます。オブジェクトのストレージ クラスを変更するには、ストレージ クラスの変更をご覧ください。

クラス

Multi-Regional Storage

Multi-Regional Storage は、ウェブサイトのコンテンツ、対話型のワークロード、モバイルアプリやゲームのデータなど、頻繁にアクセスされるデータ(ホット オブジェクト)の保存に最適です。他のストレージ クラスと比べると、Multi-Regional Storage での可用性は高くなります。

Multi-Regional Storage は地理的な冗長性を維持しています。Cloud Storage はバケットのマルチリージョンの 2 つ以上のリージョンにデータを保存し、冗長性を維持しています。天災など、大規模な災害が発生した場合でも、データに対するアクセスを最大限可能にします。

Multi-Regional Storage として保存されたデータは、米国、EU、アジアなどマルチリージョンの場所に配置し、us-central1asia-east1 など特定の場所に配置してはなりません。

Regional Storage

Regional Storage では、データを安価で保存できます。広範囲に分散させて冗長性を維持するのではなく、特定の地域の場所にデータを保存します。

Regional Storage は、GCE インスタンスが使用するデータの保存に最適です。大量のデータを使用して処理を行う場合、複数の地域にデータを保存する場合よりもパフォーマンスが向上します。 また、このシナリオのようにデータを Regional Storage として保存すると、ネットワークの費用を減らすことができます。

Regional Storage として保存したデータは、us-central1asia-east1 などの各地域でのみ保存できます。

Nearline Storage

Google Cloud Storage Nearline は、低コストで持続時間の長いストレージ サービスで、頻繁にアクセスされないデータの保存に適しています。可用性が若干低く、最小保存期間が 30 日で、データアクセスで費用が発生しても、ストレージ コストを抑えたい場合には、Multi-Regional Storage や Regional Storage よりも Nearline Storage のほうが最適な選択肢となります。

Nearline Storage は、読み取りまたは変更を月に 1 回程度しか行わないデータに適しています。たとえば、Cloud Storage にファイルを継続的に追加し、これらのファイルを月に 1 回分析で使用する場合には、Nearline Storage が最適な選択肢です。

また、Nearline Storage はデータのバックアップ、障害復旧、データのアーカイブにも使用できます。ただし、保存されたデータに年に 1 回程度しかアクセスしない場合、Coldline Storage が最もコスト効率のよい選択肢となります。このクラスは、ストレージ費用が最も安くなります。

Amazon Glacier から Nearline Storage にデータを移行する方法については、Amazon Glacier から Google Cloud Storage への移行に関するホワイト ペーパーをご覧ください。

Coldline Storage

Google Cloud Storage Coldline は、保存期間が長く、保存コストが非常に安いストレージ サービスで、データのアーカイブ、オンライン バックアップ、障害復旧などに使用します。他のコールド ストレージ サービスと異なり、データに迅速にアクセスできます。必要なデータの取得に数時間あるいは数日かかることはありません。

Coldline Storage は、年に 1 回程度しかアクセスしないデータに最適な選択肢です。可用性は若干低くなりますが、最小保存期間は 90 日です。データアクセスに費用が発生し、操作あたりのコストも高くなります。次に例を示します。

  • コールド データ ストレージ - 法律上または規制上の理由で保存されるデータなど、頻繁にアクセスされないデータを Coldline Storage と同様の低コストで保存できます。これらのデータは必要なときに使用できます。

  • 障害復旧 - 障害復旧イベントでは、復旧にかかる時間が重要です。Google Cloud Storage では、Coldline Storage として保存されているデータに低レイテンシでアクセスできます。

標準ストレージ

ストレージ クラスを指定せずにバケットを作成する場合や、標準ストレージのバケットを作成する場合には、API で「標準」と記述されているバケットを確認してください。これらのバケットは、場所の設定に応じて Multi-Regional Storage または Regional Storage と同じになります。2016 年 11 月 1 日現在で、同等に課金されます。Cloud Console では、これらのバケットは Multi-Regional Storage または Regional Storage と表示されます。

たとえば、us などのマルチリージョンの場所で標準ストレージのバケットを作成すると、これは Multi-Regional Storage バケットとなり、us の場所に引き続き存在します。us-east1 などのリージョンの場所で標準ストレージのバケットを作成すると、これは Regional Storage バケットとなり、us-east1 の場所に引き続き存在します。

ストレージ転送を実行すると、標準ストレージのデータを他のストレージ クラスに移動できます。

長期低アクセス頻度

Durable Reduced Availability(DRA)より Regional Storage の利用をおすすめします。Regional Storage の料金はオペレーションについて DRA より安く、それ以外の料金体系は同じです。Regional Storage はパフォーマンス、特に可用性の点で DRA を上回ります(DRA の SLA は 99% の可用性です)。

ストレージ転送を実行すると、DRA のデータを別のストレージ クラスに移動できます。

DRA として保存されている既存のデータは、引き続き Cloud Storage でアクセスできます。新しい DRA バケットは API で作成します。Console では作成できません。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Cloud Storage ドキュメント